テーラードジャケット特集【コットン/リネン編】

コットンやリネンの生地を使用して清涼感を持たせた春夏仕様のテーラードジャケット。洗い加工やアンコン仕立ても加わって、総裏仕立てのウール製テーラードジャケットとはまた異なる様々な表情を演出してくれるメンズファッション定番アイテムだ。今回は、コットン/リネン製のテーラードジャケットにフォーカスして、注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

コットンやリネンで仕立てられたテーラードジャケットの特徴とは?

コットンやリネン素材で仕立てられたテーラードジャケットは、一般的なウール製のテーラードジャケットに比べて、いい意味でも悪い意味でもラフな雰囲気に仕上がるのが特徴だ。縫製後、洗い加工やガーメントダイを施すことによってアタリを演出したこなれたデザインも多く展開されている。また、保温性の高いウール素材に対してコットンやリネン素材は速乾性や清涼感が魅力。カジュアル化しがちな春夏の着こなしに上品な雰囲気をプラスしたい場合、コットン/リネン素材のテーラードジャケットの取り入れは有力な選択肢になるだろう。関連記事▶︎テーラードジャケットメンズ着こなし特集【夏編】

コットン/リネン素材のテーラードジャケット アイテム紹介!

コットンやリネンをベースに仕立てられたテーラードジャケットにフォーカスして、セレクトショップのオリジナルブランドからイタリアナポリの本格的テーラードブランドまで注目のアイテムをピックアップ!

LARDINI(ラルディーニ) ノッチドラペル ブレザー

1978年、ルイジ・ラルディーニ(Luigi Lardini)氏がイタリアのアドリア海に面するアンコーナという港町にて創業したブランド「LARDINI(ラルディーニ)」。イタリアクラシコの王道とも言われるファミリー経営のファクトリーブランドだ。全体的にバランスの取れた上質な仕立ては、業界人からの評価も高い。アイコニックデザインはラペルに添えられた花形のブートニエール。独特な織り柄が魅力的なコットンリネン製テーラードジャケット。ベーシックでバランスの取れたシルエットが幅広い着こなしで活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

BOGLIOLI(ボリオリ) シングルジャケット NEW DOVER

サルトリアとして「モダンとクラシック」をコンセプトに掲げ、100年以上も続く老舗ブランド「BOGLIOLI(ボリオリ)」。Piero Boglioli氏が1890年代にメゾンを立ち上げ、第二次世界大戦後の1950年半ば、息子のGiuseppe Boglioli氏が後を継ぎ、当時の最先端技術を導入したアトリエを開設。後の1972年に3代目のMario Boglioli氏が世界的に名を広めている。当時の若者が着ていたお下がりジャケットのくたっとした風合いを表現するために発表された、アンコンジャケットが人気だ。コットンリネンのテーラードジャケットにもブランドの意匠はしっかりと反映されている。

詳細・購入はこちら

TAGLIATORE(タリアトーレ) モンテカルロ リネンコットン シングルジャケット

独特な素材感と、セクシーなウエストの曲線デザインや仕立てが特徴のイタリアテーラードブランド「TAGLIATORE(タリアトーレ)」。デザイナーは縫製からスタイリングの提案まで行い、あのバットマンの衣装も手がけている。ちなみに、タリアトーレのブランド名はイタリア語で裁断士の意味。リネンコットン素材をざっくりとした織り柄で清涼感を演出したシングルジャケット。生地の端はパイピング仕上げによって上品な雰囲気を演出。

詳細・購入はこちら

Circolo1901(チルコロ1901) ホップサック リネンジャケット

イタリアのバーリを拠点に、2009年から始動した新鋭アパレルブランド「チルコロ(CIRCOLO1901)」。20年間テキスタイルメーカーのS.G.L.社で経験を積んだジェラルド・ダルジェーニオ(Gennaro Dargenio)氏が、面白半分で発表したスウェット素材のジャケットが話題を集め、ブランドとして本格的に始動している。布帛とは種類の異なるニット素材ながら、テーラーの基本にそった仕立てで展開しているコレクションが人気だ。リネン素材を使用した春夏仕様のテーラードジャケット。パイピングの生地に柄物を採用してアクセントをプラス。

