多くの著名人を虜にしたRay-Ban(レイバン)の看板モデル「ウェイファーラー」とは?

Share

言わずと知れたサングラスの有名ブランドである「Ray-Ban(レイバン)」。初めてサングラスを買う方にもおすすめの、世界最高峰と称されるサングラスブランドだ。今回は、そんなレイバンの中でも最も知名度の高いモデル「ウェイファーラー」にフォーカスし、レイバンの歴史とともにウェイファーラーの魅力に迫る。

元々はパイロット用だった?「Ray-Ban(レイバン)」が有名サングラスブランドに昇り詰めるまで

「Ray-ban(レイバン)」は、アメリカのボシュロム社が創設したアイウェアブランド。1920年代、飛行中のパイロットたちの眼精疲労や視力低下、体調不良に悩まされていたアメリカ合衆国陸軍航空隊が、目を強力な太陽光線から守るため、サングラスの開発をアメリカの光学メーカー・ボシュロム社に依頼。そのサングラスがアメリカ軍で採用され、1937年に一般発売されると同時に“光(Ray)を遮る(Ban)”という意味を持つ「Ray-ban(レイバン)」が設立された。空軍にも使用された最初のモデル「アビエーター」は、目を太陽光から守るだけでなくスタイリッシュなデザインも兼ね備えていたため、後にマリリン・モンローやジェームズ・ディーンなど多くの著名人に着用されるように。そしてアメリカのポップカルチャーとともに知名度を上げ、世界的に有名なサングラスブランドへと成長を遂げていく。1950年以降は、機能性とファッション性を重視したモデルの制作を開始。その流れに乗って「ウェイファーラー」が誕生することとなったのだ。

詳細・購入はこちら

レイバン ウェイファーラーが世界で最も有名なサングラスとなった理由とは?

世界屈指のサングラスブランド「レイバン」の定番「ウェイファーラー」。世界で最も有名なサングラスと言われる名モデルになった理由を紐解いていこう。ウェイファーラーが登場した1950年代は、アメリカでロックミュージックが流行していた時代。新しいファッションアイテムを求めるミュージシャンや若者にウェイファーラーがハマり、その後のさらなるロックムーブメントの波に乗ることで、自由の象徴となるファッションアイテムへと進化。その人気は、音楽だけでなく映画界にまでおよび、「ティファニーで朝食を」、「ブルース・ブラザース」、「バットマン」などの名作フィルムで着用されることで、さらに人気を博すこととなる。シンプルでスタイリッシュなデザイン、目を守る高い機能性、多くの著名人を虜にしたモデルということで、その地位を不動のものにしていったのだ。一時市場から消えることとなったが、2006年に復刻を遂げ、今もなお多くの人々を魅了している。

詳細・購入はこちら

型番の末尾に付く“F”とは?2つのフィット感を持つレイバンのサングラス

レイバンには、テンプル部分の型番末尾に“F”と記載されているモデルがある。これは「フルフィットモデル」と呼ばれ、アジア人向けに開発されたモデルだ。かつては、“アジアンフィット(JPフィット)”と呼ばれ、今でも便宜的にそう呼ばれることもあるが、通常は「フルフィット」で通っている。外国人の顔型に合わせて作られた「インターナショナルフィッティング」と比べ、フロント部分に緩やかなカーブをつくることで、彫りが深くない日本人の顔にもぴったりハマるのが魅力だ。また、テンプル部分のカーブをきつくし、日本人の頭蓋骨に自然に沿うようなシルエットで快適なかけ心地を実現。さらに大きめのノーズパッドを採用し、着用時にサングラスがずり落ちるのを防いでくれるという、日本人でもカッコよくサングラスを着用できるよう配慮されたモデルなのだ。ちなみに旧モデルに用いられていた“A”は、アジアンフィッティングの略で、これも“F”と同様の意味を持つが、“F”と比べるとインターナショナルフィッティングに近い形状だと言われている。

詳細・購入はこちら

ウェイファーラーはさまざまな顔の形にマッチする“ウェリントンシェイプ”

