秋冬スタイルにベストな選択を!”8万円以下”のコート特集

冬が訪れて本格的に寒さが厳しくなる中、アウターにコートを探しているという方もまだまだ多いはず。一口にコートと言っても、値段とそれに見合った質はピンからキリまで、自分が求める最高の一着を見つけるのも一苦労だ。今回は「8万円以下のコート」にフォーカスして、秋冬スタイルにベストなアイテムをピックアップ!(※2017年12月1日時点のリンク先サイトの販売価格を基準に)

スポンサーリンク

PALTO(パルト) ステンカラーコート

オーバーコートの意味を持つ中世英語の”PALTOK”、フランス語の”PALETOT”からブランド名をとった「PALTO(パルト)」。ハイセンスなコートを展開するイタリアのアウターウェアブランドとして現在大きな注目を集めており、そのスタイルやデザイン、優れた素材、生産技術はコート業界に新たな風を巻き起こしている。そんなパルトから紹介するのはスタイリッシュなステンカラーコート。ネイビーのタータンチェック柄が配された生地は、独特の光沢ある表情が上品な印象を与えてくれる。

詳細・購入はこちら

BOGLIOLI(ボリオリ) バルカラーコート

サルトリア(仕立て屋)として「モダンとクラシック」をコンセプトに掲げた、100年以上の歴史を持つブランド「BOGLIOLI(ボリオリ)」。ナポリスタイルのサルトリアーナマインドを継承することに重きを置いており、高度なアンコンストラクチャーに合う素材と製品開発にこだわったアイテムを展開している。ボリオリが手がけるバルカラーコートは、ドロップショルダーのディテールを採用した気張らないデザイン。メルトン調のナイロンミックスウールを使用した生地がハリのある表情を演出している。

詳細・購入はこちら

TAGLIATORE(タリアトーレ) チェスターコート

1960年代に創業したLERARIO(レラリオ)社のサポートの元、二代目Pino Lerario(ピーノ・レラリオ)氏が1998年に立ち上げた「TAGLIATORE(タリアトーレ)」。タリアトーレとはイタリア語で”裁断士”を意味し、ピーノ氏の祖父のニックネームに由来する。ウエスト部分を大胆に絞ったシルエットが特徴的で、ラペルチェーンやボタンなどの細部にもこだわりを見せるオリジナリティに溢れたブランドだ。そんなタリアトーレらしさが現れたシルエットが魅力のチェスターコートをピックアップ。太いストライプが特徴的なデザインでも、シルエットとブルーの色使いでスタイリッシュな印象に仕上がっている。

詳細・購入はこちら

TAGLIATORE(タリアトーレ) バルカラーコート

「TAGLIATORE(タリアトーレ)」が手がけるバルカラーコートをピックアップ。グレンチェック柄が施されたデザインが英国テイストを感じさせる、クラシックな仕上がりに。

詳細・購入はこちら

ASPESI(アスペジ) MILLENIUM MAN ダウンコート

イタリア・ミラノを代表するトータルファッションブランド「ASPESI(アスペジ)」。シャツメーカーとしてスタートした後、創業者のアルベルト・アスペジ氏のアイデアを落とし込んだ様々なアイテムを発表。ベーシックかつ機能、素材にこだわった服を提供するブランドとして多くの人に愛されている。そんなアスペジが展開するMILLENIUM MANは、ビジネススタイルからカジュアルまで幅広い活躍が期待できるダウンコートだ。中綿にはダウンとフェザーがミックスされているため防寒性に優れているのはもちろんのこと、形状記憶や防シワ、撥水など様々な機能性を備えたファブリックを使用したハイパフォーマンスコートになっている。

詳細・購入はこちら

ASPESI(アスペジ) ステンカラーダウンコート

ラグランスリーブを採用したデザインとダウンの質感がスポーティーな印象を与える、「ASPESI(アスペジ)」のステンカラーダウンコートをピックアップ。王道のステンカラーコートをベースにハイテクファブリックでコンテンポラリーに仕上げた一着になっている。小ぶりに設定された襟はスタンドカラーとしてアレンジも可能だ。

