記事で紹介した商品を購入すると、売上が当媒体に還元されることがあります。

【2024最新】ニットのおしゃれなコーデ術9提案

Share

【2024最新】ニットのおしゃれなコーデ術9提案

今回は2024年に注目したい「ニット コーデ」をテーマに、おしゃれに着こなす術を9つ紹介!

2024最新ニットコーデ術①「ちょっぴりオーバーサイズのニット」でさりげなくファッション感度の高さをアピール

長らく続いたオーバーサイズブームが落ち着き、徐々に適正サイズのシルエットに気分が戻りつつある2024年。ニットはほんのりショルダーラインが落ちる程度の「ちょっぴりオーバーサイズ」をメインに揃えておくと、感度の高いコーディネートを実現しやすい。ボトムスは腰元ゆったりのテーパードか、ワイドストレートシルエットを合わせるのが今の気分。

Street style. Spring/Summer 2024. ZAck Lugo

編集部 橘
オーバーサイズと一口に言っても、ブランドによって基準が異なり「ちょっぴりオーバーサイズ」がどの程度なのかピンと来ない方は多いはず。個人的には肩と袖の切り替え線が三角筋の半分あたりにかかる程度の落ち感がイマっぽく見えるバランスだと考えています。下のスナップのような二の腕の半分まで肩線がくるほどのオーバーサイズは、ひとつのファッションスタイルとしては格好良いと思いますが、イマの時代に万人受けするスタイルではないと思います。

MEN SS 2024 / PARIS / STREET FASHION / PARIS STREET DAY 2 /

ちょいオーバーサイズニットのおすすめ「SOVEREIGN スムース クルーネック ニット」

詳細・購入はこちら

【関連記事】

関連記事 オーバーサイズニットの本命。「山形産の一生モノ級ニット」が秘める6の魅力とは?
オーバーサイズニットの本命。「山形産の一生モノ級ニット」が秘める6の魅力とは?
ニットコーデに「存在感」や「おしゃれ感」を出せるオーバーサイズのニット。とりわけ太い糸で編まれたローゲージのオーバーサイズニットは1枚でコーデが洒脱にキマるため、洒落者がこぞって取り入れている。今回はそんなオーバーサイズのローゲージニットの...
関連記事 オーバーサイズ&BIGシルエットのメンズ着こなしを格上げする11のポイントとは?
オーバーサイズ&BIGシルエットのメンズ着こなしを格上げする11のポイントとは?
ストリートはもとより、ラグジュアリーブランドにおいてもオーバーサイズウェアの提案が広く浸透している昨今。長く続いたストリートトレンドからエレガンスへのシフトが一部で唱えられてはいるが、とりわけメンズスタイルにおいて、オーバーサイズスタイルは...

2024最新ニットコーデ術②最旬カラーの「赤ニット」を無彩色パンツにセット!

2023年からトレンドカラーとして注目されている「赤」。なかでも「赤ニット」は注目されているイットアイテムのひとつで、Googleトレンドで調べると2023年に入ってから人気度の動向が右肩上がりとなっている。2023年12月10日~16日時点では人気度の動向の数値が最大の「100」を記録し、その後も例年以上の数値をキープ。赤色のニットは着こなし難易度の高さを感じるかもしれないが、下のコーディネートのような黒パンツやグレースラックスといった無彩色のパンツと合わせるとスマートにキマるため、ぜひ気になる方は挑戦してみて欲しい。

編集部 橘
ナイキのエア ジョーダン 1、アディダスのインドア用ガゼル、リーボックのポンプフューリーなど、赤色は定番スニーカーのオリジナルカラーに多く採用されています。他にはフレイザータータンやハンティングチェック、バッファローチェックなどの柄も赤色を採用したものが多いです。そんな現代で定番と呼ばれるものの配色を参考に赤ニットのコーデを組んでみるのも面白いですね。

赤ニットのおすすめ「GENTLEMAN PROJECTS ザ ウースター セーター」

詳細・購入はこちら

【関連記事】

関連記事 最旬の赤コーデがお洒落なメンズの共通点は?
最旬の赤コーデがお洒落なメンズの共通点は?
2023年のトレンドカラーとして注目されている「赤」。存在感のある色味のため、取り入れ方によっては派手すぎてお洒落とは言えない見た目になってしまうことも。今回は赤コーデがお洒落な人の共通点を紹介しながら参考にしたいコーディネートを紹介! ...

