メンズ ショートヘアにおすすめのワックス5選!それぞれの特徴を活かした髪型もピックアップ

Share

髪型をカッコよくキメるためには計算されたヘアカット、パーマやカラーなどのケミカル技術が基本になるが、ヘアワックスの重要度もかなり高い。ベースのヘアスタイルのディティールを調整して理想のシルエットにするためにはヘアワックスが欠かせないのだ。とくに髪を動かすのが大切なショートヘアは、他のレングスよりもヘアワックス選びを慎重に行う必要がある。そこで今回はメンズショートヘアにおすすめのヘアワックスを主メーカー5社からピックアップし、それぞれに適したショートヘアスタイルと併せて解説する。

メンズ ショートヘアにおすすめのワックス①「Arimino(アリミノ) ピース フリーズキープワックス」

日本の美容業界のパイオニアとして先陣を切ってきたアリミノから紹介するのはホールド力に定評があるピーズシリーズのフリーズキープワックス。水分が少なめのクリームタイプで、髪を1本ずつコーティングする。毛束シルエットの作りやすさより適度なボリューム出しと雨風に負けないホールド力が魅力だ。ホールド力を出すためにテクスチャは多少の粘度を感じるので、洗浄力が強いタイプのシャンプーを使うのがおすすめ。アクアカシスの男らしい爽やかな香りで好感度アップも間違いなし。

詳細・購入はこちら

こんなショートヘアスタイルを作るのにおすすめ!「適度なボリュームとツヤ出しでかき上げセンターパートを男前スタイルに」

フリーズキープワックスを活かしてアップバングスタイルをキッチリとホールド。根元からのボリューム出しにも好適で、立体感があるアップバングスタイルを作り出すのにピッタリだ。また、髪をコーティングしながら適度なツヤ感を演出するので、七三アップバングのデキる男感を際立たせるのも容易い。スタイリングは七三に分けてからドライヤーで後ろ方向に流すように乾かし、手のひらに満遍なく広げたスタイリング剤を根元からしっかり馴染ませて髪を立たせる。そしてボリュームを落ち着かせながら後ろに流すように手ぐしで毛流れを整えよう。

こんなショートヘアスタイルを作るのにおすすめ!「シャープな毛流れをホールドして洗練された男らしさを一日キープ!」

直毛やストレートパーマは髪同士の摩擦が少ないのでセットがキープしにくい。しかし、フリーズキープワックスのコーティング能力とホールド力があれば繊細なストレートヘアをキープさせるのもお手の物だ。こちらのヘアスタイルはレイヤーを施しながら適度にトップにボリュームを出したツーブロアシメスタイル。アシメスタイルの左右非対称なシルエットはしっかりとホールドさせることで魅力が高まるのでフリーズキープワックスが最適。スタイリング剤をつけすぎるとベタっとした質感になり、せっかくの清涼感が損なわれてしまうので少量ずつ使おう。

メンズ ショートヘアにおすすめのワックス②「ナカノ タントN ワックス4 ハードタイプ」

ナカノの代表的なスタイリング剤のタントシリーズ。豊富なラインアップで、どんなレングスや髪質の方でも思い通りのシルエットを手に入れられるのが魅力だ。また、ドラッグストアやコンビニでも取り扱っており、手軽に購入できるのもありがたい。そんなナカノタントシリーズからメンズショートヘアにおすすめしたいのは4番ハードタイプ。5番以降のハードタイプよりホールド力は劣るが、操作性とキープ力のバランスが良く、適度なツヤも演出できる。それゆえ、イマ流行りのツヤを感じるマッシュスタイルや、無造作ヘアにも適しているのだ。さらに、タントシリーズは紫外線防止とヘアカラー退色防止機能が備わっているので、ヘアカラーを施したヘアスタイルにもおすすめしたい。

詳細・購入はこちら

こんなショートヘアスタイルを作るのにおすすめ!「毛先までタップリ遊びをきかせたノン刈り上げアンニュイマッシュ」

ノン刈り上げである程度長さを残したマッシュヘアをタント4で毛先までしっかりと操作。ランダムな方向に動く毛先と、軽くて柔らかい質感にツヤを加えながらコントロールしてアンニュイさをメイク。ノン刈り上げなのでナチュラルさが際立っており、アンニュイな雰囲気が漂っているのがこのヘアスタイルの魅力だ。パーマを活かすためにラフな手つきで頭皮を優しくさするように乾かしたらタント4を根元から馴染ませよう。クシャクシャと髪を掴むように満遍なく浸透させたらボリューム調整をして完成。毛束は軽く整える程度にして、あえて毛流れを綺麗に整えないようにするのがコツだ。

