Pコート メンズ 着こなし特集【最新版】

元々は英国海軍が艦上用の軍服として採用していたコートだが、今やファッションアイテムの定番として街中でも見かけるようになった。Pコートのディテールにはそれぞれ意味があり、あのセーラー服との共通点が存在していたことはご存知だろうか。今回は、そんな男心を刺激するエピソードを秘めたPコートの歴史と着こなしを厳選して紹介!

スポンサーリンク

Pコートとは?

19世紀末から英国海軍が艦上用の軍服や漁師たちの間で着用されていたコートだ。中でもフランスのブルターニュ地方の漁師がよく着用していたと言われている。Pはオランダの衣服の「pij jekker」=「ラシャ(ウールの一種)のコート」から由来したもの。派生して「Pea Jaket」と言う言葉が生まれ、現在のPコートという呼び名に至る。その後には「Reefer Jaket」と言われる衣類が現れ、パイロットが着ていたことから「P」=「パイロット」という説も存在。ちなみに、ドイツ語では「Caba」と呼ばれているようだ。

Pコートの定義とは?

Pコートと言っても今や様々なタイプが存在しており、至極クラシックなタイプから変化形までそのバリエーションはチェスターコートを凌ぐほど豊富である。何をもってPコートと呼ぶか理解しておくことで数多あるPコートから、自分好みのPコートを選ぶための視点のひとつになるのではないだろうか。

クラシックなPコートを定義付けるポイントは「素材」「前立て」「襟」「ポケット」「ボタン」の5つだ。船橋や甲板など、海上における厳しい気候条件のもとで海軍の兵士や漁師が耐え忍ぶための工夫がそれぞれのディテールに込められている。

Pコートの定義 1「高密度のウール素材」

一般的なウール素材は柔らかな印象を持つ方も多い。一方、Pコートに使用されるウール素材は「メルトン」という密度の高い、重厚感のある生地を使用している。一度織り上げた生地を縮絨し、織りを隠すようにフェルト加工を施すことで、風などの侵入を防ぎ、防寒機能を向上させているのだ。現在では、コットン素材を使用したPコートなども存在しているが、「メルトン」素材を使用したものがよりクラシックなPコートだと言えるだろう。

Pコートの定義 2「風の侵入を防ぐ前立て」

船上における生活には強風がつきものだ。そのため船上で着用されるPコートにとって、いかに風を防ぐかは重要なファクターであった。Pコートにはダブルブレストにより、風の侵入を防ぐディテールが施されている。また、左右どちらが上前でも前を締められる設計で、どこから風が吹いても対応出来る仕様。クラシックなPコートを探す場合は、前立てのディテールを見て判断するのも有力な選択肢になるだろう。

Pコートの定義 3「集音効果を考慮して設計された衿」

Pコートの始まりはヨーロッパ海軍のセーラーにあり、セーラーのディテールの名残が存在する。セーラーカラーには、甲板上で風や波音、船の騒音の影響によって音声が聞き取りにくい際に、襟を立て集音効果を得るための設計が施されている。Pコートにも、おなじく集音効果を高めるために大きな衿の設計が施されているのだ。アルスターカラーやリーファーカラーと言われる衿に形状は近いが、正式名称は定かではない。大きく襟を立てて着用できるPコートは、クラシックなデザインを採用している言えるだろう。

Pコートの定義 4「機能性の高いマフポケット」

ハンド・ウォーマー・ポケットとも呼ばれ、手を温めることを主眼においた上着の両側から腹部の方に手をいれられるよう作られたポケットの事。円筒形の毛皮でできた手を温める防寒具がマフと呼ばれ、形が似ていることからマフポケットと言われている。手の出入りが快適に行えるように、縦に切り口が入ったデザインがクラシックな仕様だ。箱ポケットのタイプとは、また少し形状が異なるので注意して確認したい。

Pコートの定義 5「英国海軍の名残あるボタン」

海軍の象徴とも言える碇(いかり)の印をあしらったボタンは、Pコートの特徴の1つだ。ボタンに配されたファウルアンカーと言われるこの印は、400年前から続くもの。元々は1588年のアルマダの海戦にて、スペインの無敵艦隊をイングランドが打ち破った時の海軍司令長官ハード・エフィンガム卿の印として知られていた。初期は木製の素材を使用していたが、現在はプラスティックや金属ボタンなど様々なものが使用されている。ブランドが出すPコートには、碇のマークを参考にしたオリジナルデザインを展開しているものも存在する。

Pコートの着こなし紹介

近年ではミリタリーブームの影響もあり、数々のブランドがPコートを提供している。中には形だけを参考にディテールが変更されたものも多数存在し、現在のPコートの定義は幅広い。今回は現代の流行にのっとり、クラシックなPコート以外を使った着こなしも紹介。多くのPコートをチェックした上で、自分が納得出来るアイテムを選びたいところだ。

 Pコート×ジャケパンスタイル

19世紀末からイギリス海軍が艦上用の軍服として着用していた他、フランスはブルターニュ地方の漁師たちにも愛用されるPコート。丈が短いことが多いためクラシックスーツに合わせるのは難しいが、カジュアルなジャケパンスタイルには意外にも馴染む。ネイビーのPコートに、ホワイトパンツをあわせれば、どこか海軍のような洒脱で勇猛な印象をまとう。足元はタッセルローファーで遊びを効かせて。

