スニーカーのお手入れ方法【7つのポイント】

スニーカーメンテナンス

お気に入りのスニーカーだからこそ、しっかり手入れして長く綺麗に履きたいものです。特に汚れが目立ちやすい白スニーカーは、しっかりケアしたいですよね。今回はスニーカーのお手入れ方法について紹介していきたいと思います!IMAGE:THE MODERN OTTERS

スポンサーリンク

スニーカーのお手入れ「まずは汚れにくく。防水スプレーを使用」

スニーカー防水スプレー

詳細・購入はこちら

まずは予防策としてスニーカーが汚れにくい状態にしておくことが重要です。簡単かつ有効なのは、革靴と共用も可能な靴用防水スプレー。常に切らさずにストックしておくべきアイテムのひとつ。ポイントは「スニーカーが綺麗な状態で使用すること」「満遍なくコーティングできるように出来れば靴ひもをはずしてスプレーすること」の2点。

スニーカーのお手入れ「汚れが染み込む前に..しぼったタオルで拭く習慣」

スニーカーメンテナンス拭く

一度汚れが染み込んでしまうと綺麗にするのに苦労します。そうなる前に少しでも汚れが付いたら、かたくしぼったタオルなどでアッパーをソフトに拭く習慣を持ちましょう。拭くと防水コーティングが剥がれるので再度スプレーを塗布するのもお忘れなく。

スニーカーのお手入れ「スニーカー素材・部位を問わずに使えるJASON MARKKのクイックワイプス」

jasonmarksクイックワイプス詳細・購入はこちら

キャンバス、レザー、スウェード、ナイロン、ヌバック、ビニール、コットン、メッシュ、ゴムなど、スニーカーのアッパー素材や部位を選ばず使えるのがジェイソンマークのクイックワイプス。特殊加工されたドットラバー面を使うことで頑固な汚れがとれること、強い化学品や研磨剤を含まないのでスニーカーを傷めにくいことがメリット。小分けされているので外出先でも使えるのも便利ですね!

スニーカーのお手入れ「ソールの汚れはメラミンスポンジで落とす!」

激落ちくんスニーカー詳細・購入はこちら

ミッドソールなどゴム製部位の汚れ落としにおすすめなのが「メラミンスポンジ」。水に濡らして軽く絞ってから使用しましょう。注意していただきたいのは、使ってはいけない箇所について。メラミンスポンジには研磨剤が含まれており、表面削り落とすことで汚れを落とす原理が採用されています。よってゴム部の汚れだけではなく、黄ばみなどに対しても効果的なのですがその反面、レザーや特殊コーティングされた箇所に使用すると、表面を傷つけてしまい劣化の原因になります。基本的にゴム製の部位のみ使うようにしましょう。メラミンスポンジに比べると効き目はソフトですが「消しゴム」が代用できます。

スニーカーのお手入れ「レザースニーカー、スウェードスニーカーは革靴と同じ方法でメンテ」

レザースニーカーの手入れについては、革靴と同じ方法で行うと安心です。革の手入れについては、シューケア製品の草分けコロンブスの解説動画を見れば簡単にマスターできます。もちろん使用するクリームは透明か、スニーカーのアッパーの色にそろえましょう。

スニーカーのお手入れ「汚れがひどければ、スニーカー用のブラシをつかって洗う!」

スニーカー用ブラシJASONMARKK

詳細・購入はこちら

汚れが気になる場合には、スニーカー専用のブラシを使って洗うのが有効です。アッパーを傷つけないようなソフトな天然毛タイプが素材を傷めにくいので特におすすめです。クリーナーをあわせて使用すると効果絶大!JASON MARKKのブラシとクリーナーがセットになったキットがおすすめです。

40度くらいの湯をブラシにつけて、クリーナーを適量使いながらブラッシングしていきましょう。靴ひもをはずすと隅々まできれいにすることができます。仕上げはタオルで拭き取ればOK!

スニーカーのお手入れ「シューキーパーや乾燥剤を使う」

シューキーパー詳細・購入はこちら

「そこまでするか!」という意見もあるかもしれませんがアッパーのシワが目立つレザー製のスリッポンスニーカーにはシューツリーは必須。入れ続ける必要はありませんが、1日履いた直後に短時間でも入れておくと全然ちがいます。型崩れを防ぐと共に余計な湿気を除去する意味でも無垢の木製のシューツリーがおすすめ。足が蒸れやすい人や雨でスニーカーが濡れてしまった場合には乾燥剤、なければ新聞紙をつめておくだけでも劣化を遅らせる効果が望めます。関連ページ:シューキーパー【せっかく買うならクリアすべき5条件】

FOLLOW US

Related post