グルカサンダル特集 メンズ必須の夏アイテムを厳選紹介!

Tシャツやアンクルパンツなど、カジュアルになりがちな夏のコーディネート。さらに足元にサンダルを合わせると、どうしても”子どもっぽさ”が際立ってしまう。そこで重宝するのがグルカサンダルだ。通気性と歩きやすさを確保しながらも、通常のサンダルには無いドレス要素を取り入れられる。今回は「グルカサンダル」にフォーカスし、おすすめのアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

夏のメンズフットウェアの定番グルカサンダルは、ピッティでも着用者多数!

夏場は日本以上に高気温を記録する日も少なくないイタリア・フィレンツェでもグルカサンダルを着用して涼しげに闊歩する男性が数多く見受けられた。歩行のしやすさやドレスシューズに比べて蒸れにくいといった実用面のメリットはもちろんのこと、エレガントな雰囲気を崩さないところもグルカサンダルの人気のポイントだ。

無地のサングラス、黒無地のシャツ、グリーン無地のアンクルパンツ、黒グルカサンダルを合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

グルカサンダルの起源と人気の秘密とは?

グルカサンダルは元々、19世紀に英国領だったインドにて、傭兵として組織されていたグルカ族の兵士たちが履いていたシューズが由来。レザーストラップで編み込まれたアッパー部分が最大の特徴だ。一般的なオープントゥのサンダルと異なり、つま先やかかとをしっかりと固定。サンダルの弱点とも言えるホールド力の弱さをカバーしながら、編み込み式を採用することで蒸れ知らずの通気性を確保している。

71J9+zIO8XL._UL1500_

詳細・購入はこちら

見た目も上品でスマートなものが主流。サンダルながらカジュアルさを抑えた、ドレスシューズ的なアプローチのデザインが多く、いわば「ドレスサンダル」という立ち位置と言える。その裏付けとして、英国をはじめとする名門ドレスシューズブランドもグルカサンダルを製造。大人が気軽に履きこなせるアイテムが数多く展開されている。

グルカサンダルのおすすめモデルを紹介!

英国名門ブランドの革靴ディティールをそのまま落とし込んだ一足「CHURCH’S(チャーチ) Fisherman」

革靴愛好家なら誰もが知る英国ノーサンプトンの名門、チャーチが手がけるグルカサンダル。1873年に創業したチャーチは、史上初めて「左右の区別がある靴」を製造するなど、靴製造の進化に大きく貢献してきた。1足に8週間、250の工程を費やすドレスシューズは履けば履くほど足に馴染んでいく。グルカサンダルのフィッシャーマンは、まさにチャーチのドレスシューズがそのままサンダル化したような一足だ。細めのストラップを編み込んだアッパーからは、上質なレザーならではの鈍い光沢が。ソール部分もレザーで、革靴ではおなじみのマッケイ製法によって縫合されている。

12645899_12250674_1000

詳細・購入はこちら

リスレザーの光沢が上品!「Paraboot(パラブーツ) PACIFIC」

フランス屈指の名門ドレスシューズブランド、パラブーツのグルカサンダル。パラブーツといえば、オイルをふんだんに染み込ませたリスレザーやフランス靴らしいスマートな木型が有名。グルカサンダルにおいてもパラブーツらしさが随所に感じられる。アッパーの編み込みレザーには代名詞のリスレザーを使用。シルバーの金具で仕上げられたサイドのバックルは、シングルモンクストラップシューズをイメージさせる。ソールはグリップ力に優れたシャークソール。パラブーツのロゴが刻まれたインソールにも注目だ。

スクリーンショット 2019-05-30 20.25.59

詳細・購入はこちら

表情豊かなシボレザーとクッション性に優れたインソールで質実剛健な仕上がり!「F.LLI Giacometti(フラテッリ ジャコメッティ) SCOZIA」

イタリア北部、ベネト地方を拠点とする職人メーカーのフラテッリ ジャコメッティ。数々のメゾンブランドのOEMを手がけてきた技術力を活かした、高品質なドレスシューズを多数展開している。グルカサンダルもフラテッリ ジャコメッティの隠れた定番の一つ。アッパーには、フランス・デュプイ社製のグレインレザーを採用。サンダルの粋を超えた高級感を醸し出している。ソール部分もレザー製で革靴さながらの表情。前足部のインソールにクッションを入れたマッケイ製法で、軽やかな歩行感と柔らかな履き心地を実現する

