ハイカットスニーカー メンズ特集

スニーカーの一大ジャンルである「ハイカットスニーカー」。オールシーズンに渡って活用できるマストアイテムと言っても過言ではない。今回は”ハイカットスニーカー”にフォーカスして価格帯別に注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

ハイカットスニーカー 「1万円未満」

一万円未満で手に入るスニーカーで思い浮かぶモデルといえば、コンバース オールスター などのいわゆる定番アイテムだが、リリースされるモデル数が多いこともあり意外と見逃している脱定番モデルも存在している層の厚い価格帯だ。まず始めは、一万円以下で入手可能なハイカットスニーカー群からピックアップ。

ハイカットスニーカー メンズCONVERSE オールスターHI レザー」

1917年に誕生以来、バージョンアップを繰り返しながらスニーカー定番王者の座を守り続けるコンバースオールスターHI。キャンバスモデルが定番であり価格も4000円〜1000円以上するモデルも多く幅広い。今回ピックしたのは素材をアレンジしたレザーモデル。カップインソール、耐摩耗仕様のアウトソール、立体成型ヒールパッチに加え、今まで以上に足なじみの良いソフトレザーを採用。素材が変わると定番モデルも全く異なる顔立ちに。

[コンバース] CONVERSE スニーカー LEA オールスター HI

詳細・購入こちら

ハイカットスニーカー メンズ「hummel Slimmer Stadil High Canvas」

スポーツブランドとしては世界屈指の歴史を誇る1923年創業の「ヒュンメル」。アッパーはキャンバスとスエードを使用しているので、履きやすさと耐久性を兼ね備えた仕上がりに。サイドにあしらわれたおなじみのシェブロンラインとタン部分の織りネームがアクセント。アウトソールはラバーを採用しており、ヘリンボーンパターンがポイントに。ハイカットながらスマートな作りで、どんなボトムにも合わせやすいのが魅力的だ。

[ヒュンメル] hummel スニーカー Slimmer Stadil High Canvas

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「SUPERGA 2750 HI」

1925年にイタリアにてブランド始動以来、ヨーロッパのリゾート地をはじめ世界中で愛されるスペルガの定番モデル2750のハイカットモデル。定番のローカットモデルと同じくシンプルで無駄のないデザインは踏襲しつつも、周囲とは一線を画すハイカットモデルをチョイスしてみては?

[スペルガ] SUPERGA 2750HI

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「Admiral MANCHESTER」

1914年に英国海軍の制服ブランドとして創業し、「Admiral=海軍提督の袖章」に由来するブランド名で知られる英国発の老舗シューズブランド「Admiral(アドミラル)」。定番ハイカットスニーカー「マンチェスター」。タイトでありながら絶妙なボリューム感を備えたフォルムをベースに、刺しゅうが施されたサイドラインやユニオンジャック柄のタグ、かかと部分のブランドマークなど、こだわりのディテールが満載。アッパーには本革のような質感のフェイクレザーを使用し、お手入れのしやすさはそのままに高級感を演出。

[アドミラル] Admiral スニーカー MANCHESTER

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「PRO-Keds ROYAL AMERICA HI」

アメリカの老舗スニーカーブランド「Keds」のプロスポーツ仕様ブランドとして1949年に誕生した「PRO-Keds」からロイヤルアメリカハイ。60年代に多くのNBAスタープレイヤーに愛され、70年代には若者のカルチャーシーンと強く結びついて、アイビーリーガー達のお気に入りとなったことでも知られる。かつてはオールスターと並ぶ定番だったものの、現在では着用者が少ないことが逆に魅力に。

スクリーンショット 2016-08-02 16.12.19

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「jack purcell(ジャックパーセル) MID」

 1935年、バドミントンプレイヤーであるジャックパーセル氏が制作に関わりに誕生した「jack purcell(ジャックパーセル)」。ヒールパッチに施されたヒゲのマークとトゥ部分のスマイルマークが特徴。ミッドカットモデルは履き口に綿が詰め込まれており、高いフィット感を実現している。

ハイカットスニーカー メンズ「VANS(バンズ) Basic SK8-Hi」

1978年に「Style 38」として発表されたモデル「SK8-Hi(スケートハイ)」。ジャズストライプを使用したセカンドモデルとしても注目された。足首を覆う高さまで設計する事で、スケーターが最も負傷する足首下が守られるデザインに。「SK8」と表示されるのはスケートのエートの発音が数字の8に似ているためスラングとして採用されている。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー 「1万〜3万円代」

それぞれこだわりを持つスニーカーフリーク達が平均的にスニーカーに掛ける価格帯といえば、1万〜3万円程度が妥当なのではないだろうか。次は、1万〜3万円代のハイカットスニーカーをピックアップ!

ハイカットスニーカー メンズ「adidas(アディダス) STAN SMITH MID」

1965年に初のオールスターテニスシューズとして登場したadidas Originalsの代表モデル「STAN SMITH(スタンスミス)」のミッドカットタイプ。ローカットモデルは多くの人物に履かれているため、あえてミッドカットモデルで個性を演出してみては?