サングラスには、さまざまなシェイプがあり、まずは自分の顔型にぴったりのアイテムを探すのが重要ポイント。ウェイファーラーに採用されているシェイプは、幅広い顔の形にマッチする「ウェリントンシェイプ」。レンズを固定している「リム」と呼ばれる部分が、逆台形型になっているシルエットで、「ヨロイ」と呼ばれるフレームと、耳にかける部分のテンプルをつなぐヒンジの部分がフレームの最上部にあるデザイン。ホリの浅い日本人の顔立ちとも相性抜群で、比較的フレームが大きいものが多いので小顔効果も期待できる。シンプルなデザインはもちろん、いろいろなカラーや柄が落とし込まれたフレームやレンズカラーの幅広いチョイスなど、多くのバリエーションを用意することで、自分にぴったりのアイテムを見つけられるのも魅力的。タウンユースはもちろん、ビジネスやパーティなどのシチュエーションにも重宝するデザインは、幅広いシーンで活躍してくれる。

詳細・購入はこちら

ウェイファーラーを選ぶときに気を付けたい!2種類のサイズ感

ウェイファーラーは、レンズのサイズが2種類あり、「スタンダード」と呼ばれる52mmのサイズと、54mmの「ラージサイズ」のを展開。スタンダードは、基本的に男性にはぴったり、女性にはゆとりのあるサイズ感だと言われているモデル。ラージサイズは、52mmよりも少し大きめのサイズ感に加え、レンズの周りを囲む枠のフロントリムを少し細めに設定、フロントを繋ぐブリッジを狭くしているのが特徴。52mmと比べて縦に深さがあり、丸みを帯びた形状をしている。レンズサイズは異なるけれど、横幅の長さは146mmと同様のサイズなので、それぞれ異なった印象を与えてくれる。シャープに仕上げたい方は52mm。ゆったりとしたサイズ感でリラックスした雰囲気を取り入れたい方は54mmを選ぶのおすすめ。ただ、サングラスは顔の形で似合うスタイルが異なるアイテム。どちらのサイズ感も実際に試着し、自分に合うモデルを探すのが愛用できるサングラスを見つける方法だ。

詳細・購入はこちら

常に進化を遂げるウェイファーラーが展開するコレクションとは?

レイバン ウェイファーラーは常に進化を続けるモデル。アイコニックなウェイファーラーにインスパイアされたコレクションを紹介していこう。

サングラス初心者にもおすすめ「ニュー ウェイファーラー」

オリジナルのウェイファーラーのデザインを基に、サングラス初心者でも取り入れやすい形にアップデートした「ニューウェイファーラー」。ウェイファーラーシリーズの中でも主張が強くないシンプルなシルエットのアイテムなため、サングラスっぽさを出したくない方におすすめのアイテム。レンズの縦幅がオリジナルに比べ44mmと細く、横長シェイプのレンズに仕上げているのでスタイリッシュな印象に決まるモデルだ。

詳細・購入はこちら

コンパクトに収納可能!「ウェイファーラーホールディング」

ウェイファーラーの最もユニークなコレクションと言えば「ウェイファーラーホールディング」。フレーム中央のブリッジとテンプルの中央部分が曲がるようになっており、コンパクトに折り畳むことを可能にした画期的なサングラスだ。小さく収納できるので、旅行や持ち運びに最適。54mmのレンズサイズを採用し、実用的な仕様を備えながらもウェイファーラーのしっかりとしたつくりをそのまま反映させている。サングラスが欲しいけれど、持ち運びが面倒という方におすすめのコンパクトなサングラスだ。

詳細・購入はこちら

レイバンが誇る名作「ウェイファーラー」のおすすめモデルを紹介!

レイバンの不朽の名作「ウェイファーラー」は、さまざまなカラーや柄を反映したモデルを多数展開。幅広いレンズカラーのチョイスなど、自分のスタイルに合わせて、好みのウェイファーラーを見つけられるのも楽しみのひとつ。そんな魅力的なレイバン ウェイファーラーのおすすめモデルを紹介!

