脱定番のメンズハイカットスニーカー特集!

ハイカットスニーカー

スニーカーの一大ジャンルである「ハイカットスニーカー」。男女ともに「1足以上所有している」という方が多い、オールシーズンに渡って活用できるマストアイテムと言っても過言ではないはず。定番アイテムだからこそ「次に入手する1足は少しひねって個性を打ち出したい!」という方も多いのでは?今回は、ほどよく定番をはずしたハイカットスニーカーをピックアップ紹介!

スポンサーリンク

脱定番メンズハイカットスニーカー1「PIOLA FOOTWEAR Iberia Polido」

南米ペルーのオーガニックコットンや野生ゴム、イタリアの皮革など厳選された高品質素材にフランス人デザイナーによるデザインを組み合わせて作り上げるスニーカーが人気のシューズブランド「PIOLA FOOTWEAR(ピオラフットウェア)」。スニーカーとドレスシューズが融合したような洗練された顔立ちが魅力の一足!

[ピオラフットウェア] PIOLA FOOTWEAR スニーカー Iberia Polido Black/Black

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー2「LOUIS LEEMAN Blue Deer Hi-Top」

シューズデザイナーを務めているオランダ出身のLouis Leemanと元VOUGE Japan編集者のErica Pelosiniによるシューズブランド「LOUIS LEEMAN」から、さりげないメタルディテールや上品なブルーの発色が魅力の一足。

[ルイリーマン] LOUIS LEEMAN スニーカー Blue Deer Hi-Top with Gold Metal Accessory

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー3「CONVERSE オールスターHI レザー」

1917年に誕生以来、バージョンアップを繰り返しながらスニーカー定番王者の座を守り続けるコンバースオールスターHIの素材をアレンジしたモデル。カップインソール、耐摩耗仕様のアウトソール、立体成型ヒールパッチに加え、今まで以上に足なじみの良いソフトレザーを採用。素材が変わると定番モデルも全く異なる顔立ちに。

[コンバース] CONVERSE スニーカー LEA オールスター HI

詳細・購入こちら

脱定番メンズハイカットスニーカー4「hummel Slimmer Stadil High Canvas」

スポーツブランドとしては世界屈指ので歴史を誇る1923年創業の「ヒュンメル」。アッパーはキャンバスとスエードを使用しているので、履きやすさと耐久性を兼ね備えた仕上がり。サイドにあしらわれたおなじみのシェブロンラインとタン部分の織りネームがアクセント。アウトソールはラバーを採用しており、ヘリンボーンパターンがポイントに。ハイカットながらスマートな作りで、どんなボトムにも合わせやすいのが魅力。

[ヒュンメル] hummel スニーカー Slimmer Stadil High Canvas

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー5「SUPERGA 2750 HI」

1925年にイタリアにてブランド始動以来、ヨーロッパのリゾート地をはじめ世界中で愛されるスペルガの定番モデル2750のハイカットモデル。定番のローカットモデルと同じくシンプルで無駄のないデザインは踏襲しつつも周囲とは一線を画すハイカットモデルをチョイスしてみては?

[スペルガ] SUPERGA 2750HI

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー6「Admiral MANCHESTER」

1914年に英国海軍の制服のブランドとして創業し、「Admiral=海軍提督の袖章」に由来するブランド名で知られる英国発の老舗シューズブランドから定番ハイカットスニーカー「マンチェスター」。タイトでありながら絶妙なボリューム感を備えたフォルムをベースに、刺しゅうが施されたサイドラインやユニオンジャック柄のタグ、かかと部分のブランドマークなど、こだわりのディテールが満載。アッパーには本革のような質感のフェイクレザーを使用し、お手入れのしやすさはそのままに高級感を演出。

[アドミラル] Admiral スニーカー MANCHESTER

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー7「SPRING COURT」

1936年、フランスで最初にスニーカーを製造したブランド「スプリングコート」から定番のハイカットスニーカー。フレンチオープンテニスのクレーコート用がデザインの原型。他のブランドとはひと違うクラシカルな雰囲気が魅力なだけでなく、8個の空気穴により通気性がよく丸洗い可能なところも嬉しい。ミュージシャン、写真家、デザイナーなどのアーティスト系の人々の愛用者が多い事でも知られている。

[スプリングコート] SPRING COURT スニーカー

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー8「ZESPA Nappa」

Zespaは、フランスの名門アートスクールNationale Superieure d’Arts et Metiers出身のジョナサン・アグリフォグリオ氏と、ジェレミー・アマル氏、フレデリック・ブラス氏により2009年にスタートさせた南フランスのシューズブランド。南フランスが原点となるエスパドリーユを起点として靴作りから始まり、現在では洗練されたメンズのスニーカーをメインにコレクションを展開しています。デザインから生産まで全ての工程をフランス国内に置くことでも知られる。

[ゼスパ] ZESPA スニーカー Nappa

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー9「PRO-Keds ROYAL AMERICA HI」

アメリカの老舗スニーカーブランド「Keds」のプロスポーツ仕様ブランドとして1949年に誕生した「PRO-Keds」からロイヤルアメリカハイ。60年代に多くのNBAスタープレイヤーに愛され、70年代には若者のカルチャーシーンと強く結びついて、アイビーリーガー達のお気に入りとなったことでも知られる。かつては定番オールスターと並ぶ定番だったものの、現在では着用者が少ないことが逆に魅力。

スクリーンショット 2016-08-02 16.12.19

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー10「Pantofola d’Oro PG91」

1886年イタリア中部のアスコリにてサッカースパイクの供給からスタートした「パントフォラ ドーロ」から定番ハイカットモデル「PG91」。アッパーに採用したソフトなカーフレザーは深みのある色合いに仕上がっている。シュータン部はあえて無造作にスポンジを出すことで、ヴィンテージ感を演出。

[パントフォラ・ドーロ] Pantofola d'Oro PG91

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー11「GOLDEN GOOSE FRANCY」

2000年イタリア・ヴェネチア発の最旬ブランド「ゴールデン・グース」からホワイトのレザーボディにシルバーのスターパッチが映えるスニーカーハイカット「FRANCY(フランシー)」。程良いシワ感や汚し、長年履いたかのような着用感がゴールデングースならではのヴィンテージ感を漂わせる一足。サイドに施されたジップディテールによる着脱のしやすさ、内側のパイル地ライニング、両足両サイドの通気口による蒸れ防止性能など痒いところに手が届くディテールも魅力。

(ゴールデングース) GOLDEN GOOSE スニーカー ハイカット WHITE SILVER LEATHER ホワイト FRANCY フランシー GCOU591 G3

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー12「Amb HI CUT SNEAKER」

ハイブリッジインターナショナルのオリジナルシューズブランドとして始動した「Ambassadors By Verginia」が名称変更した「Amb」。抜群の履き心地とラグジュアリーテイストをまとった一足。

[エーエムビー] Amb HI CUT SNEAKER

詳細・購入はこちら

脱定番メンズハイカットスニーカー13「LOSERS SCHOOLER CLASSIC HIGH」

2012年にスタートした東京発のスニーカーブランド「LOSERS」から学校の上履きにインスパイアされたつま先”LONOSE-TOE(ルーノーズ・トゥ)”が印象的なSCHOOLER(スクーラー)シリーズのハイカットモデル。

[ルーザーズ] LOSERS SCHOOLER CLASSIC HIGH

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post