男を上げる不朽の名作「ジョンストンズのストール」

肌寒い季節の首元を温めるマフラーやストールは、防寒具に留まらずファッションアイテムとしても活躍する。肌触りの良さはもちろん、人目にもつくアイテムのため、質の良いものを選びたいところだ。マフラーやストールにこだわる男性ならば、200年以上の歴史を持ち、自社工場による独自性の高い商品を展開するスコットランドの老舗ブランド「ジョンストンズ」は有力な選択肢になるだろう。今回はジョンストンズのストールにフォーカスして、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

ジョンストンズとは?

ジョンストンズといえば、1797年にスコットランド北東のエルガンにて創業された老舗ブランドだ。ジョンストンズ家とハリソン家による家族経営から始まり、英国では珍しい一貫生産工場を持つ。高級生地の製造に加え、ストールなどのアイテムも展開。原毛の厳選から紡績、ウィーピング(機織)、ニッティング(編物)まで一貫して手掛けている。1980年代にはサッチャー首相の訪問、2008年4月には英国王室のチャールズ皇太子の訪問を受け、プリンス・オブ・ウェールズのロイヤルワラントを授かった。英国王室関係者のみならず、世界のセレブから愛されるブランドだ。毛織物の工場から始まったが、現在ではニットウェアの展開を行うなど、老舗ブランドながら挑戦的な姿勢も見て取れる。

ジョンストンズストール
肌寒い季節の首元を温めるマフラーやストールは、防寒具に留まらずファッションアイテ...

自社工場の一貫生産によってコスパの良さを実現したジョンストンズのストール

ジョンストンズは、「最高のモノのみが全て」というコンセプトに基づき、全ての工程に熟練の技術を投入し、信頼のおける品質を実現。スコットランドの自社工場にて「染色」「紡績」「織り」「仕上げ」にいたるまで全ての工程を一貫して行なっている。200年以上を経た現在も、工場に携わる750名もの熟練スタッフが全ての工程を担っているのは驚きだ。

ジョンストンズのコスパ詳細・購入はこちら

創業間もない頃から稼働する「カーディング機」や「アザミ起毛」といった伝統的な工程を残しながらも、新しい設備投資を行うことで小ロット生産などにも柔軟に対応し、クオリティと価格バランスの取れた商品の供給を実現させている。デザイナーズブランドなどの外注生産を行う企業で、ジョンストンズのストールと同じ物を生産する場合、同価格で同クオリティのものを提供するのは不可能と言っても過言では無いだろう。

独自のカシミヤ製造技術が魅力を深める

様々なアイテムの中でも、顔周りを彩るストールはひと際人目に付くアイテム。素材感にこだわることで、与える印象を大きく向上させることができる。ストールでチョイスしたい素材といえば「カシミヤ」だろう。カシミヤは限られた資源であり、ローマ帝国のエリート指導者のみが着用を許された歴史を持つなど、今も昔も高級素材として扱われている。

ジョンストンズのストールカシミヤ

詳細・購入はこちら

ジョンストンズは、門外不出の選別技術を保持していることでも有名だ。通常カシミヤの原毛は選別された状態で販売されるが、ジョンストンズは繊細な下毛のみを厳選するため原毛の状態で購入している。この手間の掛かる作業によって、ジョンストンズのストールでしか味わえない極上の肌触りと表情を実現させているのだ。

大判ストールの1/2サイズなら、ドレススタイルにも絶妙にフィット

ジョンストンズの定番といえば、肩にそのままかけて楽しめる大判サイズのストールだ。カシミヤ100%のしっとりとした手触りの質感が、身体を優しく包みこんでくれる。そんなカシミヤの質感をキープしつつ、かさばり過ぎないコンパクトデザインに編み上げられたモデルを今回はピックアップ。スタイリッシュにまとまるため、スーツなどのドレススタイルにも違和感なくフィットする。

ジョンストンズのストール

様々な巻き方やアレンジが可能な190cm×35cmのベーシックなサイズ感が魅力的。幅70cmの大判ストールと比べて1/2の寸法に幅が設定されているため、二つ折りにしてジャケットの内側にインしたスタイリッシュな着こなしも楽しめる。

ジョンストンズのストールを使用した着こなし

詳細・購入はこちら

バリエーション豊かなラインナップから注目のアイテムをピックアップ!

シンプルスタイルはもとより、差し色としても活躍を期待できる「ソリッドタイプ」

長年飽きの来ないベーシックなソリッドデザインは、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで幅広く活躍を期待できる。色味によっては、差し色としても取り入れられる点も魅力だ。ストールによる差し色は、イタリアの伊達男が昔から活用していたテクニックのひとつとしても知られている。

ジョンストンズのソリッドストール

詳細・購入はこちら

トレンドのブリティッシュテイストを取り入れるなら「ヘリンボーン柄」

ブリティッシュスタイルが注目を集める今シーズン、ジョンストンズのストールは有力な選択肢に。特に、イギリス発祥のツイード生地に多く見られたと言われているヘリンボーンなどの柄アイテムは、ブリティッシュテイストを気軽に演出しやすい。手持ちの定番コートにも違和感なくフィットし、トレンドコンシャスな装いにも仕上がるのでおすすめだ。

ジョンストンズのヘリンボーン詳細・購入はこちら

ジョンストンズの定番「チェック柄」

ジョンストンズの定番といえば、「チェック柄」。中でも、スチュワートチェックやブラックウォッチが人気だ。チェック柄の種類によって、与える印象を変化させることができるのも魅力的。

ジョンストンズのチェック柄

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

PICK UP!

FASHION / PR

真の格好いいに出会えるのはココ!頼れるスタッフがいるショップ「ハケット ロンドン 銀座」

FASHION / PR

軽妙洒脱なビジネスマン御用達「HACKETT LONDON」の最新スーツスタイル

FASHION

春の装いを洒脱にみせる10のアウター紹介!

FASHION / PR

適度なハズしで洒脱にみせる!2018SSのジャケット&スーツスタイルを洗練に導くカギ

FASHION / PR

男の春コーデは、モダンクラシックなベルスタッフでこんなに見違える!

FASHION / PR

今季のスポーツMIXスタイルは「ナイロン×スウェット」の異素材コーデがキーワード!

FASHION / PR

Tシャツの上に羽織れる「秀逸ブルゾン」で春の着こなしを格上げ!

GOODS / PR

クールビズを格上げする12の方法とは?

FASHION / PR

今年の春はどっちを選ぶ?ホワイトジーンズvsブラックジーンズ

FASHION

春コーデ メンズ【2018最新メンズファッション】

FASHION

春服をスタイリッシュに。2018年春のメンズ服を厳選ピック!

FASHION

スニーカーを使った春のメンズコーデ特集

FASHION / PR

2018SSの最旬アイテムでつくる春カジスタイル事例集!

GOODS / PR

【問題】コーヒーをバシャっ!とかぶってもシミ皆無だった最強アイテムはこの中のどれ?

FASHION / PROMOTION

フランス仕込みのモテニットといえば「ルトロワ」でキマり!4つの魅力と旬なコーデを紹介

公式 Instagram スナップ