チャーチの「ディプロマット(Diplomat)」はボンドと外交官に愛される名機!

多くの名作を生み出しているチャーチだが、「ディプロマット(Diplomat)」はチャーチのコレクションの中でも屈指の名機。「Diplomat」とは「外交官」を意味する英語で、イギリスの外交官たちの多くが好んでセミブローグの革靴を履いていたことから名付けられた。ピアース・ブロスナン演じる5代目ジェームズ・ボンドが着用したことでも知られている。今回はそんなチャーチの「ディプロマット」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

「Church’s(チャーチ)」は革靴の新たな概念を靴業界にもたらした老舗シューズブランド

チャーチは、英国ノーサンプトンの老舗シューズブランド。靴職人ストーン・チャーチから靴作りの技術を学んだトーマス・チャーチが、1873年にノーサンプトンのメープル・ストリートに小さな工房を開いたのが始まりだ。チャーチは、今では常識となっているさまざまな概念を靴業界にもたらしたブランド。19世紀当時の靴は、左足と右足の区別がないまっすぐな形状だった。足なりに湾曲させた構造を生み出し、始めて左右別々の形状を取り入れたのがチャーチなのである。さらに、靴のサイズ展開にハーフサイズを導入したのもこのブランドが初めてだと言われている。

これらの革新的な発明によって、1881年にロンドンで行われた靴の展覧会では金賞を受賞。数年のうちに高級シューズの代名詞的な企業へと成長したチャーチは、ノーサンプトンだけでなく海外への進出にも力を入れつつ、戦時中の軍靴製造などを経てさらに規模を拡大していったのだ。

チャーチの靴作りは英国王室も認めるクオリティ

初のショップをオープンしたのを皮切りに、イタリア、カナダ、香港などに支社を設立。ヨーロッパだけでなく、世界の主要都市に輸出を拡大することでその名を轟かせた。1965年にはイギリス女王エリザベス二世がノーサンプトン・セントジェームス通りにあるチャーチの工場を視察。積極的に海外市場の開拓を行ってきた功績が讃えられ、英国産業界で最高の名誉とされる「クイーンズ・アワード」を授与された。トリッカーズやクロケット&ジョーンズなど、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号を獲得している革靴ブランドは少なくない。チャーチは王室御用達の称号こそ持たないものの、その品質の高さは女王のお墨付きであることを歴史が証明している。

img61312778

詳細・購入はこちら

完成までに250の工程と8週間を費やすチャーチの革靴製造

2000年にプラダに買収されて以降は、モード色を強めたモデルや女性向けの製品も展開しているものの、根強い人気を誇るのはやはり往年のデザインを踏襲した定番モデル。今もノーサンプトンの工場で製造され、革の裁断から縫製、ウェルティング、仕上げまで、熟練職人の手で丁寧に生産されるチャーチの革靴は、一足を作るのに約8週間の時間、全250もの工程を経て完成されるのだ。グッドイヤーウェルト製法をはじめとする伝統的で実直な靴作りは、創業から140年を超え現在もなお継承されている。

チャーチ

チャーチの革靴を探す

ピアース・ブロスナン演じる5代目ジェームズ・ボンドも着用したチャーチの名靴「ディプロマット」

ディプロマットは、1945年に誕生したチャーチの内羽根セミブローグシューズ。当時の外交官がこのようなセミブローグの靴をよく履いていたことから「Diplomat=外交官」のモデルネームが名付けられた。スマートに仕事をこなす男性に相応しい、すっきりとしたシルエットや美しい牛革の光沢が特徴。トゥキャップやアイレットに精巧なブローグ(飾り穴)を施し、ほどよい装飾性を備えているため、オン・オフ問わずさまざまなスタイルに合わせやすい。かしこまりすぎないデザインなので、ジャケットスタイルなどにもバランス良くマッチする。

img60603161

詳細・購入はこちら

クラシックで端正な印象のセミスクエアトゥ「#173」を採用した、現代人の足型にフィットするフォルムも人気の理由。グッドイヤーウェルト製法で手がけられており、インソールと中底の間にコルクを敷いたクッション層が設けられているため、履き心地の良さも優れている。

チャーチの「ディプロマット」はボンドを象徴する革靴のひとつ!