詳細・購入はこちら

Traditional Weatherwear(トラディショナルウェザーウェア) CHRYSTON/クリストン

アウターウェアを中心に英国の伝統と今の気分を感じさせるコレクションを展開する王道ブランド「Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)」。ゴム引きコートブランドとして有名なマッキントッシュ社のファミリーブランドであり、「1着あれば冬が乗り切れる」と言っても過言ではないほど魅力的なラインナップを展開している。「CHRYSTON(クリストン)」は、ハリ感のあるウールボンディングを採用したトラディショナルウェザーウェアのベストセラーであるAラインフーデッドコートだ。透湿防水フィルムをボンディングし、撥水加工を施してあるため、レインコートとして使うことも可能。デタッチャブルのライナーが付属しているので3シーズンにわたって着用できるという嬉しいメリットも。

商品詳細はこちら

UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサル ランゲージ) ピークドラペルチェスターコート

「UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ)」は「世界共通語」を意味する名前に、世代や性別、国境、人種という垣根を越えた、世界に通用するファッションを提供したいという思いを込めた新しい大人のストアブランドだ。アイテムをセレクトするだけでなく、デザインはもちろん、素材や縫製にこだわったオリジナルアイテムや、海外のセレクトショップやデザイナーとのコラボアイテムを数多く展開している。そんなユニバーサルランゲージが展開するチェスターコートは、ウールをベースにアルパカやモヘア、シルクなどをブレンドした、ソフトで暖かみのある生地が魅力の一着だ。膝上丈でピークドラペルが採用されたデザインはクラシックな装いにも良く馴染み、シャープでドレッシーな雰囲気を漂わせる。

商品詳細はこちら

Hevo(イーヴォ) チェスターコート

「Hevo(イーヴォ)」は2010年に創業した、コート・アウター専業のブランド。ブランド名の「Hevo」は、進化・発展を意味する”evolution”と感性や感情を意味する”evocation”を掛け合わせた造語。ビスポークの品質を現代的なスタイルに融合した新時代のウェアを生み出している。そんなイーヴォが手がけるチェスターコートは、斜めに走ったバイアスストライプとピークドラペルのデザインが華やかな印象に。ラペルのストライプが左右で逆向きになっている、遊び心のきいたディテールも注目したいポイントだ。

詳細・購入はこちら

Hevo(イーヴォ) ステンカラーコート

「Hevo(イーヴォ)」が手がけるステンカラーコートは、絶妙なクタ感と洗い加工が施された質感が独特な風合いに。フロントボタンはブラックのものを採用することでシックな印象に仕上がっている。

詳細・購入はこちら

eleventy(イレブンティ) チェスターコート

2007年に、マルコ・バルダッサーリ氏とパオロ・ズンティーニ氏の2人のデザイナーによって設立されたファッションブランド「eleventy(イレブンティ)」。ファクトリーブランドのエージェント業を務めていた2人は、自分たちの趣向に合うようなスポーツウェアのブランドがないと感じるように。自らの経験をもとにスポーツウェアブランドを作れるのではないかと考え、ブランドをスタートさせた。

詳細・購入はこちら

eleventy(イレブンティ) Pコート

「eleventy(イレブンティ)」のPコートをピックアップ。メルトン生地の質感がハリのある表情を演出している。もともと海軍のセーラー服であったPコートだが、斜めに入ったポケットの切り口やデザインのないシンプルなボタンを採用するなど、よりカジュアルなPコートに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

L.B.M.1911(エルビーエム) チェスターコート

1911年にマントバで創業されたイタリアで最も古い老舗ファクトリー「ルビアム社」が、次世代に向けたスポーツカジュアルラインとしてスタートした「L.B.M.1911(エルビーエム)」。イタリアで最も古いファクトリーブランドと言われており、スポーツラインながらもトラウザーズやシャツ、セーターからバッグや靴までも手がけるトータルルックなコレクションを展開している。そんなエルビーエムが手がけるチェスターコートは、カジュアルはもちろん、ビジネスシーンでも活躍が期待できる一着。太めのラペルやダブルブレストのディテールが、トレンドコンシャスなクラシックテイストに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドレ マテュッシ) チェスターコート

「AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテュッシ)」は、「Dior(ディオール)」、「Givenchy(ジバンシィ)」、「Marc Jacobs(マーク ジェイコブス)」などのメンズウェア部門でキャリアを積んだデザイナーAlexandre Mattiussi(アレクサンドル マテュッシ)によって2011年に設立されたブランドだ。そんなアミ アレクサンドレ マテュッシのコートを紹介。バージンウールを使用した、やや光沢のある質感が上品な雰囲気を漂わせるチェスターコート。斜めに入ったさりげない織り柄のストライプがスタイリッシュなデザインに。

