手袋メンズ特集!こだわる男に選ばれる秀逸グローブをピックアップ

Share

寒さから手を守ってくれる手袋は、単なる防寒具としてだけでなくファッションアイテムとしておしゃれなものを厳選したい。今回は、手袋の選び方からおすすめのブランド、アイテムを素材別に紹介!

手袋を選ぶ際に見るべきポイントは?

手袋を選ぶポイント①「手に合うサイズ感を把握する」

レザーグローブを購入する際に、迷ってしまうのがサイズ感。フリーサイズで展開しているブランドもあるが、多くの専業ブランドではサイズを分けて販売している。手の長さを測る方法は2通り存在。ひとつ目は、手首の付け根にある横シワ部分から中指の先までの手長を測る方法。もうひとつは、拳の周りをメジャーで測ることで手周りを測る方法だ。それぞれで寸法を計測し、大きいサイズと合う方を選択するのが好ましい。着用した際に、指先に5mm~10mm程度のゆとりがあるものが、適したサイズ感と言われている。

手長

SSサイズ 15cm〜16cm
Sサイズ 16〜17cm
Mサイズ 17cm〜18cm
Lサイズ 18cm〜19cm
LLサイズ 19cm〜20cm

手囲い

SSサイズ 18cm〜19cm
Sサイズ 19cm〜20cm
Mサイズ 20cm〜21cm
Lサイズ 21cm〜22cm
LLサイズ 22cm〜23cm

手袋を選ぶポイント②「自分の用途に合う素材をチョイス!」

手袋に使用されている素材はブランドによって様々だ。レザーにも種類があるため、それぞれの特性を理解した上で自分の納得の行く手袋を選びたい。例えば、ピッティで見かけるチェスターコートへのグローブ挿しをするならナッパレザーの手袋が定番だ。縫い目を外に露出させたアウトシーム仕立てなら、コートに負けないポケットチーフライクな存在感を発揮してくれるはず。

ポケットチーフと同じく、タイと色を揃えるとよりスッキリまとまる。ブラウン系のネクタイにはブラウン、ネイビーやブラック、グレーのタイにはブラックが合わせやすい。

手袋を選ぶポイント③「仕様による表情の違いを理解する」

手袋の仕様の違いによって、与える印象は変化してくる。代表的なのは、手袋の周りが”外側で縫われている”か”内側で縫われている”かの仕様の違いだ。外側で縫われている仕様は、手袋周りにステッチが見えるため、武骨な印象に。一方、内側で縫われている仕様はステッチが隠れるため、スマートな表情に仕上がる。

ライニングの有無も、防寒性を求める場合は重要なファクターだ。ライナーに採用される素材も、天然繊維のウール素材から、化学繊維のポリエステルまで幅広く存在する。中でも上質な手袋には、ライナーにカシミヤを採用されているものが多い。

詳細・購入はこちら

2/8GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する