 

2024最新ニットコーデ術③ジャケット感覚で着られるカーディガンで差別化

Tシャツの上に羽織るアウターとして使いやすい「カーディガン」。なかでもラペル付きデザインを採用したジャケット感覚で着用できるカーディガンは、ドレスカジュアルの着こなしが浸透した現代を生きる大人の男性にこそ所有をおすすめしたい。ニット製品ならではのドレスアイテムと馴染みの良い品を備えながら、現代的なリラックス感のあるカジュアルコーデとの相性もバツグン。007のジェームズ・ボンドのような成熟した大人の魅力が際立つメンズコーデがお好みなら、ショールカラータイプのジャケット型カーディガンが狙い目だ。

モデル着用ニットの詳細はこちら

ベーシックデザインのカーディガンなら、コーデ術①で紹介したような「ちょっぴりオーバーサイズ」をチョイスするとジャケット感覚で使いやすい。滑らかな光沢のある表情が魅力のハイゲージなら、ジャケットのインナーにもフィット。目立つ存在では無いものの、スタイリングの幅を広げる“陰の立役者”的なポジションを担うキーアイテムとして重宝することうけあいだ。

モデル着用ニットの詳細はこちら

【関連記事】

関連記事 春のカーディガン コーデ特集!リモートワークやビジカジの参考となるメンズ着こなし紹介
春のカーディガン コーデ特集!リモートワークやビジカジの参考となるメンズ着こなし紹介
ジャケット感覚で気軽に羽織れ、朝晩と日中の気温差が著しい春に最適なカーディガン。上品でキレイめなこなしがサマになるためオフカジュアルだけでなくビジネスカジュアルアイテムとしても重宝し、ニューノーマル時代のリモートワークにも使えるとビジネスパ...

2024最新ニットコーデ術④まるで洗練チルデンニット!コーデにさりげないヒネリを効かせる「幅広Vネックセーター」

今年はベーシックとは少し違うヒネリを効かせたセーターをお探しという方には、襟幅をワイドに仕上げたVネックのセーターをおすすめしたい。チルデンニットを彷彿とさせる仕様ながら、同色で洗練された雰囲気に仕上がっているため、野暮ったさは一切なし。前下がりの深さが控えめなVネックなら、Tシャツとの重ね着から単体使いまで幅広い着こなしを楽しめる。

モデル着用のニットの詳細はこちら

編集部 橘
チルデンニットやホッケーシャツなどのVネックトップスは、トレンドの波としては大きくは無いものの高感度な洒落者の間で注目を集めているアイテムのひとつ。丸首のセーターとは異なる表情にコーデが仕上がるのはもちろん、ネックレスを組み合わせて色気を醸したり、なかにクルーネックTシャツを仕込んで抜け感を演出するなど、あらゆる着こなし方を楽しめるのが注目されているひとつの理由だと考えています。

2024最新ニットコーデ術⑤「ケーブルニット」でコーデの印象を一新

ニット単体でコーディネートの印象を一新するなら「ケーブルニット」が有力な選択肢に。手編みで丁寧に編まれたオーセンティックなデザインも良し、オリジナルの編み柄でケーブル編みニットの印象を一新したデザイン性の高いセーターを選ぶのも良いだろう。ケーブルニットの定番カラーといえば生成りがかったオフホワイトだが、シティ感のある印象にコーデをまとめたいならブラックやチャコールといったダークトーンが最右翼に。

モデル着用のニットの詳細はこちら

編集部 橘
古着屋に置いてあるようなオーセンティックなフィッシャーマンニットは単体でみると価格がこなれていて魅力的に感じますが、いざ着てみるとアームが太すぎて着こなしが野暮ったくみえたり、重たくて着心地が悪かったりなど、どこか惜しいモノが多い印象です。実際に購入しても、結局あまり着用せずにクローゼットの肥やしになってしまっては勿体無い。ケーブルニットは着るだけで存在感がコーデに生まれ、流行に左右されにくく長く着続けられるアイテムなので、少し予算を掛けてでも信頼のあるブランドが展開する現代的にモダナイズされたものを選ぶのがおすすめです。

【関連記事】

関連記事 ケーブルニットのメンズ着こなし術とは?注目のコーデ&おすすめブランドを紹介
ケーブルニットのメンズ着こなし術とは?注目のコーデ&おすすめブランドを紹介
ニットといえば春秋冬のワードローブの筆頭アイテム。なかでもケーブルニットは伝統的な歴史のあるイメージが強く定着しており、高いデザイン性を備えながら流行に左右されず長年の活躍を期待できる。今回はそんな「ケーブルニット」の着こなし術やおすすめブ...