詳細・購入はこちら

BOSS HUGO BOSS(ボス ヒューゴボス) TASK2

1924年にドイツのファッションデザイナーであるHugo Ferdinand Bossが、両親の営んでいた婦人用商店を引き継ぎ、”Schneiderei Hugo Boss(仕立て屋ボスの意)”服飾工場を立ち上げたことが始まりのラグジュアリーメンズファッションブランド。「TASK2」と名付けられたステンカラーコートは、カシミヤがブレンドされたウールメルトンを使用した上品な一着。ボックス型のIラインシルエットが特徴で、肩やアームをゆとりのあるフィット感に設定し、厚手のインナーやセットアップに羽織ることを想定した作りになっている。

詳細・購入はこちら

BARENA(バレナ) Senser TV Formentera シングルコート

イタリア発のコンテンポラリーメンズウェアレーベル「BARENA(バレナ)」。由緒あるヴェネチアの毛織工場で、伝統製法の生地を用いてクラシックなアイテムを展開している。モダンなスタイルと最高級のクオリティが調和する絶妙なバランスが特徴のブランドだ。ウエスト部分にダーツ加工が施されたチェスターコートは、バレナならではの現代的で美しいシルエットに仕上がっている。特徴的なパッチポケットはポップなアクセントに。

詳細・購入はこちら

T-JK(ティージャケット) ステンカラーコート

イタリアの高級紳士服ブランドであるTONELLOが、Tシャツのような軽さと気軽さを持つジャケットを作ろうと新しくスタートした新進気鋭のブランド「T-JK(ティージャケット)」。テーラードをベースとしながらも、より軽くてカジュアルなアイテムをリーズナブルな価格で展開している。ティージャケットのステンカラーコートはブランドらしさが反映された、どんなスタイルでもさらりと羽織れるようなステンカラーコート。オンオフ両用で活躍が期待できる一着だ。

詳細・購入はこちら

ESTNATION(エストネーション) ベルテッドコート

オンオフに関わらず様々なシーンで着たくなる服を楽しんで買い物できるストアを作りたいという思いから、2001年に東京・有楽町でスタートしたセレクトショップ「ESTNATION(エストネーション)」。そんなエストネーションがオリジナルアイテムとして展開するコートをピックアップ。ベルテッドデザインがエレガントな表情を演出。また、アンゴラを100%使用した生地はソフトで心地よい肌触りを実現している。

詳細・購入はこちら

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ) チェスターフィールドコート

「UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)」は上品な大人のカジュアルを提案する日本のセレクトショップ。1989年の創業以来、多くのブランドのセレクトをはじめ、ヴィンテージやオリジナルアイテムも展開している。そんなユナイテッドアローズが展開するチェスターコートはウエストが非常にタイトなスタイリッシュシルエットを採用。スマートな印象に仕上がっており、ビジネスシーンでの活躍が大いに期待できる大人のチェスターコートだ。

詳細・購入はこちら

POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン) チェスターコート

言わずと知れた、アメリカが誇るカジュアルファッションブランド「POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン)」。スポーティーな要素を取り入れたクラシックなスタイルを得意としており、ファッションのみならず独自のライフスタイルを提案している。今回ピックアップしたチェスターコートは、フライフロントを採用したミニマルでスタイリッシュなデザイン。オンオフを問わずに活躍が期待できる一着だ。

詳細・購入はこちら

BUZZ RICKSON’S(バズリクソンズ) Pコート

1993年にスタートした日本のミリタリー・ワークウェアブランドである「BUZZ RICKSON’S(バズ リクソンズ)」。ヴィンテージのフライトジャケットを細部まで徹底的に復刻するブランドとして誕生した。そんなバズリクソンズが手がけるコートで紹介するのは、ヨーロッパ海軍のセーラーに起源を持つPコートだ。大ぶりな上襟は、甲板上で風や波音などの騒音で音声が聞き取れない際に襟を立てることで集音効果を高めるために設計されたディテール。ボタンには海軍の象徴でもあるアンカーマークがデザインされるなど、バズリクソンズらしい非常にクラシックな一着に仕上がっている。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