詳細・購入はこちら

THE GIGI(ザ ジジ) Angie チェック柄 ジャケット

2014年、イタリアのブレーシャで誕生した「THE GIGI(ザ ジジ)」。元ボリオリのデザイナーであるピエルイジ・ボリオリ氏と兄のマリオ・ボリオリ氏の兄弟が手掛けるブランドだ。ピエルイジ氏が長年温めてきたクリエーションの集大成を表現したコレクションを展開しており、ラグジュアリーな素材と絶妙な型紙が織りなすウェアは新たな次世代のダンディズムを体現している。シックなチェック柄がアクセントをプラスしてくれるテーラードジャケット。コットンリネン素材の独特なシャリ感が魅力的。

詳細・購入はこちら

Z ZEGNA(ジーゼニア) チェストポケットジャケット

世界最高峰の生地を作るイタリアメーカーZEGNAのモダンなライフスタイルライン「Z ZEGNA(ジーゼニア)」。トレンドを意識した洗練されたデザインが魅力的だ。洗い加工によってこなれた雰囲気を漂わせたリネンジャケット。コットンとは異なるリネンの独特な風合いやハリ感が魅力を引き立たせる。

詳細・購入はこちら

GABRIELE PASINI(ガブリエレ パジーニ) 2つボタンブレザー

ラルディーニとのベンチャータッグの元、独特のファブリック使いとクラシカルな雰囲気漂うデザインでファンから高い人気を集める「GABRIELE PASINI(ガブリエレ パジーニ)」。毎シーズン、それぞれの国の伝統品からインスピレーションを受けたコレクションは、どの年代でも流行り廃りの無い洗練されたデザインに仕上がっている。ネイビーのコットンリネン生地にうっすらとプリントを施すことでミステリアスな雰囲気を漂わせたテーラードジャケット。ハンドステッチ風の仕様が深みのある印象を演出。

詳細・購入はこちら

ANGELO NARDELLI(アンジェロ ナルデッリ) リネンジャケット シングル

1951年の創業以来、イタリア南部に位置するプーリア州ムルジア・ターランティーナの丘に広がるエレガントな町マルティーナ・フランカを拠点として活躍しているブランド「ANGELO NARDELLI(アンジェロ ナルデッリ)」。常に進展する市場の要請に迅速に対応できる組織力を誇り、品質保障のみならず、より厳しいクライアントのニーズにも的確に応えることを可能としている実力派。裏地、肩パッドを極力取り除いたリネン100%のテーラードジャケット。美しい発色のグリーン生地に施されたレッドのラペルピンがコントラストを効かせている。

詳細・購入はこちら

FRADI(フラディ) リネンジャケット NUVOLA

1996年、イタリアのプッリャ州で2人の兄弟によって設立されたブランド「FRADI(フラディ)」。熟練の職人が作り出すクラシックとモダンのデザインが融合した遊び心のあるラグジュアリーコレクションを展開している。袖を通したときの着心地、上質イタリア素材の風合いはイタリアミラノの伊達男からも人気が高い。NUVOLAというモデルは細すぎない適度なゆとりを持たせた王道ライン。袖口の本切羽や、ボタンには本水牛のものを採用するなど、クオリティには一切の妥協を許さない。コットンリネンのざっくりとした織り柄が春夏のジャケットスタイルに清涼感を与えてくれる。

詳細・購入はこちら

FESTA(フェスタ)  リネン混ジャケット

イタリアのナポリ近郊に拠点を構えるサルトリア「FESTA(フェスタ)」。高級ブランドと同等のクオリティを誇りながらも、ファクトリーブランドならではの高いコストパフォーマンスが人気を集めている。ウエストのシェイプやサルトリアならではの柔らかなフィット感が魅力的なウールリネンジャケット。

