革靴手入れと磨き方

靴磨き

革靴のお手入れは紳士の嗜みですが、自己流で気が向いたときにやっているという方も多いのではないでしょうか?今回はあらためて革靴の磨き方の基本ステップを紹介!

スポンサーリンク

革靴手入れステップ1「汚れ・ホコリ落とし」

革靴に付着した汚れやホコリを除去するのが第一ステップ。時間に余裕があって完璧に仕上げたい場合には、シューレースを外して細かい隙間に付着した汚れや埃を除去しましょう。

革靴ブラッシングblacklapel

馬毛ブラシを使うのが一般的です。泥汚れなどがひどい場合にはおしぼりよりも気持ち水気が多いくらいの雑巾で拭いても構いません。シューキーパーに入れながら作業するのがおすすめです。またグッドイヤーウェルト製法の革靴は、コバと革紐の間にゴミやホコリが溜まりやすいので忘れずに。

A1sa3tKtkJL._UL1500_

馬毛ブラシを購入する

※より完璧な仕上がりを目指すなら液体クリーナーを使おう

ブラッシングだけでもOKですが、よりパーフェクトな仕上がりを目指すなら液体クリーナーを使うのが◎目的は「油性汚れの除去」と「古い革靴クリームの除去」です。コットンパフなどに液体クリームをなじませながら靴全体を拭いていきましょう。「力を入れすぎない」「つねにパフの綺麗な面を使う」のがポイントです。

ステインリムーバーMモゥブレィ

M.モゥブレイステインリムーバー

革靴手入れステップ2「革靴に栄養を与える」

続いてのステップは、革への栄養補給。「乳化性クリーム」を使います。片足分でおおよそ米粒3粒くらいでOK。小さなブラシか布キレで、いくつかのポイントに均等に点付けした後、素早く全体にのばします。

乳化性クリーム

革靴用乳化性クリームを購入する

その後は豚毛ブラシか化繊ブラシのような硬めのブラシを使ってさらに均等にひろげながら、余分なクリームをはらい落としていきます。縫い目、履きジワ、コバの部分もお忘れなく。色付きのクリームを使う場合には色ごとに違うブラシを使い分けるとベスト。

革靴用化繊ブラシ

乳化性クリーム用ブラシを購入する

最後に着古したTシャツやナイロンストッキングを使い、乾拭きしていきます。余分なクリームを完全に落としきるイメージで角度を変えながら小刻みに。ここまでくると革の表面はツルツル、ピカピカになっているはず。基本的なお手入れはこれで終了!

シューケア用品のブランドを揃えたい方や初心者の方には、ブラシやクリーム、クリーナーがセットになったキットもおすすめです。

靴磨きキットスターターセット

靴磨きキットを購入する

※革靴のアッパー以上に乾燥してしまいがちなのは、実は「靴底」。可能な限り定期的にケアすることで寿命を延ばすことができます。靴底を布キレで軽く拭いた後、ごく少量のクリームを薄く馴染ませて放置するだけでOK。すぐに履く場合は滑りやすいので余分なクリームを布切れで拭き取って除去。

さらに靴をピカピカに光らせる”ハイシャインポリッシュ”のやり方は..「ハイシャインポリッシュをマスターしよう」をご覧ください。

FOLLOW US

Related post