“フェイススチーマー”で摩擦レスなスキンケアを!おすすめ製品&選び方を紹介

Share

“肌に悪いもの”といえば、まず思いつくのは紫外線だが、それと同じくらい悪影響を及ぼすのが摩擦。「肌トラブルの根源は摩擦」と警告する美容家も大勢いるほどで、摩擦ダメージが肌に炎症や乾燥、シミ、くすみなどを引き起こすと言われている。そんな肌への摩擦を減らすなら、フェイススチーマーを取り入れてみるのはいかがだろう?たっぷりのスチームで皮脂汚れを浮かして落とせるから、摩擦レスなスキンケアが簡単に叶うはずだ。

フェイススチーマーをメンズが選ぶなら、どこに注目すべき?

正直メンズにはあまり馴染みが薄い電化製品だが、意外にも多くのメーカーが手がけており、選択肢は実に豊富。それがゆえに選びに迷ってしまいがちだ。そこで、ここからはメンズがフェイススチーマーを選ぶうえでチェックしておくべきポイントについて紹介していく。

フェイススチーマーを探す

フェイススチーマーの選び方①「スキンケアタイムにじっくり使うなら絶対に“据え置きタイプ”が◎」

一口にフェイススチーマーと言っても、据え置きタイプと携帯タイプの2種類に大別される。どちらも一長一短ではあるが、自宅でのスキンケアタイムに使うことを考えるなら据え置きタイプがおすすめだ。持ち運びこそ不便だが、スチームの量と強さにおいてはズバ抜けており、たっぷりの蒸気で顔の皮脂汚れを浮かして落とせるのが魅力。しかもタンク容量も大きいので一度にじっくり蒸気を浴びられ、かつ顔全体にムラなく当てられるのも優れたポイント。ちなみに、携帯タイプは基本的にメイクのお直し用として使うケースが多いので、普段から化粧をしていてメイク崩れが気になりやすいという男性はぜひチェックしてみて。

フェイススチーマーの選び方②「意外と重要なのが“使用できる水の種類”!」

どのフェイススチーマーも基本的には水道水が使えるが、中には精製水のみを推奨している製品もあるので要チェック。コスパを考えれば水道水に軍配が上がるが、美容の質を重視するなら不純物が含まれていない精製水が好ましい。とはいえ、精製水を購入する手間が発生したりランニングコストが掛かったりとデメリットもあるため、精製水のみ対応のフェイススチーマーはよく検討してから購入すべきだろう。

フェイススチーマーの選び方③「タンクの取り外しの可否が“手入れのしやすさ”に繋がる!」

言うまでもないが、顔に使用する電化製品ゆえいつも清潔にしておくことが大事。そのためにも手入れのしやすさは重視して然るべきだろう。基本的に汚れが発生するのは貯水タンク内であるため、個別でこまめに洗えるよう取り外しができるものをチョイスするのがおすすめだ。ちなみに、タンク取り外しができないフェイススチーマーに水を入れっぱなしにして放置しておくとカビや臭いが発生し、最悪の場合、買い換えが必要になることもあるので注意しよう。

フェイススチーマーがあればシェービングによる肌への負担が減る!

シェービングをしている時、ヒゲが引っ掛かったり肌が赤くなったりとトラブルを招いたことはないだろうか?そういった厄介事を防ぐのにもフェイススチーマーは役に立つ。髭剃りをする前にフェイススチーマーでヒゲ周りを暖めることでヒゲと肌がほどよく蒸され、血行が促進して毛穴が開いたり、ヒゲと肌が柔らかくなり格段に剃りやすくなる。また、カミソリ負けもしにくくなるので、肌が弱い方にもおすすめだ。シェービングにおける肌トラブルに悩んでいた方は、ぜひフェイススチーマーを取り入れてみてはいかがだろうか?

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する