メンズ手袋おすすめ特集!

レザーグローブメンズ

寒い冬に欠かせないメンズファッション小物といえば「手袋」。多くのアイテムの中でもモノによる良し悪しがハッキリするカテゴリでもある。今回は、こだわる男に選ばれるグローブにフォーカスして注目のモデルを紹介!

スポンサーリンク

デンツ(DENTSU)のレザーグローブ

「007も愛用するブランド”デンツ”」
創業1777年に英国で創業の由緒正しきグローブブランドといえばデンツ。値は張るものの、熟練の職人が32工程を通じて丹念に仕上げているのでフィット感や革の質感は存在感抜群。表地にはキメの細やかさ、柔らかさが魅力の素材であるヘアシープ、裏地にはカシミアを贅沢に使用している。007スカイフォールにてダニエルクレイグ扮するジェームズボンドがデンツのグローブを「スカイフォール」「スペクター」において着用したことはよく知られた事実だ。

81dxvw-azl-_ul1500_

詳細・購入はこちら

Madova ゴートスウェード・エレガントグローブ

「フランス仕込みのエレガントさが特徴のイタリアレザーグローブブランド」
1919年、イタリアのフィレンツェに創業以来、一貫してグローブづくりを行なってきた老舗「マドヴァ」のレザーグローブといえばエレガントで色気のある雰囲気が魅力だ。そしてマドヴァといえば、高級靴にもよく使われるゴートレザー(山羊革)の裏地を起毛させたスウェードを使用した手袋。しっとりとした風合いにマッチする品のある発色が特徴。指のまわりにあしらわれるステッチが外側から見えるアウトサイドシーム仕上げで、ステッチ糸のカラーがさり気ないアクセントに。また、縫い目が手に当たらない快適な仕様も嬉しい。手首にはフィット感を高めるスナップボタンが付き、ライニングにはカシミヤにウールとシルクをそれぞれブレンドした素材を用いている。イタリアブランドにあって際立った優雅な雰囲気をまとっているのは、創業者のアメディオ・ドニーニ氏がフランスで手袋の製造技術を学んだことに無関係ではないはず。

(マドヴァ) Madova ゴートスウェード・エレガントグローブ

詳細・購入はこちら

MADOVA(マドヴァ)「フランス仕込みの優雅さ」

非常に滑らかな肌触りのシルクライニングを備えたグローブ。柔らかなナッパレザー(羊革)が指先にフィットし、ジャケットやコートの雰囲気にマッチします。指先に嵌めるだけでなく、胸ポケットにチーフ感覚で挿し込むといった使い方も楽しめます。タン、ワイン、ネイビーの3色をご用意しました。

71dobdv-ril-_ul1000_

詳細・購入はこちら

ピッティで見かけるチェスターコートへのグローブ挿しをするならナッパレザーの手袋が定番だ。縫い目を外に露出させたアウトシーム仕立てならコートに負けないポケットチーフライクな存在感を発揮してくれるはず。

コートにレザーグローブメンズ

ポケットチーフと同じく、タイと色を揃えるとよりすっきりまとまる。写真のようにブラウン系のネクタイにはブラウン、ネイビーやブラック、グレーのタイにはブラックが合わせやすい。

グローブをポケットチーフとして使うstyle

メローラ(Merola)のナパレザーインナーステッチグローブ

「映画にも数多く登場。クラシコイタリアの老舗の放つミニマルデザインの手袋」
1870年ナポリにて創業した「Merola」はグローブとネクタイに定評のある、クラシコイタリア老舗ブランド。古くはローマの休日、タイタニックなど、その他数多くのハリウッド映画でも度々使用されてきたことで知られる。そして実はメンズファッション界の重鎮であった落合正勝氏も絶賛するブランドだ。縫い目が外に露出しないインナーステッチをはじめ全体的にミニマルなデザインにまとまっているので、TPOを問わず活躍してくれそうなのも嬉しい。

MEROLA(メローラ)メンズ手袋 ナパレザー(カシミア)

詳細・購入はこちら

CHESTER JEFFERIES(チェスタージェフリー) グローブ

「着用状態でスマホ操作できる!」
1973年にイギリス西部のギリンガムで設立された「チェスタージェフリー」といえば、100%をイギリスで生産する希少なレザーグローブブランドだ。革の選定をはじめ、カッティング、縫製と、経験と技術を重ね、熟練した職人がレザーグローブを生産。英国王室、英国軍や警察、衛兵などにも供給され、映画「タイタニック」や「ロードオブザリング」にも採用されている。
グローブをつけたままスマートフォンが扱えるタッチテックレザー(ブラックカラー)仕様で2トーンタイプのグローブを紹介。英国のPittards社が開発した優れた通気性と撥水性、伸縮性に優れた柔らかいケープスキンを使っており、グリップ性も抜群だ。