往年のファンなら、チャーチといえば「ジェームズ・ボンド」を思い浮かべる方も少なくないだろう。長年にわたり映画「007」に採用され、ボンドに着用されてきたという歴史も、このブランドのアイデンティティの一つである。「スカイフォール」以降はクロケット&ジョーンズにその座を明け渡したものの、現在でも”ボンドを象徴する革靴といえばチャーチ”というイメージは根付いている。

ab0kl016

内羽根セミブローグのディプロマットは、1995年に公開された作品「ゴールデンアイ」にて5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンが着用。軍用列車で監禁されたところを、オメガのシーマスターから出るレーザーで鉄板を焼き切り脱出するシーンなど、数々の名シーンでディプロマットを確認することができる。

img60603162

詳細・購入はこちら

プラダの傘下にあるチャーチだからこそ実現できる!美しくキメ細かい光沢を放つ「ディプロマット」のアッパーカーフ

革質の良さに定評のあるチャーチ。近年では、どのブランドも良質なレザーを仕入れることが困難になってきていると言われているが、プラダの傘下にあるチャーチは名門タンナーから素材を仕入れることを可能としている。王道のブラックカーフは、キメの細かさとしっとりとした質感が特徴。ほどよく光を放つ表面のツヤ感からは、手に取らずともしなやかさが伝わってくるよう。

71OGndpbTgL._UL1500_のコピー

詳細・購入はこちら

カジュアルなウォルナットカラーの「ディプロマット」も人気

控えめなデザインのセミブローグなだけに、カジュアルで使いやすいウォルナットカラーのカーフも人気。コーディネートに合わせやすいダークブラウンのカラーリングに、繊維の1本1本から放たれているような光沢が高級感に溢れている。チャーチのシューズに採用される革はすべての製品において慎重に選ばれており、仕上げ工程ではブランドオリジナルのワックスが手作業で塗り込まれているのが特徴。上質なレザーだけが持つ美しさを最大限に引き出すよう、時間をかけて仕上げられているのだ。

71jkLrAJBYL._UL1500_

詳細・購入はこちら

シープホーン(羊の角)をモチーフにしたメダリオンなど、チャーチ「ディプロマット」が誇る装飾美の数々

ブローギングの丁寧さも、ディプロマットが「セミブローグの代表格」と称される由縁のひとつ。トゥキャップに施されたメダリオンは、この種の革靴の”顔”とも言える装飾。蝶や百合など、ブランドやモデルによって穴飾りのパターンはそれぞれだが、ディプロマットではシープホーン(羊の角)のモチーフを採用している。チャーチの伝統とも言えるデザインで、いつまでも飽きの来ない表情を作り上げている。

81ukiL3Y5UL._UL1500_

詳細・購入はこちら

チャーチ「ディプロマット」のパーフォレーションやピンキングも芸術品のような美しさをもつ

大小の親子穴が並ぶパーフォレーションも非常に端正な出来栄え。大きめにほどこされたブローグの表情が迫力のある雰囲気を演出している。

ディプろ

詳細・購入はこちら

ピンキングの仕上げも非常に丁寧で、もはや芸術品と呼べるほどの精巧さを誇る。長年履き込むことによってエイジングされ、時間を経るごとにさらに味わい深くなっていく。

ディプ

詳細・購入はこちら

 

アイレットは5つで平行型というスタンダードな仕様。根本は閂止めで、ちょうどその下、靴のセンターライン上にパーフォレーションの小穴が来るよう設計されている。やや太めの丸紐で、しっかりとした顔つきも特徴的。細い紐や平紐に変えるなど、アレンジ次第で印象の変化も楽しめる。

71mJHBpkYkL._UL1309_

詳細・購入はこちら

チャーチの創業年を名に冠した名作「#73」の復刻版ラスト「#173」による「ディプロマット」のシルエット

角ばりすぎず、丸すぎないバランスの良いトゥが特徴のシルエットは、チャーチを代表するラスト「#173」によるもの。このラストは、チャーチの創業年である1873年を名に冠したかつての名作「#73」がベースとなっている。プラダの買収によって姿を消した「#73」だったが、復活を願うチャーチファンの声があまりにも大きかったため、2003年に「#173」として復刻。かつてのクラシックなトゥシェイプを踏襲しながら、現代人の足型を考えてフィット感がアップデートされているのが特徴だ。

81ukiL3Y5UL._UL1500_ (1)

詳細・購入はこちら

つま先から甲にかけては低く、甲からグッと立ち上がるフォルムが特徴的。英国靴らしいほどよい丸みを帯びたラウンドトゥは、もちろん相性はあるものの、ほとんどの人にとってトゥの余りが少ない設計となっている。

71eS35fCJRL._UL1500_ (1)

詳細・購入はこちら

土踏まず部分も適度に絞り込まれており、しっかりとしたホールド感を実現。「#73」の時代よりはややロングノーズになったものの、奇をてらわず、親しみやすいクラシックな顔つきは健在だ。

81jpy8dg5PL._UL1500_ (1)詳細・購入はこちら

品のあるスマートなシルエットこそ「#173」最大の特徴で、英国だけでなく、アメリカやイタリアなど世界中の洒落者から支持を集める。素朴ながら不思議と野暮ったくない、端正なシェイプは、ディプロマットの魅力を最大限に引き出している。

チャーチ「ディプロマット」は世界屈指のグッドイヤーウェルト製法で優れた耐久性と快適なはき心地を保証!

