ハイカットスニーカー メンズ特集!価格帯別に注目アイテムを紹介

Share

スニーカーの一大ジャンルである“ハイカットスニーカー”。オールシーズンに渡って活用できるマストアイテムと言っても過言ではない。今回は「ハイカットスニーカー」にフォーカスして価格帯別に注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

ハイカットスニーカー「1万円未満」

一万円未満で手に入るスニーカーで思い浮かぶモデルといえば、コンバース オールスター などのいわゆる定番アイテムだが、リリースされるモデル数が多いこともあり意外と見逃している脱定番モデルも存在している層の厚い価格帯だ。まず始めは、一万円以下で入手可能なハイカットスニーカー群からピックアップ。

1万円未満のハイカットスニーカー①CONVERSE(コンバース) オールスターHI レザー」

1917年に誕生以来、バージョンアップを繰り返しながらスニーカー定番王者の座を守り続ける“コンバース”オールスターHI。定番といえばキャンバスモデルだが、今回ピックしたのは素材をアレンジしたレザーモデル。カップインソール、耐摩耗仕様のアウトソール、立体成型ヒールパッチに加え、今まで以上に足なじみの良いソフトレザーを採用している。素材が変わると定番モデルも全く異なる顔立ちに。

詳細・購入こちら

1万円未満のハイカットスニーカー②「hummel(ヒュンメル) Slimmer Stadil High Canvas」

スポーツブランドとしては世界屈指の歴史を誇る1923年創業の“ヒュンメル”。アッパーはキャンバスとスエードを使用しているので、履きやすさと耐久性を兼ね備えた仕上がりに。サイドにあしらわれたおなじみのシェブロンラインとタン部分の織りネームがアクセント。アウトソールはラバーを採用しており、ヘリンボーンパターンがポイントに。ハイカットながらスマートな作りで、どんなボトムにも合わせやすいのが魅力的だ。

詳細・購入はこちら

1万円未満のハイカットスニーカー③「SUPERGA(スペルガ) 2795 HI」

1925年にイタリアにてブランド始動以来、ヨーロッパのリゾート地をはじめ世界中で愛される“スペルガ”。同ブランドの看板ハイカットスニーカーとして高い人気を誇るのが、こちらの「2795」だ。定番のローカットモデルと同じくシンプルで無駄のないデザインは踏襲しつつも、周囲とは一線を画すハイカットモデルをチョイスしてみては?

詳細・購入はこちら

【関連記事】ハイカットスニーカー コーデ メンズ特集!ブランド別に注目の着こなし&アイテムを紹介

カジュアルからドレスまで、いまや足元の選択肢から外せないアイテムとなったスニーカ...
2/9GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