リュック メンズ特集【ビジネスからカジュアルまでおすすめモデルを厳選!】

Share

メンズバッグの中でも不動の人気を誇る“リュック”。昨今ではビジネススタイルにフィットするデザインも増えてきており、通勤時のバッグにチョイスしているというビジネスマンも多く見かける。今回はビジネスシーンに相応しいデザインからカジュアルモデルまで、大人の男にピッタリの「リュック」にフォーカスして注目のアイテムを紹介!

スポンサーリンク

①「通勤のパートナーに!ビジネススタイルに好適なリュック」

ブリーフケース型でリュックとしても活用できるスリーウェイタイプのビジネスバッグや、スーツでも違和感なくフィットするスタイリッシュなリュックなど、ビジネスマンにぴったりのリュックは多くのブランドから展開されている。ノートパソコンや書類をスマートに収納できるスペースや優れた耐久性などを備えた、働く男にとって優秀なパートナーになり得るリュックを紹介!

ビジネススタイルに好適なリュック①「BRIEFING(ブリーフィング) NEO TRINITY LINER」

1998年に、米国の軍用規格であるミルスペックに準拠した真のミリタリズムを追求し、卓越した機能美を持つラゲージレーベルとしてとして始まった「BRIEFING(ブリーフィング)」。今回は、ブリーフィングの定番であるLINERシリーズからNEO TRINITY LINERをピックアップ。ブリーフケース/バックパック/ショルダーバッグのスリーウェイ仕様で、シーンによって使い分けることができる。また、内部はパソコンや書類をスマートに収納できるよう設計されており、ビジネスマンの優秀なパートナーとして活躍すること間違いなしだ。

詳細・購入はこちら

ビジネススタイルに好適なリュック②「TUMI(トゥミ) ALPHA2 スリーウェイブリーフ」

“高い機能性”と”モダンなデザイン”をコンセプトに掲げたグローバルなライフスタイルブランド「TUMI(トゥミ)」。ビジネスバッグやキャリーバッグをはじめ、カジュアルから小物、ウィメンズなど多岐に渡ってアイテムを展開している。ALPHA2は、ブリーフ/バックパック/メッセンジャーのスリーウェイで使用できるブリーフケース。ラップトップ用の収納スペースや、濡れたものを収納できる撥水ポケットなど様々な機能を備えた、ビジネスシーンにおすすめのバッグだ。

詳細・購入はこちら

ビジネススタイルに好適なリュック③「DSPTCH(ディスパッチ) DAYPACK」

2010年にアメリカ・サンフランシスコで誕生したバッグブランド「DSPTCH(ディスパッチ)」。ミリタリーハードウエアからインスピレーションを受け、カメラストラップメーカーとしてブランドをスタートし、2013年からはバッグやPCケースも手がけるように。そんなディスパッチの人気モデルである「DAYPACK」は、収納性や耐久性などの機能面はもちろん、ファッションスタイルを選ばない汎用性の高さが魅力的なバックパックだ。ストリートスタイルはもちろん、サーフスタイルやジャケットスタイルにも難なくマッチする。

詳細・購入はこちら

2/8GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