アシメスタイルで一味違ったお洒落メンズヘアに!おすすめの髪型10選&スタイリング剤も併せて紹介

Share

手軽にイメチェンをしながらこなれ感を演出できるアシメスタイル。全体の長さを大きく変えなくても、前髪の長さに変化をつけたり、片側に流したりして左右非対称のシルエットにするだけでガラリと印象を変えられるのが魅力だ。今回はそんな男性のアシメヘアにフォーカスし、手軽にできてアレンジもしやすいおすすめのヘアスタイルとスタイリング方法を紹介!

スポンサーリンク

そもそもアシメヘアとは?

アシメとは「アシンメトリー」の略で、アシメヘアは左右非対称のシルエットのヘアスタイルのことを指す。スタイリングによって前髪やサイドの髪を片側に流すようなセットをすれば左右非対称なシルエットになるが、アシメヘアはスタイリング前でも左右非対称になることが特徴として挙げられる。決して大きく左右差がついた髪型のみがアシメヘアと呼ばれるわけではなく、僅かにでも左右非対称であれば該当するが、左右差が大きければ大きいだけ個性的な印象を与えられるだろう。ちなみに、2000年初頭にはストレートヘアに髪の毛を盛った、いわゆるギャル男的なアシメヘアが流行ったが、現在ではそういった派手なものは好まれない傾向にあるため、多くのヘアサロンでは比較的シンプルに仕上げたアシメヘアが提案されている。

メンズのアシメヘアを探す

アシメヘアはビジネスシーンにも対応可能?

ビジネスシーンでは「ナチュラルさ」と「清潔感」が大事なので、極端に左右差をつけたヘアスタイルにしなければ問題ないはずだ。たとえば、前髪に僅かな長さの差をつけて自然におろしたり、前髪の長さの差を生かして七三分け風にするなど、個性を抑えてナチュラルに仕上げたアシメヘアにする手立ては意外と多い。また清潔感に関しては、全体の長さをショート以下のレングスにすればクリーンなイメージを与えられるので問題ないだろう。

画像元:Unsplash

メンズアシメスタイル10選!スタイリングについても紹介

アシメスタイルと聞いて少し古臭そう…と思う方も少なくないかもしれないが、現在でも多くのサロンからトレンドヘアにアシメアレンジを加えたヘアスタイルは提案されている。そこでここからは、現在のトレンド性も踏まえたアシメヘアスタイルを厳選して紹介。スタイリングについても解説するので参考にしてみてほしい。

メンズアシメスタイル①「男らしさの中に微かに感じるこなれ感が特徴のワイルドベリーショート」

サイドと襟足を刈り上げて丸みを帯びたシルエットに仕上げたオシャレボウズベース。前髪をアシメにしてさりげなく流しているのが、このヘアスタイル最大のポイントだ。ベリーショートのレングスは清潔感や男らしさを十分に演出できるが、一歩間違えればイカついムードになることも。アシメヘアならそんな雰囲気を感じさせずマイルドに仕上がるので、ベリーショートヘアを気軽な気持ちで試せるはずだ。

▶︎スタイリングのポイント

オシャレボウズは他のスタイルに比べてセットがとにかく楽。しっかりと髪の根本から乾かし、少量のワックスを馴染ませながらトップを立たせよう。前髪は最後に手に残ったワックスを使って流れを整える程度でOK。短いヘアスタイルなので、髪の毛のクセが強い人でもクセをあまり感じずに再現しやすいだろう。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「MEUVLE(ミューヴル) ドライハードワックス D7」

詳細・購入はこちら

メンズアシメスタイル②「ベリーショートヘアスタイルで差別化を図るならアシメは効果的!」

男らしくて硬派なイメージがあるベリーショート×ツーブロックの髪型も、アシメによって遊びをきかせれば柔和な印象に。こんな風に前髪をアシメにすることで、硬くて太い髪質でもスタイリングしやすくなるため、ヘアセットでお悩みの方にもおすすめだ。

 

▶︎スタイリングのポイント

アシメ感を生かすために、全体的に右から左へと毛流れを作るようなイメージでセットするのがポイント。前髪は根元から立たせながら流すようにして、アップバングで男らしく仕上げるとサマになる。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「ナカノ モデニカ タイトハードジェル」

詳細・購入はこちら

メンズアシメスタイル③「マッシュ×アシメで流行りに乗り過ぎないアクセントを加えたこだわりのヘアスタイルに」

柔らかさとナチュラルな雰囲気を演出できるソフトマッシュベースにしつつ、サイド部分はツーブロックにしてボリューム感をオフ。わずかに右から左に長さを出しているアシメヘアで、トレンドスタイルの中にもさり気ないアクセントを加えているのが好印象。

▶︎スタイリングのポイント

サイドは抑えてトップにはボリュームを出すようにしっかりとドライし、柔らかな質感を出しやすいスタイリング剤を使用。毛先のラフな動きも大切なポイントなので、柔らかい手のタッチで力を入れすぎないスタイリングにしよう。緩めのカールがあると雰囲気があるスタイルになるので、直毛の人はニュアンスパーマでクセ毛風にするのがおすすめ。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「DEMI(デミ) ウェーボ デザインキューブ ライトワックス」

詳細・購入はこちら

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する