2024最新ニットコーデ術⑥春アウターの新候補「ニットブルゾン」を選択肢に加える

ニットを春アウターとして取り入れてみる選択肢を提案。「セーター」「カーディガン」といった定番の型とは一味違うアウターデザインのニットウェアをチョイスすることで、周りと差別化したコーディネートを実現できる。例えば、度目を極限まで詰めて編むことで、アウター相応の厚みを出したこちらのニットブルゾン。しっかりと襟が立ち上がるほどハリコシがあるため、Tシャツの上に羽織るだけで存在感のある春コーデが完成する。またこの手のニット製アウターはシワになりにくいため、昼間の気温が高い時は手に持って運び、夕方の気温が下がるときには羽織るという使い方もしやすい。

モデル着用のニットの詳細はこちら

2024最新ニットコーデ術⑦「アーガイル柄ニット」でシンプルコーデのマンネリ打破

今年、大人がニットの着こなしにアクセントを足すならアーガイル柄入りニットのチョイスを推奨したい。アーガイル柄は、スコットランドのアーガイル地方が起源で、タータンチェックから派生して生まれた柄と言われている。着こなしに取り入れると、英国紳士を彷彿とさせる知的な雰囲気を演出可能だ。LOEWEの春夏コレクションではアーガイル柄を採用したニットウェアを展開されており、ファッション感度の高い層から注目されている。

Street style. Spring/Summer 2024. Josh O’Connor

編集部 橘
アーガイル柄は、1923年に設立されたアメリカの繊維会社バーリントン・インダストリーズ社のコーポレートアイデンティティとして起用されていた歴史があります。そんな背景からか、個人的にアーガイルニットはコーデに取り入れるとイギリスとアメリカ両者の“らしさ”がただよう気がします。以上の歴史的な背景を意識しながら、コーデを組んでみるのも面白いのではないでしょうか。例えば、チャーチのようなイギリスらしいコバの飛び出した重厚感のある革靴にリーバイスのUSA製ジーンズを穿き、トップスはアーガイル柄ニットを主役に据えてまとめるなど。少しマニアックで三枚目的な着こなしになりますが、成功すればファッション上級者が唸るオリジナリティあふれる着こなしが実現できます。

アーガイルニットのおすすめ「glamb ジェスタープルオーバーニット」

詳細・購入はこちら

 

2024最新ニットコーデ術⑧大人顔に決まるポロシャツ型の「襟付きニット」で差別化

ほんのりレトロな雰囲気を着こなしにプラスできるポロシャツ型の襟付きニットは、単体使いはもちろんアウターのインナー使いにも最適。鹿の子生地を使った一般的なポロシャツほどスポーティ過ぎず、丸首のセーターとは一味違うスタイルを打ち出せる。春夏シーズンに使うなら半袖、夏以外の3シーズン長く使うなら長袖タイプを選ぶのがおすすめだ。

Street style. Spring/Summer 2024. Mergim Shabani

襟付きニットのおすすめ「OUR LEGACY リブニット セーター」

詳細・購入はこちら

 

2024最新ニットコーデ術⑨スタイリッシュに着こなしがまとまる「ドライバーズニット」

トラックの運転手が着用していたニットが由来のドライバーズニットは、徐々に定番としての地位を確立しつつあるニットウェアの一種だ。車中でも使いやすいようにダブルジップ仕様が採用されたフロントのファスナーや防寒性の高い立ち襟、動きを妨げないようポケットや余計な装飾を極限まで省いた洗練デザインが特徴。現代では「メゾン マルジェラ」の定番アイテムとして広く知られているため、着こなしに取り入れるとモードな雰囲気を感じる。シルエットが縦長に見えやすいため、パンツはストレートやテーパード型が好相性。

モデル着用のニットの詳細はこちら

【関連記事】

関連記事 ドライバーズニットの魅力 &1着目の購入におすすめのモデルを紹介!
ドライバーズニットの魅力 &1着目の購入におすすめのモデルを紹介!
洗練されたデザインでモードからカジュアルまで幅広いスタイルにフィットするジップアップニットの鉄板「ドライバーズニット」。今回はドライバーズニットの特徴や魅力、1着目におすすめのモデルを紹介! ドライバーズニットはスタンドカラー&ダ...

この記事の著者

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する