612SHP-kIkL._UL1020_

詳細・購入はこちら

ゴールドバックルとグレインレザーによるエレガントなコンビネーション「JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリウァヤ) グルカサンダル」

百貨店でも取り扱われることの多いジャランスリウァヤは、インドネシアのファクトリーブランド。本場英国仕込みの製靴技術と素材の良さを兼ね備えながら、コストパフォーマンスに優れたアイテム展開で日本での愛用者も多いブランドだ。グルカサンダルのアッパーには上質なグレインレザーを採用。上品でありながら汚れや雨にも強いという特性を持つ。「EDWARD」と呼ばれるラストを採用した小ぶりなエッグトゥシルエットもスマートだ。ゴールドのバックルやレザーのアウトソールなど、エレガントな仕上げが随所に見られる。

61uyU7V0bXL._UL1200_

詳細・購入はこちら

英国靴の代名詞グッドイヤーウェルト製法を採用したグルカサンダル「CHEANEY(チーニー) PENZENCE II」

1886年に設立された英国の老舗ブランド、チーニーのグルカサンダル。1足に160以上もの工程をかけるチーニーは、英国のみならず世界各国で高い評価を獲得している。紆余曲折を経て現在ではチャーチの創業者が経営していることから、チャーチの兄弟ブランドとして認識している人も多い。グルカサンダルのラストには、日本人の足型に合う「LAST1886」を採用。アッパーの上質なカーフやゴールドバックルなど、革靴の名門ブランドとしての誇りを感じさせる。ソールの底付けの伝統的なグッドイヤーウェルト製法を採用している点にも注目で、履くたびに自身の足型へとフィットしていく。

715cbNfwipL._UL1500_

詳細・購入はこちら

歩き心地まで考慮したイタリアのクラフトマンシップを感じさせる「DOUCAL’S(デュカルス) LEON POLO」

イタリア靴の聖地、マルケ州モンテグラナーロに拠点を構えるデュカルスのグルカサンダル。革のカッティングから縫製、吊り込み、底付けに至るまで自社一貫生産にこだわる製造スタイルは、グルカサンダルでも健在だ。アッパーにはやや太めのレザーストラップを採用し、力強い印象。ソールもレザーで見た目はクラシックだが、インソールは最先端素材を用いたカーボンインソールを使用している。程よい厚みでクッション性に優れ、マッケイ製法により軽やかな歩きごたえを可能とする。

61flTkNdj-L._UL1038_

詳細・購入はこちら

ラバーとは思えない高級感!リゾートにも履きたい一足「GUCCI(グッチ) ラバーバックルストラップサンダル」

世界を牽引するラグジュアリーファッションメゾン、グッチによるグルカサンダル。グルカサンダルといえばレザーアッパーが王道だが、あえてオールラバーで仕上げているのが特徴だ。右足にはグッチのアイコン「GGマーモント」をセット。そして左足には人気アイコンのタイガーモチーフを配置している。ゴールドバックルも定番のスクエア型ではなく、グッチらしい丸みのあるバックルを採用。ラバー製にもかかわらず、レザーサンダル以上の高級感を醸し出す。雨の日に気にせず履けるのもメリットだ。アウトソールの独特のトレッドパターンにも注目!

スクリーンショット 2019-05-30 20.25.32

詳細・購入はこちら

随所に見せるアートな世界観が秀逸!「MARNI(マルニ) ストラップサンダル」

1994年に設立されたイタリアのファッションブランド、マルニが展開するグルカサンダル。スイス出身のファッションデザイナー、Consuelo Castiglioni(コンスエロ・カスティリオーニ)の世界観が見事に反映された一足だ。ストラップのメイン素材をポリエステルにすることで機能性を重要視しながらも、ライニングにレザーをあしらいさり気なく高級感をアピール。さらにフラットで薄手のソールがスマートな印象を演出する。

13888715_17725845_1000

詳細・購入はこちら

足をホールドしながら通気性はしっかりと確保!「DR. MARTENS(ドクターマーチン) Geraldo」

アイコンシューズの8ホールブーツが数十年にわたり世界的に愛用されている、ドクターマーチンのグルカサンダル。ブランドのアイデンティティを感じさせる、ブーツライクなフォルムが特徴だ。アウトソールには1945年にドイツの医師、クラウス・マーチンが開発したドクターマーチンソールを採用。2点留めのバックルと、ヒールやトゥで足をしっかりとホールドする。ドクターマーチンといえばソールのステッチやヒールストラップのデザインが目立ちすぎる印象だが、このアイテムではブラックで統一。落ち着いた印象に仕上げられている。

