化粧水 メンズにおすすめのアイテムを肌の悩み別に紹介!

Share

今やスキンケアは女性だけのものでなく、男性も毎日行うべきものとして認識が拡がってきた昨今。特に化粧水は、メンズ向け商品のバリエーションもひと昔前とは比べ物にならないほど増えてきている。今回はスキンケアの基本である「化粧水」の役割や使い方に触れ、おすすめのアイテムを紹介!

スポンサーリンク

そもそも化粧水の役割とは?

美容の基本である化粧水だが、そもそもなぜ基本とされているのだろうか?まず化粧水は、皮膚の最上部である角質層に水分を与え、保湿するという役割を持つ。皮脂が少ないときや空気が乾燥しているときは肌の水分が抜けていくため、化粧水で補う必要があるのだ。皮脂量が多く、自分では「乾燥肌ではない」と感じている男性も多いが、肌が乾燥していることでそれを補おうと過剰に皮脂が出ている場合もある。皮脂量が多い乾燥肌というパターンもあるため、化粧水はどんな肌質でも取り入れるべきだろう。そして化粧水の主な目的は保湿だが、美白やエイジングなど他の目的を兼ね備えたアイテムも多い。ちなみに化粧水以外にも、ローションやトニック、スキンコンディショナーなど他の名称で呼ばれることもあるため、これを覚えておけばブランドによって呼び名が異なる場合でも化粧水を見つけられるはず。

化粧水を付けるタイミングも重要!

スキンケアは基本的に化粧水→乳液の順で行う。美容液を使用する場合は、化粧水のあとに美容液を塗るのが一般的だ。もちろん商品によって使い方は異なるが、“洗顔後すぐに使用する”と思っておくと良いだろう。

自分の肌質に合った化粧水を選ぶポイントとは?

まずは自分の肌質を理解することが大切。乾燥肌や敏感肌ならセラミドやアミノ酸が多く配合された保湿力の高いものを、脂性肌ならさっぱりとした使用感でビタミンC誘導体など皮脂を抑制する成分が入ったものがぴったりだ。「自分の肌タイプが分からない」と悩んでいる方は、化粧品売り場でプロに相談するのも手。最近ではメンズのコスメブランドも多く、デパートの化粧品売り場に男性スタッフが常駐しているケースも多い。そして意外と知られていないが、ドラッグストアにも美容部員と呼ばれる化粧品売り場専属のスタッフが存在する。何から手をつけたら良いのか分からない…という方は、まずは自分の肌の悩みや予算を相談してプロに選んでもらおう。他にも使用感や香り、効果などスキンケアアイテムは商品によって違いがあるので商品説明をよく見るのが重要だ。

ここからは4つのタイプ別におすすめの化粧水を紹介!

失敗知らず!メンズ定番の化粧水

まず紹介するのは、口コミでも人気のメンズ定番アイテム。初めての化粧水を探しているという方、間違いのない人気商品を探しているという方は、ここで紹介するアイテムの中から選ぶのがおすすめだ。

メンズ定番の化粧水①「KIEHL’S(キールズ) フェイシャル フュール トナー フォー メン」

男性用スキンケアブランドでまず思い浮かぶのがアメリカ発の「キールズ」だろう。キールズの化粧水はサラッとしたテクスチャーで、万人受けする使い心地が特徴。男性の肌は女性よりも皮脂が出やすいため、肌のキメを整えながら過剰な皮脂を取り除くバンブーエキスを配合している。さらにカフェインが肌を整え、スクワランというオリーブ由来のオイルによる保湿効果も。水分と油分のバランスが非常に良く、根強い人気のあるアイテムだ。ブルーのおしゃれなボトルデザインも◎

詳細・購入はこちら

メンズ定番の化粧水②「FIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー) フォー・メン ジェントリング ローション」

天然由来成分97%のオーガニック化粧水。シェービング後でも馴染みの良いサラッとした使用感で、スッと肌に浸透し自然の美容成分が肌の乾きを潤してくれる。化粧水の成分表示を見ると1番多く配合されているのは水であることが多いが、THREEのローションはリンゴ果実水やレモン果汁水をブレンドしたボタニカルウォーターでこだわりが詰まったアイテムだ。合成の香料は入っていないが、精油が入っているため使うたびアロマのような香りに癒される。夜はリラックス効果、朝は香りで身体をリセットできるので、化粧水に香りも求める人は気に入るだろう。スリーのおしゃれで洗練されたパッケージに惹かれる人も多い。

詳細・購入はこちら

メンズ定番の化粧水③「BULK HOMME(バルクオム) TEH TONER」

日本最古の美肌の湯として有名な出雲の「玉造温泉水」をメイン成分に使用したバルクオムの化粧水。温泉に入るとツヤや潤いを実感するのは、温泉水に豊富なミネラルが含まれていて肌に栄養を与えるからであり、その温泉の成分を取り入れた化粧水だ。この化粧水を塗るだけで、毎日温泉に入ったような肌になれることうけあいだ。さらにこの化粧水は、保湿するだけでなく「トレハロース」が肌の潤いを均一に保つようアプローチ。ムラなく顔全体を上手に保湿できるため、化粧水を上手くつけられない人でも均一に保湿できるというメリットがある。鉱物油やパラベンフリーで低刺激なので、マスクによる肌荒れなどにも対応できるアイテムだ。

詳細・購入はこちら

乾燥肌向けのメンズ化粧水

ここでは肌のカサつきに悩んでいる、乾燥肌の男性におすすめしたい化粧水を紹介していく。1年中乾燥肌だという方以外にも、乾燥しやすい冬だけこちらで紹介するようなアイテムを使うのも美肌に有効的だ。

