サンダル×靴下 メンズコーデ特集!“ダサい”を回避する洒落た着こなしを徹底検証

Share

2010年代にハズしのテクニックとして注目されはじめたサンダルと靴下の組み合わせ。ソックスとの合わせも想定したスポーツサンダルブームの後押しや、ジャスティン・ビーバーやデビッド・ベッカムのコーディネートが話題となり、夏の装いにヒネリを効かせるスタイリングとして再注目されている。しかし留意すべき点は、決して『サンダルと靴下の組み合わせがアリ』=『洗練されたスタイリングとして認知されている』ではないということ。今回はそんな「サンダル×靴下」のコーディネートで、ダサ見えを回避する着こなし方法をピッティスナップから徹底検証!

スポンサーリンク

ビルケンシュトックのサンダルとメランジ靴下の組み合わせでメンズコーデの足元を演出

コンフォートサンダルの銘品として絶大なる人気を誇るビルケンシュトックの永世定番アリゾナとメランジ靴下の組み合わせは、ダサく見えることもなく足元の印象もスマートなことこの上なし。素足履きが基本のサンダルもメランジ靴下を合わせることで足元がアウトドアっぽい雰囲気となり、あえて靴下を合わせる説得力が強化される。つまりスタイリングのハズしとしてもしっかり機能し、足元にヒネリを演出できるという寸法だ。

Birkenstock(ビルケンシュトック) サンダル アリゾナ

詳細・購入はこちら

スニーカー用のメランジ靴下とコンフォートサンダルの合わせでメンズコーデをエフォートレスな雰囲気に

ビルケンシュトックに代表されるシンプルなデザインのコンフォートサンダルと、スニーカー用のメランジ靴下は相性抜群。サンダルと靴下の色味のマッチングが高ければ高いほど足元にアウトドア的な一体感が生まれ、ダサ見えや野暮ったさを回避できる。あとはイイ感じにこなれた雰囲気が演出できる丈感のボトムスを見極めるだけ。もちろんフルレングスのパンツをロールアップして、ナイスな丈にアレンジするのもアリだ。

Birkenstock(ビルケンシュトック) サンダル アリゾナ

詳細・購入はこちら

2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する