マフラー メンズ特集

真冬の防寒具としてはもちろん、多様なデザインで首周りを華やかに演出できる「マフラー」。色や柄などのデザインをはじめ、素材もカシミヤやウールなどバリエーション豊かに展開されているため、自分のスタイルに合ったものをチョイスしたい。今回は「マフラー」にフォーカスして、注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

JOHNSTONS(ジョンストンズ) カシミヤマフラー

1797年にスコットランド北東のエルガンにて創業された老舗ブランド「JOHNSTONS(ジョンストンズ)」。英国では珍しい一貫生産工場を持ち、高級生地の製造に加え、ストールなどのアイテムを展開している。カシミヤアイテムのパイオニアとしても有名で、今回紹介するマフラーももちろんカシミヤ100%。上質なカシミヤから作られたマフラーは極上の肌触りを誇る。上質な素材だからこそ生まれる独特のツヤ感も魅力の一つだ。

JOHNSTONS(ジョンストンズ) カシミヤマフラー

詳細・購入はこちら

【関連記事】男を上げる不朽の名作「ジョンストンズのストール」↓

ジョンストンズのストールアイキャッチ画像
肌寒い季節の首元を温めるマフラーやストールは、防寒具に留まらずファッションアイテ...

LOROPIANA(ロロピアーナ) カシミヤストール

1924年にピエトロ・ロロ・ピアーナ氏が創立したテキスタイルメーカー。「最高級の原料から最高級の製品を生み出す」ブランドと言われている。偽装したカシミヤを使用しないために、買い付けの法人や、品質検査とカシミヤの原毛を採取する専門部門を設立し、管理を徹底。カシミヤに限らず生地メーカーとしての品質の高さは評価されており、キートンやブリオーニなどの最高級ブランドもこのブランドの生地を使用している。一度使用するとやみつきになるほどの柔らかなタッチを実現したストールは、ソリッドデザインで素材の風合いを贅沢に楽しみたい。

LOROPIANA(ロロピアーナ) カシミヤストール

詳細・購入はこちら

Joshua Ellis(ジョシュアエリス)  カシミア大判ストール

1767年に創業した英国最古のテキスタイルブランド「Joshua Ellis(ジョシュアリエス)」。ラグジュアリーな質感と確かなクオリティのコレクションによって、長年愛され続けている。発色の美しいカシミヤ素材によって仕上げられたチェック柄の大判ストールをピックアップ。カシミヤならではのソフトな質感は、ジャケットとも好相性だ。

Joshua Ellis(ジョシュアエリス)  カシミア大判ストール

詳細・購入はこちら

Drake’s(ドレイクス) リバーシブルマフラー

1977年にマイケル・ドレイク氏によって設立されたファクトリーブランド「Drakes(ドレイクス)」。アクアスキュータムのアクセサリー・コレクションのデザイナーとして活躍した経験を活かし、ハイクオリティーなウール、シルク、カシミア素材のマフラーなどの小物を生産している。今回ピックアップするのは、ドレイクスの定番であるリバーシブルデザイン。上質なアンゴラをミックスしたラムウール素材は、柔らかで暖かい質感を実現している。

Drake’s(ドレイクス) リバーシブルマフラー 

詳細・購入はこちら

ARIANNA(アリアンナ) ストールUNITA NODI

1987年に創業した、イタリア・ジェノアに本拠地を構えるネックウェアブランド「ARIANNA(アリアンナ)」。イタリアでも珍しい1800年代の希少な手織り機械を使用し、ゆっくりと時間をかけて上質なネックウェアを生み出している。アリアンナならではの手法で作られたストールは、独特の風合いと柔らかな肌触りが特徴。シックなデザインと長めに設定されたフリンジが、上品な華やかさを演出している。

ARIANNA(アリアンナ) ストールUNITA NODI

詳細・購入はこちら

PRIA(プリア) ウールヘリンボーン柄マフラー

1824年にイタリアのビエッラで創業された名門テキスタイルメーカー「PRIA(プリア)」。高級メゾンや様々なブランドのOEMを請け負っており、プリアが手がけた製品は他ブランドの見本であると称されるほどハイクオリティなアイテムを展開している。プリアからはウール製のマフラーをピックアップ。英国スタイルを思わせるモノトーンのヘリンボーン柄は今の気分にぴったりのデザインだ。

PRIA(プリア) ウールヘリンボーン柄マフラー

詳細・購入はこちら

COLOMBO(コロンボ) カシミアストール

イタリア・ピエモンテ州に本拠地を構える「COLOMBO(コロンボ)」は、ロロ・ピアーナ、アニオナと並ぶ最高級天然生地メーカーだ。原毛のチェックから製品の検品まで一貫して自社で行い、中間マージンを省いているため、ハイクオリティなアイテムをローコストで提案している。カシミヤとシルクをミックスして作られたストールは、素材からくる上品な質感が魅力の一枚だ。