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「NIKE(ナイキ) BLAZER SB PREMIUM SE」

着実にファンを増やしているナイキの「BLAZER(ブレザー)」。プレミアムモデルはヒール部分にレザー素材を採用している。スケートボード用に限らず、ファッションにも取り入れやすい洗練されたシンプルなデザインは重宝すること間違いなし。

NIKE BLAZER SB PREMIUM SE BLACK/GREY

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「SPRING COURT」

1936年、フランスで最初にスニーカーを製造したブランド「スプリングコート」から定番のハイカットスニーカー。フレンチオープンテニスのクレーコート用がデザインの原型だ。他のブランドとはひと違うクラシカルな雰囲気が魅力なだけでなく、8個の空気穴により通気性がよく丸洗い可能なところも嬉しい。ミュージシャン、写真家、デザイナーなどのアーティスト系の人々の愛用者が多い事でも知られている。

[スプリングコート] SPRING COURT スニーカー

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「Amb HI CUT SNEAKER」

ハイブリッジインターナショナルのオリジナルシューズブランドとして始動した「Ambassadors By Verginia」が名称変更した「Amb」。抜群の履き心地とラグジュアリーテイストをまとった一足。

[エーエムビー] Amb HI CUT SNEAKER

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「LOSERS SCHOOLER CLASSIC HIGH」

2012年にスタートした東京発のスニーカーブランド「LOSERS」から学校の上履きにインスパイアされたつま先”LONOSE-TOE(ルーノーズ・トゥ)”が印象的なSCHOOLER(スクーラー)シリーズのハイカットモデル。

[ルーザーズ] LOSERS SCHOOLER CLASSIC HIGH

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「P.F Flyers(ピーエフフライヤー) Made in USA Center Hi」

1933年にBenjamin F. Goodrich社が、インソールの内側に傾斜をつけることで履く人の姿勢を矯正することを可能にするPosture Foundation(ポスチャー・ファンデーション)インソールというアーチサポートシステムを開発したことが起源のスニーカブランド「PF Flyers(ピーエフフライヤー)」。14オンスの厚手のコットンキャンバス生地を使用し、トゥキャップ・ヒールテープ、アイロー、ライニングにまでレザーを採用した高級感あふれるデザインのハイカットスニーカー。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「PATRICK(パトリック) St.PUNCH-H」

1892年、西仏プソージュという村で靴職人であったPatrick Benetau氏が息子達と靴を作り始めたことからスタートしたブランド「PATRICK(パトリック)」から、定番モデル「PUNCH」のハイカットモデルをピックアップ。独特な風合いと柔らかさを持つステアレザーを使用しているため足全体を包み込むような快適な履き心地を実現している。ステアレザーには、薄くて丈夫という特徴も存在するため従来のハイカットモデルに比べて軽量な仕上がりに。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「DIADORA クラシック ハイカット」

イタリアのスポーツブランド「DIADORA(ディアドラ)」。ビンテージ加工によってこなれ感がプラスされたレザーハイカットスニーカー。アッパーにはフルグレインレザーを採用し、スポーティな仕上がりに。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「adidas Originals(アディダス オリジナルス) トップテン ハイ」

世界的な人気ブランド「adidas Originals(アディダス オリジナルス)」。1970年代から1980年代にかけてコートを独占していたバスケットボールシューズの名作TOP TENの復刻モデル。オリジナル同様、トップテンのロゴを配したパッド入りのシュータンに、 柔らかなレザーアッパーなどオリジナルのフォルムを忠実に再現した1足。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「NIKE(ナイキ) エアフォースワン」

ナイキの定番モデルのハイカットスニーカー。シンプルながらハイテクな存在感を放つエアフォースは、セレブから一般まで幅広い層に愛されている。履き口に施されたストラップのディテールは、ラフに外して使用すれば閉めた状態とはまた異なる印象に。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー 「3万円以上」

良い靴は良い場所に連れて行ってくれるという言葉は、スニーカーにも通ずるのかもしれない。スニーカーが好きなメンズなら、プレミアムスニーカーに心惹かれた瞬間を迎えたことは一度や二度では済まないだろう。ラグジュアリースニーカーブランドの台頭や、メゾンブランドによるスニーカーへの注力からも注目度、選択肢の幅ともに申し分ない。

ハイカットスニーカー メンズPIOLA FOOTWEAR Iberia Polido」

南米ペルーのオーガニックコットンや野生ゴム、イタリアの皮革など厳選された高品質素材にフランス人デザイナーによるデザインを組み合わせて作り上げるスニーカーが人気のシューズブランド「PIOLA FOOTWEAR(ピオラフットウェア)」。スニーカーとドレスシューズが融合したような洗練された顔立ちが魅力の一足。

