男らしさを上げるツンツンヘアー10選!スタイリング剤やヘアセットのコツも併せて紹介

Share

ハリネズミのような尖ったシルエットが特徴のスパイキーヘアこと、通称ツンツンヘアー。基本的にショートベースに仕上げるため爽やかで男らしい印象をプラスでき、その躍動感あるヘアセットは快活さをも底上げしてくれる。今回はそんな「ツンツンヘアー」をテーマに、おすすめの髪型やツンツンシルエットを作るためのスタイリングテクニックを紹介!

ツンツンヘアーに適した髪の長さはどれくらい?

ツンツンヘアーの要である“ツンツン感”を作るためには、根本から毛が立つような長さであることと、動かしやすさが大事になる。そのため、基本的には下にピックアップした男性のようなベリショート〜ショートレングスが最も適していると言えるだろう。長すぎると毛束は作れるが毛を動かしづらく、重たい印象になるため注意が必要。その一方で、短すぎると毛束が作りにくいのでツンツンヘアーは実現しにくい。とはいえ、自身の毛の硬さによってツンツンヘアーに適した長さは若干変わるので、美容師と相談しながら決めていくのもおすすめだ。

ツンツンヘアーを探す

ツンツンヘアーはどんなヘアスタイリング剤で作れる?

ツンツンとしたシャープな束感を作るには、セット力に優れたヘアワックス、あるいはキープ力に秀でたジェルワックスやグリースを使うのがおすすめだ。基本的にはハードワックスを使用し、ツヤ感を出したい時にはウェット系スタイリング剤を使うと良いだろう。また、硬毛はとくに使用するスタイリング剤は選ばないが、軟毛の場合はワックスの重さに髪が負けてしまうことがあるのでファイバー系などは避け、マット系ワックスを使用するのがおすすめだ。

ヘアワックスを探す

ツンツンシルエットを維持するカギはヘアスプレーにあり!

ツンツンヘアーの仕上げには、必ずヘアスプレーを使用するのが定石。せっかく作った毛束が時間の経過とともにヘタってしまわないよう、ハードタイプのヘアスプレーで固めよう。吹きかける際には毛の根本を狙うとシルエットを維持しやすいが、髪の近くで一部分に吹きかけるとベタついたり、違和感のあるテカリが出てしまうので要注意。

ハードタイプのヘアスプレーを探す

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する