こんなショートヘアスタイルを作るのにおすすめ!「透明感が決め手のカラースタイルをキープしながら理想のマッシュフォルムに」

エアリーな質感が何とも言えないスマートマッシュをダブルカラーで透明感があるヘアスタイルに仕上げる。ダブルカラーは髪の性質上色落ちしやすいという難点があるが、ナカノタント4なら退色防止効果で抑制が可能だ。また、タント4の高い操作性でシャープな毛束が作りやすいのもポイント。ツヤ出し効果もあるので、ダブルカラーのヘアダメージによるパサつきをケアできるのも頼もしい。スタイリングはワックスを馴染ませて毛束を軽く整えるだけなので誰でも簡単にできるだろう。最初のドライヤーの時点で根元からしっかりと乾かして髪にボリュームを持たせることを忘れずに。

メンズ ショートヘアにおすすめのワックス③「DEUXER(デューサー) ナンバースリー アクアジェルワックス 6G」

9種類で構成されているデューサーシリーズは、1日中スタイリングをキープできるホールド力が魅力。髪の細胞間脂質と似たマカダミアナッツバターを配合することで髪に馴染ませやすくし、髪にワックスが吸収されても重くならないように設計されている。また1/12回転キャップを採用することで、スタイリング剤がちょっと足りない時や手が濡れている時でも蓋を簡単に開けられるようにしているのも地味に嬉しいポイント。そんなデューサーシリーズで今回おすすめするのはアクアジェルワックス。シリーズ随一のセット力とツヤがあるのが特徴で、バーバー風スタイルや濡れ髪風のパーマヘアに最適。ジェルとワックスの中間のような柔らかいテクスチャで馴染ませやすい。

詳細・購入はこちら

こんなショートヘアスタイルを作るのにおすすめ!「ツヤが決め手のクラシカルバーバースタイル」

サイドを刈り上げて前髪部分にボリュームを持たせながらオールバックにした“デキる男”感漂うヘアスタイル。毛流れを魅せるヘアスタイルはウェット感が大切なのでアクアジェルワックスのツヤ出し効果がピッタリだ。大胆にかき上げて毛流れを作るオールバックスタイルを仕上げる時はコームを使うが、サラっと髪に馴染むお陰でスタイリングがしやすいのが嬉しい。軽くて柔らかいテクスチャだが、しっかりとホールドしてくれるのも心強いポイント。しっかりとドライヤーで方向性をつけながら乾かしてアクアジェルワックスを全体に馴染ませ、目が細かすぎないコームを使って毛流れを整えれば完成だ。直毛か弱めのクセ毛の方におすすめ。

こんなショートヘアスタイルを作るのにおすすめ!「濡れ髪がセクシーさを演出するセンターパートスタイル」

緩めのパーマをかけた今風センターパートをアクアジェルワックスのツヤ感で色っぽく仕上げる。髪の毛は濡れた状態が一番カールが強くなるので、濡れ髪セットの際にカールが強くなりすぎないようにパーマの強さをコントロールするのが大切。また、こちらのヘアスタイルはウェット仕上げだが適度な束感があるので、ベタっとしないアクアジェルワックスの実力を発揮しやすい。スタイリングは8割程度乾かした状態の髪にワックスを馴染ませてセンターパートを作り、軽くさすって毛束を散らせるようにするのが大切だ。

メンズ ショートヘアにおすすめのワックス④「OCEAN TRICO(オーシャントリコ) ヘアワックス ジェット 」

原宿の人気サロン「OCEAN TOKYO」がプロディースするオーシャントリコシリーズは2年間の開発期間でこだわりぬいて作られた。このヘアスタイリング剤で虜になってほしいという想いを込めて名付けられたネーミング通り、一度使ったらリピートしたくなるほどの質の高さが魅力。また容器にもこだわっており、丸い形にすることで最後まで使いきれるように設計しているのも嬉しいポイントだ。今回紹介するオーシャントリコワックスのジェットは、2021年に複数のメンズ雑誌の様々な賞において第1位を獲得しており、オーシャントリコシリーズの中でも1番の人気を誇る。シリーズ最強のキープ力でしっかりと髪を立ち上げるのが得意かつツヤ感と高い操作性もあるので流行りの束感ヘアを作るのに最適。ちなみに男らしい爽やかな香りは、多くのメンズに使われている香水であるライジングウェーブから。