81ejnsy2ml-_ul1500_

詳細・購入はこちら

GLOVES(グローブス)の手袋

1980年、メンズとレディースのハイクオリティーな革手袋製品を作ることを目的として設立された「GLOVES(グローブス)」。製品に使われている革はスペシャリストが選んだもの。トラディショナルな羊や山羊革に加え、北アフリカの牡鹿やイギリスのムートンや子牛のヌバックなど、最高のクオリティーにこだわり選定している。これらの素材を使い、インターナショナルデザイナーがデザイン、昔からの職人技術によって仕上げられてた名品。

91j3twxjrl-_ul1500_

詳細・購入はこちら

BEAMS LIGHTS(ビームスライツ)×ハリスツイードの手袋

「ハリスツイードレザーコンビグローブ」
Harris Tweed(ハリスツイード)を使用したメンズグローブ(手袋)。 今では珍しさはなくなったものの、ツイードの中でも比較的丈夫で品質が良いとされているハリスツイードを採用したビームスライツの手袋を紹介。モノトーンのヘリンボーンパターンが英国調のアクセントになりながらもあわせる服を選ばないのが嬉しい。前面には、ハリス・ツイード協会から認められた印であるハリスツイードタグが施されている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-19-22-03

詳細・購入はこちら

ジョンストンズ(Johnstons) カシミアグローブ

「ニット手袋にありがちな野暮ったさを排除!」
1797年にスコットランド北東のエルガンにて創業された老舗ニットブランド「ジョンストンズ」といえば、マフラーやストールが有名だが、一貫製造によるニットに強みを持つだけあり実は手袋も隠れた名品として知られる。指にフィットするタイトなサイズ感とカシミアならではの高級感がポイント。ショートカフつきなので手首の保温性を発揮してくれるのも嬉しい。ニットグローブにありがちな野暮ったい雰囲気は皆無だ。

(ジョンストンズ) JOHNSTONS HAD01001-60[MENS]CASHMERE GLOVES

詳細・購入はこちら

カリデイ(CARIDEI) スムースレザーグローブ

「革の聖地、ナポリの手袋専業ファクトリーの激シブな逸品」
1860年創業以来、手袋だけを作り続けるイタリア・ナポリの有名ファクトリー「カリデイ(CARIDEI)」。熟練職人の技術をベースにトレンドをうまく取り入れたデザインにも定評がある。ライニングは100%ラナウールのニット素材で、高い保温力。

CARIDEI レザーグローブ

詳細・購入はこちら

ALPO(アルポ)のBEAMS PLUS別注のスマホ手袋

「スペイン王室御用達のレザーグローブ」
1903年創業のイタリアの老舗「ALPO(アルポ)」といえば、ナポリ・ポルトラーノ家の手工業から始まり、フィレンツェ・ナポリ・パレルモにショップを開いたことに端を発し、現在はイタリアのコモに拠点を置く高級グローブメーカーだ。プラダ(PRADA)やジル・サンダー(JIL SANDER)等、一流デザイナーブランドの手袋も手掛けていることからも実力は折り紙つきだ。ベルギー王妃やスペイン王室御用達のブランドとしても知らる。

(アルポ)ALPO NAPPA CINTO手袋メンズ

詳細・購入はこちら

ガンコス/コース(GANTIER CAUSSE)のベッカリーグローブ

「フランスの人間国宝一族の放つ最高級手袋」
フランスが世界に誇るグローブブランドといえば、1892年創業のガンコス(GANTIER CAUSSE)に他ならない。実は、GANTIERとはグローブ工房の意でCAUSSE(コース)がブランド名である。かのエルメスのグローブも手掛けており、極上素材を超立体裁断・縫製し、着け心地はもちろん、素材の色艶はアクセサリーとしても存在感を発揮する世界最高峰のグローブメーカーだ。フランスの人間国宝の一族であるCAUSSE家の4代目がオーナーを務めている。現在、従業員数は35人。年間でも作り上げられる数量はごく僅かなので希少性が高いことも男の物欲を刺激する。そんなガンコスから最高峰のラムレザーを使用したレザーグローブを紹介。「グローブとは、第二の皮膚である」その言葉が表す通り、しっとりと手に吸い付くような感触を味わえる。ノーライニングの1枚仕立てであることに加え、立体縫製や手縫いといった伝統技術の為せる技だろう。この上ない着用時の一体感、ぜひ味わってみては?

51ljwsn84zl

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post