COLOMBO(コロンボ) カシミアストール

詳細・購入はこちら

fiorio(フィオリオ) カシミヤ100% ストール

1946年に、ミラノでスカーフのコレクションを発表したことからスタートしたネックウェアブランド「fiorio(フィオリオ)」。イタリア最高の仕立て技術による丁寧な縫製と高いクオリティに加え、ビジネスで使いやすい控えめな華やかさが世界中のVIPに愛され続けている。カシミヤを100%使用したストールはシンプルなデザインながらも、素材の質感からくる上品な表情が魅力の一枚。

fiorio(フィオリオ) カシミヤ100% ストール

詳細・購入はこちら

STEFANO BIGI(ステファノビジ) scalf

1983年から続く老舗のネクタイメーカー「STEFANO BIGI(ステファノ ビジ)」。現社長STEFANO BIGI氏の母方である祖父が創業し、現在三代目まで続いている。イタリアブランドらしい上質な素材を使用したマフラーは、職人の手作業によって丁寧に作られた逸品。上品で落ち着いた印象のデザインは、ビジネスシーンでの活躍はもちろん、きれい目なカジュアルスタイルにも難なくフィットする。

STEFANO BIGI(ステファノビジ) scalf

詳細・購入はこちら

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー) ニットマフラー STAR

1784年に設立された英国の老舗ニットブランド「JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー) 」。200年以上もの長い歴史の中で、最高峰のニットウェアブランドとして不動の地位を確立している。全行程を一貫して行う企業方針によって、コストパフォーマンスの良い最高品質のニットの生産を実現。そんな最高級のニットブランドが手がけるニットマフラーは肌触りの良さが特徴だ。フリンジを省いて端をリブ仕様にした独特のデザインはどんなスタイルにおいても活躍が期待できる。

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー) ニットマフラー STAR 

詳細・購入はこちら

INVERALLAN (インバーアラン) ARAN SCARF

1975年にニットの聖地であるスコットランドにて創業されたニットブランド「INVERALLAN(インバーアラン)」。上質なピュアウールを用いて作り上げられた、オールハンドメイドのニットストール。ウールの温かみに加えて、人の手による温かみも感じられる逸品だ。ローゲージならではのざっくりとしたテキスタイルデザインは、首回りに適度なアクセントをプラスしてくれる。

INVERALLAN (インバーアラン) ARAN SCARF

詳細・購入はこちら

BEGG & Co(ベグアンドコー) セミリバーシブルマフラー Arran Semi-Reversible Charcoal Derby

1866年にスコットランドの中でも繊維業が盛んなペイズリーという街で創業した「BEGG&CO(ベグアンドコー)」。100年前から使い続けられてきた織り機を使用し、織る、洗う、ブラッシング、カットに到るまでの全ての工程が手作業によって行われる。ブラッシングはアザミの実を使用することで、独創的な毛並みを表現。モノトーンのリバーシブルデザインによって、豊かな表情を楽しめるストールをピックアップ。

BEGG & Co(ベグアンドコー) セミリバーシブルマフラー Arran Semi-Reversible Charcoal Derby

詳細・購入はこちら

PIACENZA(ピアチェンツァ) カシミヤ100%ソリッドストール

イタリアの王室御用達ブランドとして知られるPIACENZA(ピアチェンツァ)。中でもカシミヤアイテムは、非常に評価が高い。シンプルなデザインをストールに求める場合、素材に定評のあるPIACENZAは有力な選択肢になるだろう。

PIACENZA(ピアチェンツァ) カシミヤ100%ソリッドストール

詳細・購入はこちら

MOON(ムーン) ウール無地カラーマフラー

1837年に北イングランドのヨークシャーで創業した老舗生地メーカー「MOON(ムーン)」。加工の施されていない原毛から仕上げまでを自社工場で一貫して行っており、原毛の下処理の段階では、混入した不純物や汚れを、わずか0.3%以下にまで取り除く作業が施されるなど、細部まで決して手を抜かないこだわりようだ。工場仕上げでありながらも手織りで作られたかのような風合いが特徴的。

MOON(ムーン) ウール無地カラーマフラー

詳細・購入はこちら

GREVI(グレヴィ) ニットマフラー

1875年にイタリアのフィレンツェで創業した帽子メーカー「GREVI(グレヴィ)」。創業当初はイギリス人向けのフィレンツェ土産として商品を生産していたが、現在では世界各国の高級デパートや専門店で展開されている。100年以上の歴史を誇るグレヴィだが、あえて伝統にはこだわらず、モダンでカジュアルなアイテムを提案。今回ピックアップしたマフラーはフリンジなどの装飾を一切省き、ミニマルなデザインに。幅はナローに設定されており、スタイルをシャープに演出してくれる。