詳細・購入はこちら

こんなショートヘアスタイルを作るのにおすすめ!「細かい毛束を生み出してスパイキーさを強調させたワイルドアップバングショート」

ベースはサイドとバックを甘めに刈り上げたツーブロックショート。そこにジェットワックスで細かい毛束を生み出してアップバングのスパイキーヘアに仕上げた。ダブルカラーで透明感あるシルバーにしているのもスパイキーヘアのクールな印象を引き立てるのに役立っている。一見派手な印象になりやすいシルバーカラーを、トーンを下げて厳つさを緩和させたのがポイントだ。スタイリングが難しいと思われがちの束感ヘアだが、ジェットワックスの柔らかいテクスチャによる馴染ませやすさと操作性の高さがあれば問題ない。ドライヤーでボリュームを出しながら乾かしたら根元からスタイリング剤を馴染ませ、少量ずつ髪をつまんで束感を生みだそう。

こんなショートヘアスタイルを作るのにおすすめ!「躍動感ある反りと立ち上がりのジェットモヒカンスタイル」

サイドを刈り上げてタイトにし、トップにかけてしっかりと立ち上げたジェットモヒカンスタイル。適度な束感と反り上がるシルエットが特徴の前髪で男らしさを抜群に引き出せるヘアスタイルだ。モヒカンスタイルの中央に向かって立ち上がるシルエットを作るためにジェットワックスの高い操作性とキープ力が大活躍。それに束感を作るのも得意なのでモヒカンスタイルに最適のワックスと言っても過言ではないだろう。スタイリングに関しては、最初のドライヤーで乾かすのが肝心。前髪を反らすように熱で形作ったらワックスを根元から馴染ませて髪を立ち上げよう。中央に集めるように毛束を整えたら完成だ。

メンズ ショートヘアにおすすめのワックス⑤「DEMI(デミ) ウェーボ デザインキューブ ドライワックス」

個性的なパッケージが洒落ているウェーボデザインキューブは多くの美容室でも使われており、プロが認める質の高さが魅力。卵殻膜配合によって保湿効果があるので、スタイリングしながら髪に潤いチャージが可能だ。そんなウェーボデザインキューブシリーズのドライワックスはマットな質感と、軟毛でもふんわりとボリューム出しができるのが特徴。また、べたつかない使い心地だがしっかりしたセット力があるのもポイント。最近のトレンドの無造作な質感のヘアスタイルや、ラフな男らしいパーマスタイルにいかがだろうか。

詳細・購入はこちら

こんなショートヘアスタイルを作るのにおすすめ!「ラフなツイストパーマスタイルをマットな質感で男らしく仕上げる」

流行りのセンターパートをツイストパーマと合わせて個性をプラス。ツイストパーマのヘビーな質感をドライワックスのマットな質感でよりワイルドに仕上げたのが特徴だ。トレンド感を追求すると他人と似た髪型になりやすいので、他人と被りたくない方はツイストパーマをトレンドヘアにmixさせるのをおすすめする。こちらの髪型は最初にセンターパートで分ける位置を決めたらカールを生かすように揉み込みながら乾かすのがコツ。ドライワックスは全体に馴染ませ、軽く根元にボリュームを出すイメージで。クリームタイプのマットワックスなので馴染ませやすさもピカイチだ。

こんなショートヘアスタイルを作るのにおすすめ!「エアリーさとドライな質感が合わさった無造作ショートヘア」

マットワックスだがファイバーワックスのような使い方ができるドライワックスは軽やかな動きを作るのもお手の物。パーマで躍動感を加えたショートヘアのツヤを抑えながらボリュームを出してや柔らかい印象に。フローラル系の香りも合わさって優しい印象を与えられるので万人受け間違いなし。スタイリングは空気を含ませるようにボリュームを出しながらドライし、髪を揉み込むようにスタイリング剤を馴染ませる。ドライワックスの再セットのしやすさも嬉しいポイントだ。

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する