[ピオラフットウェア] PIOLA FOOTWEAR スニーカー Iberia Polido Black/Black

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズLOUIS LEEMAN Blue Deer Hi-Top」

シューズデザイナーを務めているオランダ出身のLouis Leemanと元VOUGE Japan編集者のErica Pelosiniによるシューズブランド「LOUIS LEEMAN(ルイリーマン)」から、さりげないメタルディテールや上品なブルーの発色が魅力の一足をピックアップ。

[ルイリーマン] LOUIS LEEMAN スニーカー Blue Deer Hi-Top with Gold Metal Accessory

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「COMMON PROJECTS (コモンプロジェクト)」

コモン プロジェクトはプラタン・プーパ(Prathan Poopat)氏とフラビオ・ジロラミ(Flavio Girolami)氏がタッグを組んで2004年秋冬シーズンにスタートしたニューヨーク発のフットウェアブランドだ。この上なくシンプルなデザイン、一足ごとに刻印されたシリアルナンバー、上質なレザーが世界中のファッショニスタから注目を浴びている。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズZESPA Nappa」

Zespaは、フランスの名門アートスクールNationale Superieure d’Arts et Metiers出身のジョナサン・アグリフォグリオ氏と、ジェレミー・アマル氏、フレデリック・ブラス氏により2009年にスタートさせた南フランスのシューズブランドだ。南フランスが原点となるエスパドリーユを起点として靴作りから始まり、現在では洗練されたメンズのスニーカーをメインにコレクションを展開。デザインから生産まで全ての工程をフランス国内に置くことでも知られる。

[ゼスパ] ZESPA スニーカー Nappa

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「Pantofola d’Oro PG91」

1886年イタリア中部のアスコリにてサッカースパイクの供給からスタートした「パントフォラ ドーロ」から定番ハイカットモデル「PG91」。アッパーに採用したソフトなカーフレザーは深みのある色合いに仕上がっている。シュータン部はあえて無造作にスポンジを出すことで、ヴィンテージ感を演出。

[パントフォラ・ドーロ] Pantofola d'Oro PG91

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「GOLDEN GOOSE FRANCY」

2000年イタリア・ヴェネチア発の最旬ブランド「ゴールデン・グース」からホワイトのレザーボディにシルバーのスターパッチが映えるスニーカーハイカット「FRANCY(フランシー)」。程良いシワ感や汚し、長年履いたかのような着用感がゴールデングースならではのヴィンテージ感を漂わせる一足。サイドに施されたジップディテールによる着脱のしやすさ、内側のパイル地ライニング、両足両サイドの通気口による蒸れ防止性能など痒いところに手が届くディテールも魅力。

(ゴールデングース) GOLDEN GOOSE スニーカー ハイカット WHITE SILVER LEATHER ホワイト FRANCY フランシー GCOU591 G3

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「Mr.Hare(ミスターヘア) Jack Johnson Special」

Marc Hare氏より創業した近年注目を浴び続けているイギリスのシューズブランド「Mr. Hare(ミスターヘア)」。アッパーにスエードを採用したシックな雰囲気漂うハイカットスニーカー。シュータンにはエクスクラメーションマークの入ったブランドロゴをオン。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「HENDERSON(ヘンダーソン) CHRIS VITELLO」

1932年にGiuseppe Baracco氏が創業したイタリアシューズブランド「HENDERSON(ヘンダーソン)」。アッパー部分からライニングまで上質なカーフレザーを使用し、柔らかく足にフィットする仕様のハイカットスニーカー。革靴のようなエレガントなカッティングやベンチレーションホールの配置が幅広い着こなしにフィットする。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「Philippe Model(フィリップモデル)  Knicks」

2008年にスタートしたイタリアのハンドメイドスニーカーブランド「PHILIPPE MODEL(フィリップモデル)」。独特のデザインと職人によるハンドメイドがウケている。ロゴパッチが特徴的なハイカットレザースニーカー。イタリアでもっともハイレンジで高品質の靴を生産さするリヴィエラ・デル・ブレンタで革のカッティングから組み立て、ウォッシュ加工などきめ細やかな作業を職人一人一人が丁寧に行っているのが特徴だ。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「DIESEL(ディーゼル)  ZIP-ROUND S-NENTISH」

1978年の会社設立以来、デニムとカジュアルファッションの分野をリードし続けるブランド「DIESEL(ディーゼル)」。シンプルなフォルムにジップのディテールが施されたハイカットスニーカー。ジップはサイドから一周するように取り付けられている斬新な仕様。

詳細・購入はこちら

ハイカットスニーカー メンズ「Bruno Bordese(ブルーノボルデーゼ)」

1996年にデザイナーのBruno Bordese氏より発信したイタリアのシューズブランドBruno Bordese(ブルーノボルデーゼ)」。両サイドにジップデザインを施したラグジュアリーな雰囲気漂うハイカットスニーカー。アッパーにはホースレザーを採用している。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post