banner

男のためのストールの巻き方、厳選6パターン。

■男のためのストールの巻き方、厳選6パターン。

ひと昔前までは女性のファッションアイテムという印象の強かったストールだが、今や男性にとっても定番アイテムになっている。何枚か持っている方も多いことだろう。実はストールは防寒効果だけではなく、巻き方によって”長身にみえる効果”、”小顔にみえる効果”、”足長にみえる効果”を出すことができる。
日本男性の間にまだ巻き方が広く知れ渡っていないので、”いつも同じ巻き方でつまらない”、”なんとなく巻いてるけど合ってるか自信がない”、”巻き方が分からないから手が出ない”という声を多く聞く。そこでストールの選び方から、巻き方までご紹介していく。巻き方については60種類以上あると言われているが、主に女性向けの凝ったものが多い。これを慣れないまま取り入れると、ストールに巻かれているような印象になる危険性が大きい。特に30歳を越えた大人の男にオススメの選び方と巻き方をピックして紹介していこう。

スポンサーリンク

■ストールの選び方

まずは、ストールの選び方。実は非常にシンプル。基本的には長さで選択する。男性の場合180cmのストールがあればどんな巻き方にも対応できるのでまず9割以上の方は180cmを選択すればまちがいない。身長が低めだったり(160cm未満)軽快さを出していくならそれ以下。身長がかなり高かったり(190cm以上)、ストールが主役のコーディネートにするならそれ以上を選択する。

季節も重要なファクターだ。夏は幅が狭めのストールをチョイスして軽さを出す、場合によっては長さも短めをチョイスするとさらに軽さが出せる。秋冬は幅が広めのストールで防寒性を高めると同時に、少し重さを出したいところ。生地の厚みに関して、一昔前までは冬は厚手というセオリーがあったが、今は薄手ストールを冬にするのもスタンダードになっており厚みを薄くするべきなのは夏だけとなっている。

柄については無地か小さめ柄であれば万能選手になるだろう。

素材については、コットン・シルク・ファー素材と幅広いが30歳以上のオトナのは高級感のある生地を選ぼう。ぺらぺらした安っぽいコットンで、生地の端がダメージ加工してあるようなストールを若者がするのは良いが、30歳を越えた大人の男にはみっともないだけだ。それならしない方がマシ。

■ストールの巻き方6選

それでは、男前研究所がオススメする巻き方の紹介に入る。

先述の様にストールの巻き方は60種類以上あると言われている。

そのなかから選んだ基準は、

①ジャケットに合わせやすいこと

②凝りすぎていない

③男らしい
以上の3ポイントだ。

■垂らし巻き

垂らし巻き,たらし巻き,ストールの巻き方,メンズ

hankyu-dept.jp/mens-tokyo

巻くというよりも首にかけるだけのシンプルスタイル。縦のラインが最も強調されるので身長を高く見せたい方にオススメ。ジャケットの内側に忍ばせる巻き方としても抜群に良い。これみよがしではないので、さりげなく男前スタイルを出したい方にもGOOD!

また、ストールを巻く前の折り方によって表情を変えるテクニックも覚えて欲しい。

①は、もっともオーソドックスでキレイにキマる。図の様にストールの両端中央をつまみ、折っている。

②は、少しこなれ感を出したニュアンス。図の様にストールの両端中央から少しずらしたところで折っている。

③は、先端を尖らせた最長の状態なので細身でシャープなイメージを出せる。図の様に、生地の角をつまんで折っている。

ストールの巻き方、メンズ、男性

http://www.stole.co.jp/

■ワンループ巻き

ストールの巻き方、メンズ、男性、ワンループ巻き

news.hankyu-dept

よくマフラーの巻き方でみる方法。防寒性、巻く際の簡単さ、あらゆるアウターとの相性の良さにおいて優れている。着飾るのが嫌いでシンプルが好きな方にオススメ。また、写真のようにあえてきっちりまかずに重なり部分をずらしたり、ねじりを少々加えることでこなれた雰囲気の演出も可能になる。

■プレーンノット巻き

プレーンノット巻き、ストールの巻き方、メンズ、男性news.hankyu-dept

ネクタイのプレーンノットと同じ巻き方。首もとではなく少し低い位置に結び目を持ってくるのがポイント。

■ジョルジナ巻き

ジョルジナ巻き、ストールの巻き方、メンズ、男性

http://www.stole.co.jp/

イギリスのスカーフデザイナーであるジョルジナ・フォン・エツドルフ氏が考案したとされる巻き方。別名、ダブルクロスとも呼ばれる。
イタリアの伊達男の十八番で某雑誌のスナップによく登場する巻き方。華やかな印象を与えられると共に、結び目が崩れにくく一日中カタチをキープできる質実剛健な巻き方だ。

■中尾巻き

ご存知、俳優の中尾彬氏が好む巻き方であることから、そう呼ばれる様になった。非常にインパクトのある巻き方であるため、ほぼ100%の確率で「あ、ストールしてるんですね!中尾彬みたい!」とゆうようなツッコミが入るだろう。自分から「中尾彬巻きどう?」なんて言ってしまうこともできるので、ストールを巻くのが照れくさい方にも実はオススメ。

■ダブルハング

ダブルハング、ストールの巻き方、男性、メンズ

style.com

こちらは、ファッション業界人、ファッショニスタの間で流行中のかなり上級者向けのスタイル。ストールを二つ折りにして、肩からかけるだけのスタイルなのだが生地のボリュームや柄の合わせ方などかなりバランスをとらないと”風呂上がりの人”的になってしまう。キマったら最高にカッコいいスタイルなので自信のある方は是非チャレンジしてほしい!

FOLLOW US

Related post