夏 スーツ 着こなし特集!生地や色の選び方からトレンド、注目のメンズコーデ、おすすめブランドまでを一挙紹介

Share

夏にスーツをスマートに着こなすなら、アイテムチョイスと着こなし方が重要。今回はそんな「夏のスーツスタイル」にフォーカスして、注目の着こなしテクニックや生地素材の種類、おすすめアイテムを一挙紹介!

スポンサーリンク

夏のスーツスタイルは「色味」と「質感」で差をつける!

スーツに使用される生地は、天然繊維の王道であるウールから化学繊維を使用したナイロンまで、様々な種類が存在する。そんな幅広い選択肢から夏シーズンに最適なスーツをチョイスするポイントは、ズバリ「色味」と「質感」と言えるだろう。色味で視覚的な清涼感を演出し、涼しげな生地の質感で快適な着心地を獲得すれば、夏のスーツの着こなしも爽やかで洒脱な装いにキマること間違いなしだ。

夏スーツを探す

夏に最適なスーツとは?

日差しが強さと気温の高さだけでなく、湿度も高くてさらなる不快感を煽る日本の夏に最適なスーツとは、通気性が良くサラッとした肌触りで生地が柔らかく軽量なモノ。ドレスやフォーマル、クールビズ向きの生地としては、吸湿性と放湿性に優れドレープ性がありカラダのラインにフィットして見栄えがいい強撚糸を使ったサマーウールが最適とされ、カジュアルな着こなしにも振り幅を持たせるならリネンやコットン、シアサッカーも有力な選択肢だ。もちろん仕立てもジャケットの背中の裏地のない“背抜き”であることが大前提で、吸汗速乾性や遮熱性、いつでも自宅で洗えるウォッシャブルの機能があれば申し分ない。

夏スーツの定番素材①「リネン」

軽量で通気性に優れナチュラルな風合いが特徴のリネンは、夏用スーツ生地の定番素材。織りの目が詰まっていないためサラリとしていて着心地が良く、他素材と比べて非常に軽いことから夏の不快感を減らしてくれる優秀な夏生地だ。生成り独特のアーシーな色味もコロニアルな時代の気分とマッチして、昨今注目度が高まっている。他の生地と比べてシワになりやすいためリネンスーツをビジネスで着用する際は、コットンやウールとのブレンド素材、シワになりづらいリネン混を選ぶことが望ましい。

リネンスーツを探す

夏スーツの定番素材②「サマーウール」

春夏向きに織られたサマーウールは軽量で通気性が良く、夏のビジネススーツ生地の王道。トロピカルウールと呼ばれることも。カジュアルな印象になりがちな他の夏用スーツでは得難い、エレガントで洗練されたルックスが魅力で、夏の紳士服地としてドレスやフォーマルシーンで広く用いられている。海外で“フレスコウールスーツ(fresco wool suits)”と呼ばれている夏用スーツは強撚糸を使ったサマーウールスーツを指し、“FRESCO”という言葉は“FRESH”を意味するイタリア語の“Affresco”に由来。

サマーウールスーツを探す

夏スーツの定番素材③「コットン」

風通しがよく暑い時期でもサラリとした肌触りで快適に着こなすことができ、吸水性が高いので汗をかいてもすぐに吸い込んでくれるコットン素材。ウールやリネンよりも繊維そのものは柔らかいが、熱に強く生地の強度が高いため洗濯やアイロンがけなど手入れがしやすいのもコットンの大きな特徴だ。さらに他の素材に比べ生地が安価で、仕立てるのに比較的手間がかからないこともあり、ビジネスからカジュアルまで対応できる汎用性の高いスーツをリーズナブルな価格で手に入れられるのも嬉しい。

コットンスーツを探す

夏スーツの定番素材④「ソラーロ」

日本ではまだまだ馴染みが薄い「ソラーロ」。亜熱帯地域で活動する英国兵士の肌を強い紫外線から守るために開発されたものであり、光のあたり具合によって玉虫のように見える色が変わる、不思議な生地だ。紫外線を反射するための実用的な素材であったが、現在では色気漂うこなれた生地として、イタリアを筆頭に夏スーツの素材として人気を集めている。最近では既製品でもソラーロのスーツを提案するブランドが出てきたりと少しづつ裾野を広げているため、気になる方はソラーロにチャレンジしてみては?

ソラーロのスーツを探す

【関連記事】夏スーツに最適な生地とは?おすすめブランドも併せて紹介

ジメッとしたイヤな暑さの夏でも、業種やシーンによってはスーツを着ないといけない場...
2/26GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する