乾燥肌におすすめのメンズ化粧水①「資生堂メン ハイドレーティング ローション」

過剰な皮脂分泌は肌トラブルの原因。過乾燥によって皮脂量が多いという方におすすめしたいのが、みずみずしい使用感で角質層をしっかり保湿してくれる資生堂メンのローションだ。この化粧水には「ダメージ ディフェンス コンプレックス」という資生堂が独自配合した成分が含まれており、この成分が肌を守り、肌荒れを防いでくれる。匂いは微香料なので、スッキリとした爽やかな香りを楽しめるのが特徴。乾燥や気温の変化などで肌の調子が悪いと感じているのであれば、資生堂メンのローションで肌の潤いを1日中キープしよう。

詳細・購入はこちら

乾燥肌におすすめのメンズ化粧水②「無印良品 エイジングケア化粧水 200ml」

肌は年齢とともに乾燥しやすくなっていくため、30代以降で乾燥肌に悩んでいるならエイジングケア用のメンズコスメも視野に入れるのが得策だ。基本的にエイジングケア用品はとろみのある質感のアイテムが多く、保湿力の高さが魅力的。こちらの無印良品の化粧水もコラーゲンやヒアルロン酸が配合されており、乾燥した肌を内側から潤いとハリ感のある肌へと導いてくれる。内容量が50ml・200ml・400mlの3種類で展開されているため、自分の用途に合わせてコスパよく選択できるのも魅力だろう。今回紹介した化粧水の中で最もリーズナブルなので、初めて化粧水を購入するなら無印良品から始めてみるのもおすすめだ。

詳細・購入はこちら

脂性肌向けのメンズ化粧水

続いては、肌のテカリやニキビに悩む脂性肌の男性におすすめの化粧水を紹介していく。特に皮脂が出やすい夏は、ここで紹介するサッパリとしたつけ心地で清涼感のあるアイテムが使いやすいだろう。

脂性肌におすすめのメンズ化粧水①「ORBIS Mr.(オルビス ミスター) スキンジェルローション」

オルビスのスキンジェルローションはジェルタイプの化粧水で、これ一本でスキンケアが完了する優れモノだ。乳液のベタつきが苦手な方でも、これなら乳液いらずなので非常に使いやすいのが魅力的だ。特にニキビができやすい肌質の男性は肌の油分が気になるため、オイルフリーのジェルローションでケアするのがおすすめ。グリチルリチン酸ジカリウムという有効成分が肌を鎮静するため、ニキビや赤みを抑える効果にも期待できる。サラッと手軽に使える質感だが、浸透力の高いコラーゲンが入っているので保湿力もバツグン。オルビスは百貨店で販売されている中でも比較的価格が安く、20代からの支持率も高い。詰め替え用もあるため、サステナブルな一面も。

詳細・購入はこちら

脂性肌におすすめのメンズ化粧水②「ZIGEN(ジゲン) オールインワン フェイスジェル」

こちらでピックアップしたジゲンのオールインワンは、化粧水・乳液・美容液・クリームがこれ1つで終わる、1本で4役をこなせるオールインワンタイプだ。ジェルなのでベタつかず爽やかな使用感なので、脂性肌との相性が良い。5種のヒト型セラミドが配合されているため、保湿力も申し分ない。これだけで肌本来の潤いを取り戻し、さらに紫外線やシェービングによるダメージからも守ってくれる。スキンケアが面倒・忙しくて時間がない朝といった場合でもトータルケアがすぐ完了するため、1つ持っていると便利な商品だろう。

詳細・購入はこちら

敏感肌向けのメンズ化粧水

化粧水が染みてしまう、ヒゲ剃りによるカミソリ負けでヒリヒリする、長年吹き出物に悩まされているなどの悩みは敏感肌に分類される。そういった肌は刺激の少ない、肌に優しい成分が配合されたものを選ぶと改善に近づくだろう。ここでは敏感肌でも安心できる、医薬部外品の化粧水を厳選して紹介。

敏感肌向けのメンズ化粧水①「MINON MEN(ミノン メン) 薬用フェイスローション」

ミノンはアミノ酸に着目した化粧品ブランド。アミノ酸とは肌の中に存在している成分であり、主に保湿の役割を務める。乾燥状態の肌というのはアミノ酸が不足しているため、スキンケアで補うことで肌の水分量がアップしバリア機能が整うのだ。さらに弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリーなので、肌への刺激も最低限。皮脂吸着パウダーでオイルコントロールし、ニキビや肌あれを防ぐ効果にも期待できる。敏感肌用だからといって肌に優しいだけでなく、男が求める効果も兼ね備えた化粧水だと言えるだろう。薬局などで手軽に購入できるので、用事のついでに購入もできる身近なアイテムだ。

詳細・購入はこちら

敏感肌向けのメンズ化粧水②「Curel(キュレル) 潤浸保湿 化粧水Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」

乾燥性敏感肌の原因は、肌の必須成分である「セラミド」の不足が関係している。キュレルはセラミドを補給し、肌のうるおいを守ることを目的としたブランドだ。成分に差はないが、好みのテクスチャーを選べる仕様になっており、「Ⅰ ややしっとり」「Ⅱ しっとり」「Ⅲ とてもしっとり」の3種類から自分の好きな質感を選べるのが特徴。ノンアルコールで肌への刺激が少ないため、男女問わず敏感肌でも使いやすい。ベタつきが苦手ならⅠを、しっとりしている方が好きならⅢを選ぶのが良いだろう。肌が敏感かつ乾燥している人におすすめの化粧水だ。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する