スクリーンショット 2019-05-30 20.25.16

詳細・購入はこちら

柔らかなシュリンクレザーで足元の雰囲気を格上げ「Ferrante(フェランテ) GURKHA RASTY BLEU」

1875年に設立されたナポリの老舗、フェランテのグルカサンダル。アッパーのレザーには、巧みにシボが形成されたシュリンクレザーを採用している。かかとを包み込むヒールカップの作り込みなどは、まさにドレスシューズそのもの。さらにインソールのかかと部分に低反発素材を仕込むことで、サンダルらしからぬクッション性を実現している。細身のラウンドトゥシルエットは、ソックスと合わせて履いてもサマになること間違いなし。

71fOoeOIefL._UL1500_

詳細・購入はこちら

上品なスエードアッパーと頑強なビブラムソールのコントラストが秀逸「WH(ダブルエイチ) グルカサンダル」

WH(ダブルエイチ) は、シューズデザイナーの坪内浩氏と、ファッションディレクターの干場義雅氏の出会いによって誕生したメイド・イン・ジャパンのシューズブランド。ブランド名は二人のイニシャルである「H」に由来する。二人の感性が融合して作られたグルカサンダルは、他のものとはひと味違うスエードアッパーが特徴だ。編み込み方にも一工夫あり、独特の存在感を発揮する。アウトソールに頑強なビブラムソールを採用している点も独創的。サンダルとしての通気性を保ちながら、ワークブーツのようなタフさを兼ね備える。

71qk89XIycL._UL1500_

詳細・購入はこちら

独自のアウトソールで全力疾走も可能!「DANNER(ダナー) アリゾナ ダンキャット」

1932年にアメリカウィスコンシン州で創業されたブランド、ダナーのグルカサンダル。ダナーは世界でもいち早くビブラムソールやゴアテックスを取り入れたブーツブランドだが、そのノウハウはグルカサンダルにおいても発揮されている。アッパーのストラップには肉厚なオイルドレザーを採用。ライニングにはピッグスキンを貼り合わせることで、汗を吸水し蒸れを防止する。底付けはセメントではなくステッチダウン製法のため修理交換が可能。さらに独特のトレッドパターンを備えたラバーソールは、ダンキャットソールと呼ばれるオリジナルのもの。ヒール部分で衝撃を吸収するとともに、全方向への滑り止めを可能とする。

5830300001018

詳細・購入はこちら

独特の工程で仕上げられたナチュラルなレザーが美しい「MAURO de BARI(マウロ デ バーリ) FUSBETT」

イタリア・プーリア州にて2009年に誕生したサンダルブランドのマウロ デ バーリ。このブランドのグルカサンダルは、牛革を未加工のまま型を取り、手作業でのベジタブル・タンニン鞣しで仕上げたレザーを採用している。モデル名でもある「FUSBETT」は、クッション性に優れたフカフカのインソールを指す。トゥやヒールを完全に覆っていないため、通気性に優れている点もポイントだ。レザーの美しさもさることながら、履き心地や機能性にまで考慮された逸品。

imgrc0070775870

詳細・購入はこちら

高級カーフスキンを採用したダービーシューズのようなグルカサンダル「Steve Mono(スティーブモノ) ARTISANAL SANDALS」

2007年に誕生したスペイン・マドリッド発のレザーブランド、スティーブモノが手がけるグルカサンダル。スペイン北部バスク地方の工場にて、職人のハンドメイドによって製造されている。最大の特徴は、バックルではなくシューレースを採用している点。まるでダービーシューズのような面持ちに仕上げられている。アッパーのレザーには、イタリアのトスカーナで生産された高品質なベジタブルダイのカーフスキンを使用。アウトソールにはグリップ力と実用性に優れたラバーソールを採用している。白糸を使った底付けのステッチがアクセント。

101045_1

詳細・購入はこちら

イタリアのファクトリーブランドが手がける重厚感のある逸品「Fratelli Vanni(フラテッリ・ヴァンニ) グルカサンダル」

1969年にスタートしたイタリアブランドのフラテッリ・ヴァンニは、サンダルに特化したファクトリーブランド。アメリカのバーニーズニューヨークやロンドンのハロッズなど、世界的に取り扱われている。緊密に編み込まれたフラテッリ・ヴァンニのサンダルは、重厚感のある面持ちが特徴。薄手のラバーソールを採用することでエレガントな雰囲気を醸成する。

v4350-bl0

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