Tagliatore(タリアトーレ) Pコート Monaco

詳細・購入はこちら

Pコート×ジーンズスタイル

Pコートの襟を立てることで立体感のある首回りを表現したスタイリング。Pコートの特徴であるショート丈を利用したストールのレイヤードテクニックが洒脱な印象を与える。ボトムにはジーンズを合わせながらも、足元にウィングチップシューズをチョイスすることで、締まりのある雰囲気をキープ。

CLOSED(クローズド) クラシック ピーコート

詳細・購入はこちら

Pコート×ネイビーパンツ×外羽根プレーントゥ

ネイビーのPコートにネイビーパンツを合わせたワントーンコーディネート。ソックスまでネイビーで揃えた徹底ぶりがまとまりのある雰囲気を与える。襟をあえて立ててチンストラップのディテールを見せることで、クラシックな仕様をアピールするのもまた一興だ。足元には外羽根プレーントゥを合わせて締まりのある印象に。

Z ZEGNA(ジーゼニア) ピーコート

詳細・購入はこちら

Pコート×黒コーデ

ブラックのメルトン生地で仕立てられたオーソドックスなPコートを主体に、黒アイテムで全身をまとめたコーディネート。随所にチャコールグレーの小物を挟むことで、モード過ぎる印象を回避している。ロールアップして履いたジーンズは、さりげないテーパードがきいたゆとりのあるシルエットをチョイス。

DRESSTERIOR(ドレステリア) ロイヤルメルトン Pコート

詳細・購入はこちら

Pコート×スキニージーンズ×スニーカースタイル

メタルボタンやワッペンのデザイン、重厚感のあるシルエットが特徴のPコートに、スキニージーンズを合わせてYラインを構築。トップスとボトムスのシルエットに強弱をつけることで、メリハリのある表情に仕上がる。足元がスマートに見えるスキニージーンズには、ゴールデングースなどの上質なスニーカーを合わせたい。

AT.P.CO ピーコート

詳細・購入はこちら

Pコート×リブ編みストール×オリーブグリーンセーターコーデ

Pコートのインナーにストールを垂らし巻きでレイヤードすることで、こなれ感を演出したコーディネート。単体で着用しても様になるPコートだが、ストールなどの小物と組み合わせることで、スタイリングのバリエーションは格段と広がるだろう。グレーのスラックスにチャコールグレーのソックスを組み合わせたグラデーションにも注目だ。

FIDELITY(フィデリティー) MEDIUM PEA COAT

詳細・購入はこちら

Pコート×ジーンズ×カットソーの腰巻き

Pコートのフロントは全て閉じ、腰に巻いたカットソーをレイヤードすることで独創的なスタイルを構築。ノークッションで仕上げたジーンズの丈感や上質なレザースニーカーのチョイスによるこなれ感にも注目したい。

ASPESI(アスペジ) クラシック ピーコート

詳細・購入はこちら

Pコート×セーター×デニムスラックススタイル

小ぶりな襟のデザインが特徴的なPコートにリブ編みの切り替えニットを合わせて表情のあるコーディネートに。ボトムには、プリーツが配されたデニスラとスニーカーを合わせて軽快な印象をプラス。それぞれ表情のある素材感のアイテムをチョイスすることで、遊び心を演出している。

TATRAS(タトラス) インナーダウン付きピーコート VOLTURNO

詳細・購入はこちら

Pコート×ストール×チェックパンツスタイル

Pコートにチェックパンツを合わせた温かみのあるスタイリングに、ライトブルーのストールを差し色でセット。ダークトーンが主体になりがちな秋冬のスタイリングだからこそ、小物などのアクセントを上手に活用したい。

Schott(ショット)  日本別注 24oz スリムフィットピーコート

詳細・購入はこちら

Pコート×大判リブスヌードコーデ

大判スヌードの取り入れによって、首回りに立体感を演出したコーディネート。大判スヌードは、首から垂らすだけでもボリューミーなシルエットに仕上がる。グリーンのミラーレンズを取り入れて、差し色によるアクセントをプラス。

SHIPS(シップス) スーパー140’S メルトン ダブル Pコート

詳細・購入はこちら

Pコート×柄ストール×コットンパンツスタイル

ネイビーPコートの襟を立て、巻き込むように柄ストールを合わせることでアクセントをプラス。ストールにもネイビーが配されているため、まとまりの良い印象に。ストールで遊びを取り入れている分、他アイテムで色味を統一させたバランス感覚にも注目だ。

HERNO(ヘルノ) パデッド ピーコート

詳細・購入はこちら

Pコート×ブラックジーンズスタイル

金ボタンや、赤のラインが配されたスポーティなデザインのPコートに、主張の少ないブラックジーンズを合わせてPコートのデザインを際立たせる。インナーにはショールカラーのカーディガンとデニムシャツを着込んでレイヤード。

次のページを見る
ページ:

1

2
FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