GREVI(グレヴィ) ニットマフラー

詳細・購入はこちら

RockyMountainFeatherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド) SIX MONTH MUFFLER

1960年代後半にアメリカでスタートした「ロッキーマウンテンフェザーベッド」は、カウボーイ向けの防寒ウェアブランド。SIX MONTHは同ブランドが手がける革命的なインナーダウンラインだ。そんなSIX MONTHラインで展開するダウンマフラーをピックアップ。直接肌に触れることを考慮し、柔らかな30デニールのナイロンを採用している。首元に巻くだけでスポーティーな雰囲気を演出できるほか、機能性も抜群の現代的なマフラーだ。

RockyMountainFeatherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド) SIX MONTH MUFFLER

詳細・購入はこちら

SUN68(サンシックスティーエイト) ニットマフラー

イタリアのベニスで創業された「SUN 68(サン シックスティエイト)」。アイコニックデザインである「△×」は、希望を示す△(デルタ)と、未来を示す×(イクス)の二つが連なることで「自分が示す未来への自分の決意、行動」を表している。また、ブランド名は、希望と成長を意味する「SUN」とイタリアで起こった文化革命運動の1968年を重ねたもの。そんなSUN 68からケーブルニットのマフラーを紹介。ポップなデザインが特徴的なブランドだが、ロゴを生地と同色にすることで落ち着いた印象に仕上がっている。

SUN68(サンシックスティーエイト) ニットマフラー

詳細・購入はこちら

Paul Smith(ポールスミス) ストライプマフラー

独特なストライプ柄やカラーリングが人気を集めている英国ブランド「Paul Smith(ポール スミス)」。日本ではライセンス契約でジョイックスコーポレーションやオンワード樫山がアイテムを展開している。ポールスミスらしさを詰め込んだマフラーは、カラフルなストライプ柄。シックな着こなしにアクセントを加えたい時などに最適だ。

Paul Smith(ポールスミス) ストライプマフラー

詳細・購入はこちら

Gabriele Pasini(ガブリエレパシーニ) マフラー

2013年に”モデナの怪人”の異名を持つガブリエレ・パジーニ氏とラルディーニ社が手を組んで発表した「Gabriele Pasini(ガブリエレ パジーニ)」。ナポリの伝統的サルトリアーレ技術とガブリエレ・パジーニの繊細な美意識、独特の感性を融合させ、革新的なコレクションを展開し続けている。そんなパジーニが手がけるストールは、トレンドをふんだんに取り入れたモダンなデザイン。カラーリングは今季注目のブラウンとブラックを組み合わせて洒脱な印象に。大きなハウンドトゥースが目を引く個性的なストールに仕上がっている。

Gabriele Pasini(ガブリエレパシーニ) マフラー

詳細・購入はこちら

DIESEL(ディーゼル) ストール K-JEREMY SCARF

78年にRenzo Rosso(レンツォ ロッソ)氏がイタリアにて立ち上げて以来、デニムとカジュアルファッションの分野をリードし続けているブランド「DIESEL(ディーゼル)」。そんなディーゼルが提案するストールは、4色のブロックカラーデザインを採用。シックになりがちな冬の着こなしに取り入れれば、絶妙なアクセントとして活躍が期待できる。カシミヤ/レーヨン/ウールを配合したミックスファブリックは心地の良い質感に。

DIESEL(ディーゼル) ストール K-JEREMY SCARF

詳細・購入はこちら

EMPORIO ARMANI(エンポリオ・アルマーニ) ウールマフラー

モード界の帝王と言われているデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏が、ファッション感度の高い客層に向けて発表しているコレクションブランド「EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)」。エンポリオアルマーニが手がけるマフラーは、シックなブラックが色気のある表情を漂わせる一枚に。上質なウールを使用した生地は光沢のある上品な表情を演出している。

EMPORIO ARMANI(エンポリオ・アルマーニ) ウールマフラー

詳細・購入はこちら

HUGOBOSS(ヒューゴボス) ブラックミックスネイビーカラー ウール100%

ドイツのラグジュアリーブランドとして知られる「HUGO BOSS(ヒューゴボス)」。薄すぎず厚すぎない適度なボリューム感が、オンオフ問わず活躍を期待できるウール製ストール。ロゴメタルプレートが品のある雰囲気を演出する。2トーンのミックスによって表現された独特の表情にも注目だ。