チャーチの生産拠点である英国ノーサンプトンが「靴作りの町」として発展した理由はいくつかあると言われている。牧草地帯で靴の材料になる牛の飼育がしやすかったことや、牛市場があったこと。革をなめすために必要な樫の木や綺麗な水が豊富にあったことなどである。そして、アメリカで開発されたグッドイヤーウェルト製法を取り入れ、ピューリタン革命時に軍用靴を大量生産したことでノーサンプトンは靴製造の聖地として有名に。チャーチの歴史の背景にはノーサンプトンの町の歴史があり、グッドイヤーウェルト製法を世界屈指のクオリティで仕立てるブランドとしても知られているのだ。

71mJHBpkYkL._UL1309_ (1)

詳細・購入はこちら

中底と甲革をまず「ウェルト」と呼ばれる細革に縫いつけ、その後ウェルトに本底を縫い合わせるグッドイヤーウェルト製法。アッパーとアウトソールが取り外しやすいため、修理が容易で耐久性に優れているだけでなく、長く愛用できるのが特徴だ。また、中底にはコルクをふんだんに敷き詰めて縫製するため、履くほどに足に馴染み、長時間の歩行に適している。ディプロマットのグッドイヤーウェルト製法の特徴としては、コバを極端に攻めず、張り出しを残して堅牢さを重視しているのがポイント。

チャーチ ディプロマ

詳細・購入はこちら

重要な要素の一つであるアウトステッチも安定感があり、非常に丁寧。必要以上に細かくせず、機能性を追求して端正に縫われている。”ファジング”と呼ばれている目付けもしっかりと入っており、ディテールのひとつひとつからチャーチの堅実さが窺える。

チャーチ「ディプロマット」はヒールの装飾にも一切スキなし!後ろ姿まで美しく魅せる

すらりとしたヒールカップも魅力的。カウンターから流れるように施されたパーフォレーションやピンキングなどの装飾は一分のスキもなく、バックからのアングルでもエレガントな雰囲気を醸し出している。下から覗くわずかな縫い目もアイコニックだ。やや大きめで、力強い造りのヒールリフトにも注目したい。また、見えない部分ではあるが、チャーチの靴はヒールを留める釘に関してもしっかり打たれていることで有名。細かい点にも一切手を抜かず、真面目で丁寧に造られているからこそ長く付き合うことができ、それが愛好家から支持される理由でもあるのだ。

612q3cHzzyL._UL1500_

詳細・購入はこちら

刻印される都市名で世代が分かるチャーチ「ディプロマット」のインソール

クォーターライニングや無着色のインソールもチャーチの職人魂を感じさせる。ブランドロゴと都市名の刻印もチャーチならでは。かつては「LONDON」「PARIS」「NEW YORK」の3都市のみであったが、プラダの傘下に入りミラノ店がオープンしたことによって「MILAN」が追加。そして2013年12月、東京・表参道店がオープンし「TOKYO」が追加された。刻印される都市の数で、自分の所有するチャーチがいつの時代のものか分かるのも面白い点だ。もちろん今後インソールに連ねる都市が増えていったとしても、ディプロマットは変わらない魅力を放ち続けるだろう。

チャーチ ディプロマット

詳細・購入はこちら

硬派なチャーチらしさが表れる「ディプロマット」のアウトソールは実用性を重視してオープンチャネルを採用

グッドイヤーウェルト製法で手がけられたチャーチの靴は、出し縫いの糸を隠さないオープンチャネルにしているのが特徴。高級ドレスシューズに稀に見られるようなヒドゥンチャネル(伏せ縫い)仕様ではなく、あえて縫い目を伏せずむきだしのままにすることは、装飾性よりも実用性を選ぶというチャーチの姿勢の表れでもある。しっかりとした歩行感を実現していることに加え、チャーチのこうした潔いスタンスは、”必要以上に格好つけることを是としない紳士”からも、すこぶる好感度が高い。

ch3502bm00006_5

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