革靴デビューに最適なコスパ◎のグッドイヤーウェルテッド製法レザーシューズ特集!

Share

初めて革靴を買うとき、長く使うことを想定しているなら“グッドイヤーウェルテッド製法”であることは欠かせない条件になる。さらに欲張って言うなら、コスパの良さも重視したいところ。そこで今回は、革靴デビューに最適なコスパ良好のグッドイヤーウェルテッド製法のシューズを厳選してピックアップ!

【関連記事】本格靴の標準仕様、グッドイヤーウェルト製法の革靴特集

グッドイヤーウェルト製法と言えば、本格的な革靴を代表する意匠。洗練された大人の男...
スポンサーリンク

①「Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ) Audley」

イギリスの名門シューズブランド「クロケット&ジョーンズ」の「オードリー」は、数ある内羽根ストレートチップの中でも屈指の名作と呼ばれる一足。一生履ける本格靴でありながら10万円を切る価格帯を実現しており、有識者からも“はじめに買うべき本格靴”と称されるほどコスパが高い。長年連れ添う相棒として、あるいは足元を見られても堂々としていられる靴を買うのであれば、有力な選択肢になること間違いなし。

詳細・購入はこちら

②「REGAL(リーガル) 50UR」

ハイクオリティながらアフォーダブルな価格を実現していることで高い人気を誇るシューズブランド「リーガル」。同ブランドでは多くの革靴にグッドイヤーウェルト製法を用いており、しかも日本ブランドとあって日本人の足形にしっかりフィットするのが魅力だ。足馴染みも返りも良く、しかも丈夫で長持ちするので革靴デビューにうってつけと言えるだろう。

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

GOODS

クラークスの隠れた名作ローカットシューズ「ナタリー」の魅力

FASHION

グレースーツに合わせる靴の選び方とは?色のチョイスを主に、革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントを解説!

GOODS

クロケット&ジョーンズの柔らかなアンライニングローファー「リッチモンド」に宿る6つの魅力

GOODS

セバゴのクラフツマンシップが息づく「DOCKSIDES(ドックサイズ)」の魅力とは?

GOODS

3万円台まで!コスパ最強のおすすめビジネスシューズ7選

GOODS

職人の技が光るUチップ、三陽山長「勘三郎」の魅力とは?

FASHION

ローファーを私服に取り入れるなら?学生から社会人まで全ての男性が参考にしたいメンズコーデ事例を紹介!

GOODS

バーウィックのタッセルローファー「8491」はコスパ最強の一足。その魅力とは?

NEWS

ベルルッティが、マストロヤンニとウォーホル2人の伝説的顧客が登場する新たな広告キャンペーン「LIVE ICONIC」を公開

NEWS

日本が誇る高級紳士靴ブランド三陽山長が「匠」シリーズの新作モデル2型をリリース!

COLUMN

ジェームズ・ボンドの愛用品「007 スペクターで着用したクロケット&ジョーンズのダービーシューズはどのモデル?」

FASHION

イマ履きたいレッドウィングのブーツ。5つの定番モデルと海外メンズコーデ事例をピックアップ!