HUGOBOSS(ヒューゴボス) ブラックミックスネイビーカラー ウール100%

詳細・購入はこちら

19 andrea’s 47(アンドレアズ) カシミアストール

イタリアでストール、スカーフやショールを専門に生産するファクトリーが「19 andrea’s 47(アンドレアズディチャノーヴェ クアランタセッテ)」だ。発色の良いカシミヤ素材が、クオリティの高さを物語る。旧式の木製シャトル織り機を使って織り上げられた非常に柔らかな質感にも注目だ。幅56cmの程よくボリュームのあるサイズ感が、首回りを立体的に演出してくれる。

19 andrea’s 47(アンドレアズ) カシミアストール

詳細・購入はこちら

Franco Ferrari(フランコフェラーリ) ストール

イタリアで1978年に創設された、ネックウェアの老舗ブランド「FRANCO FERRARI(フランコフェラーリ)」。全ての行程をハンドメイドで職人が仕上げている。様々なモチーフを組み合わせることで生み出される華やかなテキスタイルが魅力だ。ペールトーンを組み合わせたストールは、品のある大人の色気を漂わせる。

Franco Ferrari(フランコフェラーリ) ストール

詳細・購入はこちら

BURBERRY(バーバリー) チェック柄 スカーフ

1856年、トーマス・バーバリー氏がロンドンのベイジングストークで洋服店を開業したことから始まった老舗ブランド「BURBERRY(バーバリー)」。アイコニックデザインのバーバリーチェックは、老若男女問わず誰もが一度は惹かれるテキスタイルと言っても過言ではない。こちらのストールは、そんなバーバリーチェックを拡大して表現した迫力満点のデザイン。クラシックなキャメルカラーが主役級の存在感を放つ。

BURBERRY(バーバリー) チェック柄 スカーフ

詳細・購入はこちら

FENDI(フェンディ) ジャカード スカーフ

1925年にアデーレとエドアルド夫妻がローマに創立したフェンディ。ブランド名は、夫妻の姓を取って名づけられた。創設から間もなく高い評価を獲得し、ローマ以外でも知られる世界的ファッションブランドへと成長。ラグジュアリーな素材と高度な縫製技術によって表現されるポップなコレクションデザインが多くのファンを魅了する。毛皮のFurと楽しむのFunをかけて制作されたFFロゴは、一目見ればフェンディとわかるアイコニックデザイン。ダークトーンでシックにまとめられたテキスタイルが、ストールにラグジュアリーな雰囲気を漂わせる。

FENDI(フェンディ) ジャカード スカーフ

詳細・購入はこちら

GUCCI(グッチ) GG ジャガード織りスカーフ

1921年にイタリアにて誕生したグッチは、バッグ・靴・サイフなどの皮革商品をはじめ、服、宝飾品、時計、香水などを幅広く手がけるファッションブランド。中でもアイコニックなデザインはGGパターン。ラグジュアリーな雰囲気あふれるテキスタイルが落とし込まれたストールは、スタイリングを格上げしてくれること間違いなしだ。

GUCCI(グッチ) GG ジャガード織りスカーフ

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

PICK UP!

FASHION / PR

真の格好いいに出会えるのはココ!頼れるスタッフがいるショップ「ハケット ロンドン 銀座」

FASHION / PR

軽妙洒脱なビジネスマン御用達「HACKETT LONDON」の最新スーツスタイル

FASHION

春の装いを洒脱にみせる10のアウター紹介!

FASHION / PR

適度なハズしで洒脱にみせる!2018SSのジャケット&スーツスタイルを洗練に導くカギ

FASHION / PR

男の春コーデは、モダンクラシックなベルスタッフでこんなに見違える!

FASHION / PR

今季のスポーツMIXスタイルは「ナイロン×スウェット」の異素材コーデがキーワード!

FASHION / PR

Tシャツの上に羽織れる「秀逸ブルゾン」で春の着こなしを格上げ!

GOODS / PR

クールビズを格上げする12の方法とは?

FASHION / PR

今年の春はどっちを選ぶ?ホワイトジーンズvsブラックジーンズ

FASHION

春コーデ メンズ【2018最新メンズファッション】

FASHION

春服をスタイリッシュに。2018年春のメンズ服を厳選ピック!

FASHION

スニーカーを使った春のメンズコーデ特集

FASHION / PR

2018SSの最旬アイテムでつくる春カジスタイル事例集!

GOODS / PR

【問題】コーヒーをバシャっ!とかぶってもシミ皆無だった最強アイテムはこの中のどれ?

FASHION / PROMOTION

フランス仕込みのモテニットといえば「ルトロワ」でキマり!4つの魅力と旬なコーデを紹介

公式 Instagram スナップ