ジャケットブランド 【本場イタリアから15選】

ジャケットブランド

海外スナップに登場するジャケパンやスーツ姿でキメる男性が着ているジャケットは一体どこのブランドなのか?」そんなお問い合わせをいただくことが多いので、今回は海外ファッションスナップでもよく着用が確認されるイタリアのジャケットブランドを紹介していきたいと思います。10万円前後のボリュームゾーンから、最後は50万円を超える価格帯の超プレミアムブランドまで一挙に紹介!

スポンサーリンク

イタリアジャケットブランド「海外スナップにも多数登場の人気ブランド8選」

まずは本場イタリア仕立てのジャケットを味わう上でチェックしたい人気ブランドを紹介していきます。イタリア系ジャケット入手を考える上でボリュームゾーンとなる10万円前後の価格帯をメインに紹介していきます。

LARDINI(ラルディーニ)「イタリアファクトリーブランド人気御三家①」

ラルディーニジャケット

1978年にイタリア中心部のアンコナで、ルイジ・ラルディーニが創業したブランド。世界的に有名なビックメゾンのウェアを30年以上作り続けてきました実績は伊達ではありません。最高品質の生地のみを使用、全アイテムがイタリア職人によってイタリア国内で製造されています。あのニックウースター氏もプロジェクトに関わり、プライベートで愛用することでも知られます。

BOGLIOLI(ボリオリ)「イタリアファクトリーブランド人気御三家②」

ボリオリジャケットmorsepoint

1890年にイタリアで創業した超人気ブランドです。「クラシック&モダン」をコンセプトに置き、伝統的なサルトリア仕立てを継承しながらも革新的な技術と現代的デザインを組み合わせたジャケットやスーツを提供し続けています。「Kジャケット」「ドーヴァー」「コート」などの名品は世界的に有名です。2015年からブランド名をボリオリミラノと変えています。

TAGLIATORE(タリアトーレ)「イタリアファクトリーブランド人気御三家③」

タリアトーレテーラードジャケットtagliatore.com

1960年代創業のレラリオ社が母体となり、二代目であるピーノ・レラリオ氏がスタートさせたブランド。ブランド名のTAGLIATOREはイタリア語で裁断士を意味していますが、ピーノ氏の祖父が革靴のアッパーを裁断する職人だったことから呼ばれていたニックネームが由来なのは意外と知られていません。また実際にブランド自体もカッティング技術にこだわり、立体的でスリムなフォルムを実現しています。人気御三家の中では最もスリムシルエットなので、痩せ型の男性には特におすすめできますよ。ちなみにピーノ氏はバットマンの衣装を手がけるなどの実績を持ちます。

L.B.M.1911(エルビーエム1911)「確かな仕立てをベースにしたスポーツテイストが魅力!」

LBM1911ジャケットlubiam

イタリアのファクトリーブランドの中でも最も古い歴史をもつLubiamを母体として、2006年にカジュアル・スポーティーラインとして始動したブランドです。モダンなデザインでありながら、有名ブランドのウェアを手がけてきたファクトリーならではの技術が光ります。

Cantarelli(カンタレリ)「同価格帯では難しい軽い着心地と立体感が魅力」

カンタレリジャケットcantarelli.it

1976年、イタリアのトスカーナ州アレッツォにてスタートしたブランド。マシンメイドによって、立体的なシルエットとナチュラルに身体を包み込むような着心地を実現。国内ではバーニーズなど高級セレクトショップでの取り扱いがあります。デザインやブランドネーム自体に派手さはありませんが、同価格帯の中でも軽さや立体感に定評があります。

CIRCOLO 1901(チルコロ1901)「5万円代で入手も可能、生地の扱い技術に定評」

チルコロ1901のジャケットcircolo1901

イタリアのバレッタに本社を構えるテキスタイルカンパニーS.G.L.社が展開するブランドです。テキスタイルカンパニーが母体だけあり、生地や繊維に関する技術や扱いに高い評価があります。「フリースのようなジャケット、そしてジャケットに見えるフリース」として開発されたチルコロのイージージャケットが特に有名です。

Eidos(エイドス)「あのイザイアの弟分!」

エイドスのテーラードジャケットeidos

クラシコイタリア協会に加盟するイザイアの弟的なブランドです。イザイアの持つトラディッショナルな技術やノウハウに、最先端技術をミックスさせることによりコストパフォーマンスの良いジャケットを提供。ちなみにブランド名のエイドスはギリシャ語でアイデアを意味する「Eidosis」に起源をもちます。

THE GIGI(ザ・ジジ)「ボリオリ兄弟の放つ新鋭ブランド!」

ジジのジャケットieye

2014秋冬にスタートしたイタリアの新鋭ブランド。ボリオリの元デザイナーのピエルイジ・ボリオリ氏(ニックネームがジジ)がデザイナーを務めます。「DON’T LOOK BACK」をテーマにしているのはまさに「ボリオリの成功を忘れる」という意思の表れなのでしょうか。ラグジュアリーで色気あるデザインが特徴の注目株です。

2ページ目には、イタリア人も思わずうなるプレミアムブランドが登場です!

ページ:

1

2
FOLLOW US

Related post