レイバン ウェイファーラー おすすめモデル①「ウェイファーラーの定番モデル!オリジナル ウェイファーラー」

レイバン ウェイファーラーの定番モデルと言えば「オリジナルウェイファーラー」。レイバンのサングラスの歴史の中で最も有名なスタイルの当モデルは、1952年に登場し、数々の著名人を虜にしてきた。スタンダードなシルエットに、ブラックフレームのシンプルなデザインから、べっ甲を落とし込んだこなれたモデルまで、流行に左右されないデザインはどんなスタイルにもマッチし、いつの時代も重宝するアイテム。レンズカラーのチョイスも幅広く、自分の好きなカラーを組み合わせられるのも◎ サングラスを初めて購入する型におすすめしたい王道モデルだ。

詳細・購入はこちら

レイバン ウェイファーラー おすすめモデル②「持ち運びも楽々!折り畳み式ウェイファーラー クラシック」

定番ウェイファーラーを実用的に進化させた「折り畳み式ウェイファーラー」。定番ウェイファーラーのデザインはそのままに、フレームの中央部分のブリッジと言われる箇所と、耳にかけるテンプルの中央を折りたためる仕様にすることで、通常のウェイファーラーの半分以下のサイズで持ち運びを可能にした。実用性が増してもフレームの耐久性はしっかりと維持。折り畳みサイズのケースも付き、ちょっとしたお出かけにも気兼なく持っていける便利な1本だ。

詳細・購入はこちら

レイバン ウェイファーラー おすすめモデル③「トレンド感を取り入れたスタイリッシュな1本 ウェイファーラーⅡ」

ウェイファーラーのアイコニックなデザインを継承しつつ、丸みが特徴の現代的なフルサークルデザインを取り入れた「ウェイファーラーⅡ」。丸みのあるフレームがやわらかい印象になるので、男性だけでなく、女性にもぴったり。幅広い層に支持される人気モデルだ。テンプルやフレーム部分を細くすることで、スタイリッシュなイメージに仕上げてくれる。深みのある光沢感と特性の色柄を得ることのできるアセテートフレームを採用し、高級感のある印象に。レンズカラーは、グレーとライトブルーを展開し、どちらも目が薄く見えるような仕様で、お洒落上級者の雰囲気を漂わせてくれる。スタイリッシュで上品なイメージにしたい方におすすめだ。

詳細・購入はこちら

レイバン ウェイファーラー おすすめモデル④「輝くミラーレンズが華やかな ウェイファーラー イーズ」

クラシックなフレームに華やかな要素を加えるグラディエントミラーレンズが特徴の「ウェイファーラー イーズ」。まぶしさを軽減するミラーレンズと、虹色に光るミラーレンズのカラーリングが、コーディネートに華を添えてくれること間違いなし。まさにホリデースタイルにぴったりの、お洒落アイテムだ。フレームがシンプルなので、ミラーレンズでもやりすぎ感が出ず、こなれた雰囲気になるのも喜ばしい。少しひねりを加えたウェイファーラーを購入したい方は、ぜひ、チェックしてほしい1本だ。

 

詳細・購入はこちら

レイバン ウェイファーラー おすすめモデル⑤「インパクト抜群!ウェイファーラー フォールディング グラディエント」

丸みのあるスクエアシェイプデザインを落とし込んだ「ウェイファーラー フォールディング グラディエント」。定番に比べ大きめのフレームで、インパクトのあるデザインに仕上げたモデルだ。一部にスチールを使用、ブリッジとテンプル部分にはラバーを採用し、さりげない異素材ミックスが他のモデルにはないフォールディングならではのデザイン。ブラウンカラーのフレームには、絶妙な濃淡を施し、シンプルなコーデのアクセントとしても最適だ。折り畳み可能で、持ち運びも楽々なので、ちょっとした外出にも◎ レンズは、シンプルなソリッドレンズ、男らしい雰囲気を醸し出せるグラデーションレンズ、ホリデー気分を盛り上げてくれるミラーレンズの3カラーを展開。ぜひ、自分にぴったりの1本に仕上げてみてほしい。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する