男の色気を引き出すタリアトーレ(TAGLIATORE)の魅力とは?

タリアトーレ(TAGLIATORE)といえば、独特な素材感と、セクシーなウエストの曲線デザインが特徴のテーラードブランドだ。そしてデザイナーは、あのバットマンの衣装も手がけている。既製服の限界を超えたこだわりを持つブランドとして、イタリアのファッション業界で話題を独占したことでも有名なタリアトーレ。今回はそんなタリアトーレ(TAGLIATORE)にフォーカスして、気になる歴史や代表的アイテムを紹介!

スポンサーリンク

タリアトーレ(TAGLIATORE)とは?

1960年代に創業したLERARIO(レラリオ)社のサポートの元、二代目Pino Lerario(ピーノ・レラリオ)氏が1998年に立ち上げたイタリアンテーラーブランド。大胆にウエスト部分が絞られた独特なシルエットのジャケットの制作から、ジレに付けるチェーンのコーディネートの提案まで行なうオリジナリティのあるブランドだ。

タリアトーレのロゴcestmagnifique

タリアトーレには、イタリアンテーラーの技術と思想が根底にあるため、既製服ながらもオーダーメイドのような快適な着心地を実現。モダンとクラシックの要素を兼ね備えたブランドとして、イタリアのファッション業界で話題を独占するほどの人気を集めている。▶︎TAGLIATOREの公式サイトはこちら

タリアトーレの由来とは?

タリアトーレ(TAGLIATORE)のブランド名はピーノ氏の祖父の職業が関係している。ピーノ氏の祖父は、シューズのアッパー部分を裁断する職人だった。イタリア語で裁断という単語は「タリアータ」、裁断士は「タリアトーレ」だ。裁断へのこだわり、そして祖父へのリスペクトも込めて「タリアトーレ」というブランド名が誕生したというわけだ。

タリアトーレの裁断を行う場面

cestmagnifique

ピーノ氏曰く、もともと自身の名前をブランド名にする予定だった。しかし、発音が難しい点に加え、イタリア語で「エラリオ」という発音は「税金徴収官」の意味も含んでいたことから、世間に誤解を招く恐れを回避するために、他のブランド名に変更したという愉快な裏話が存在している。

ピーノ・レラリオ(Pino Lerario)氏とはどんな人物?

1998年にブランドを出す以前は、幼少期から家系の職業柄テーラーに浸りきりな生活を送っていた。なんと5歳の頃からテーラーの世界に出入りをしているという。テーラーの血筋が見事に受け継がれ、TAGLIATORE設立以来、ピーノ氏はデザインに留まらず、パターンや縫製など全ての行程に指示を出す。デザイナーよりもモデリストという職種に近いのかもしれない。更に、ピーノ氏はショップのオーナーまで務めるハードワーカーだ。バットマンの衣装も手がけた実績も持っている。

タリアトーレを手がけるピーノ・レラリオ氏urbanitaly

タリアトーレならではの衣服へのこだわり

ピーノ・レラリオ氏が手掛けるタリアトーレが生み出す服は、高品質で最高の着心地を約束する仕立てが大前提だ。その上に、トレンドを意識したディテールや素材選びを行い、イタリアンテーラーの流儀にふさわしい独特でセクシーな雰囲気を生み出す。また、敷地内の工場で全行程を一貫して行うため、ボタンなどの資材隅々まで、ピーノ・レラリオ氏の拘りが垣間見ることができる。

TAGLIATOREの縫製・仕様の魅力を紹介!

実際にタリアトーレが仕立てる服のどこが魅力的なのか。ジャケットにフォーカスして紹介。

タリアトーレの魅力 1「ワイドラペル」

袖の付け位置の肩先の縫い目まで及ぶ程に広く設計された襟。細々しいラペルは、頼りない印象を与えやすいが、タリアトーレのラペルはとても広いうえに、体のラインに美しく沿うようなしなやかな返りのラペルを制作する。クラシックを尊重しているが「昔の服」という野暮ったいイメージは一切無く、シルエットのバランスも考慮された仕立てはタリアトーレの特徴の一つだ。

1tagliatore

タリアトーレの魅力 2「セクシーさを表現するウエストのシェイプ」

フロントを開けて着用しても確認できるほどのウエストシェイプも、タリアトーレの特徴だ。ウエストのシェイプの美しさは、イタリアで重要視される「セクシー」な要素の一つだ。タリアトーレが誇るウエストのシェイプが効いた独特の形状を実現させるには、ただウエストを絞れば良いものではない。ジャケットは、各部の寸法のバランスが取れて初めて成り立つものであり、独特な「シェイプ」を生み出すためには、胸幅や裾周りの寸法など、様々な箇所を計算し直す必要がある。タリアトーレが生み出すジャケットからは、相当な回数のシルエット検討の賜物と卓越した裁断スキルの高さが伺える。

10tagliatore

タリアトーレの魅力 3「運動量を考慮した独自のパターン設計」

タリアトーレは、パターン設計にもこだわりが顔をみせる。通常のテーラードジャケットに比べ、後ろに大きくズラした肩線は、ラグランの切り替えを思わせる。この設計により腕の可動域が広がり、正面から見た場合に肩線が隠れ、柄が奥まで続いて見えるデザインになっている。機能性とデザイン性を兼ね備える点も、タリアトーレの魅力と言えるだろう。

タリアトーレのジャケット

タリアトーレの「ジレ」はクラシックの醍醐味!?

ジレというのはイタリア語で、中に着るベストの意味。(綴りは違うが、フランス語でも同様の意味をもつ。)
ピーノ・レラリオ氏曰く、50〜60年代のイタリアファッションに、追い求める理想が存在しており、その年代においては皆が「ジレ」を着用していることから、当時のクラシックを体現するために「ジレ」は非常に重要な役割を果たすというのだ。ジャケットを脱いだときにだらしなく見えず、ジャケットの形状を美しく保つ助けにもなるうえ、男性の品を上げ、着こなしの幅を広げるアイテムの「ジレ」。クラシックを語る上で無視出来ない存在だ。

image22tagliatore

タリアトーレは、生地に限らず付属品へのこだわりも徹底

生地は、贅沢で華やかな印象のものが多い。ピーノ・レラリオ氏が納得するまで、生地の理想を追求するという。希望のテキスタイルがなければ、生地会社に自分の足で出向き、糸からセレクトオーダーする程の徹底ぶりはさすがだ。そして、ボタンなどの付属品ですら拘りをみせるのがタリアトーレ。付属品も、ピーノ氏が厳選したものが、衣類に取り付けられる。

tagliatore_85qeg008_i1011-4_1mood54

タリアトーレが行う「パーソナライズシステム」とは?

バイヤー向けのサービスで、豊富にあるボタンの種類から、ステッチの色、肘へのパッチなどの仕様をバイヤー好みにカスタマイズ出来るものだ。ピーノ氏曰く、高級車の中の仕様を自由にカスタマイズ出来るのと同じ様に、服にもその要素を持ってきたのだと言う。それぞれの取り扱い店舗にてディテールに違いが出るのは、タリアトーレならではだろう。

タリアトーレの副資材cestmagnifique

タリアトーレが日本で人気を獲得した理由とは?

タリアトーレ自体のブランドは、1998年に創業されているが、日本に入ってきたのはつい最近のことだ。彗星の如くタリアトーレが現れ、人気を獲得したのは理由が存在する。実は、日本にタリアトーレが渡ってきた際、ブランド創業時よりも日本人の体型向けにリファインして展開されているため、人気を集めたようだ。タリアトーレのさりげない配慮は日本に対しても徹底されている。

タリアトーレの設計tagliatoreofficial

タリアトーレの代表的アイテム紹介

TAGLIATOREの代表的アイテム「ジャケット」

TAGLIATORE jacket

 

タリアトーレの特徴が顕著に表れているアイテムだ。ウエストのシェイプや、後ろに意図してズラされた肩線など、タリアトーレの思想が感じ取れる仕様になっている。▶︎「ジャケット」の詳細・購入はこちら

TAGLIATOREの代表的アイテム「コート」

 

タリアトーレのコート

コートもウエストのシェイプが程よく効いた人気アイテムだ。ラペルがワイドでメンズらしいダンディズムにあふれた印象を与えられるものが多い。ジャケットと値段もそれほど変わらないものが多いため、検討してみるのは如何だろうか。▶︎「コート」の詳細・購入はこちら

TAGLIATOREの代表的アイテム「ジレ」

 

タリアトーレのジレ

ジレの使用により、着こなしの幅はかなり広がるだろう。TAGLIATOREオリジナルの生地を使用したジレは、他ブランドとは一線を画す魅力的な雰囲気を演出。ジレはジャケットと同じ生地で制作される事がほとんどなので、セットで購入することでこのブランドの世界観をより味わえるだろう。▶︎「ジレ」の詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post

banner