詳細・購入はこちら

giannetto(ジャンネット) ジャケット

1979年創業のカミチェリア・サンフォート社が、2008年から展開する南イタリアの新鋭シャツブランド「GIANNETTO(ジャンネット)」。袖を後付けする立体的な仕立てやザンパテ・グリアートと呼ばれるボタンの縫い付けなど、イタリアンシャツの伝統技術をベースとしながらも、南イタリアの港町らしさを表現したコレクションを展開している。そんなクオリティの高いシャツを仕立てるノウハウをテーラードジャケットに反映することで完成したモデル。リネン100%の生地を採用した3パッチタイプのカジュアルテーラードジャケットは、夏場でのリゾートスタイルなどで特に活躍を期待できる。清涼感を演出するブルーのカラーリングも魅力的だ。

詳細・購入はこちら

ernesto(エルネスト) リネンコットン シングルジャケット

ジルサンダー・hLamを手掛けた経験を持つジャンフランコ・ボメザドリ氏と、イタリア・リミニの名店「LACERBA」オーナー、ヴィンツェンツォ・レッジャーニ氏が共同で立ち上げたブランド「ernesto(エルネスト)」。コットンリネンで仕上げたざっくりとした風合いと軽やかな着心地が特徴のテーラードジャケット。3パッチポケット仕様のカジュアルな仕上がり。

詳細・購入はこちら

T-JK(ティージャケット) テーラードジャケット

重衣料を得意とするTONELLOが生み出したブランド「T-JACKET(ティージャケット)」。まるでTシャツを羽織っているかのような軽い着心地を実現させたジャケットのコレクションが人気を集めている。肩パッドなどをはじめとした副資材の未使用を証明するかの様に、コンパクトなチューブ状の入れ物にウェアがパッケージされている点も興味深い。サルトリアの技術を、Tシャツのように気楽に楽しめる革新的なプロダクトは世界中から注目されている。こちらのテーラードジャケットは、裏毛部分に生成りの糸を用いたデニムライクなスウェット生地で仕立てられたモデル。インディゴ染料は不使用のため、色落ちの問題を気にせず着用できる。

詳細・購入はこちら

MARIO MUSUCARIELLO(マリオ ムスカリエッロ) シングルジャケット

1964年、ジュゼッペ・ムスカリエッロ氏がナポリ近郊のサン・ジョルジオ・ア・クレマーノで創業した「MARIO MUSUCARIELLO(マリオ ムスカリエッロ)」。元々はシャツとナイトウェアを手掛ける工房から始まっているが、1973年よりス・ミズーラのハンドメイドシャツのサービスをスタート。最もこだわるポイントは着心地とナポリの伝統芸とも言える9工程にも及ぶハンドワークだ。シャツ生地で作ったシャツジャケットも有名で、手作業を6工程に入れたしなやかな着心地が人気を集めている。リネン生地を採用したテーラードジャケット。くびれのあるタイトなシルエットが、リラックスした雰囲気の中に大人の魅力を漂わせている。

詳細・購入はこちら

SOLIDO(ソリード) TALLIO

イタリアで多数ブランドを手掛けるアレッサンドロ・スクアルツ氏と、TATRASのデザインオフィス、リープス&バウンズがタッグを組み、2010年からスタートしたパンツブランド「SOLIDO(ソリード)」。世界でトップクラスの日本素材を中心に、ヨーロッパの素材や染色・紡績技術を生かし、大量生産ではなしえない加工や技術を駆使してコレクションを展開している。そんな生地使いを得意とするブランドならではのテーラードジャケットをピックアップ。高密度織りを得意とするBeste社の高密度素材を使用したコットンジャケットだ。ウレタン素材をミックスして高いストレッチ性を実現。ナイロン素材もミックスすることで光沢感のあるスポーティな仕上がりに。

詳細・購入はこちら

L.B.M1911(エルビーエム) L.B.M. Jack

1911年にイタリアのマントバで創業された老舗ファクトリーであるルビアム社が手掛けるブランド「L.B.M1911(エルビーエム)」。次世代に向けたスポーツカジュアルラインとして2006年に誕生している。コットン生地に施されたアタリが魅力的なテーラードジャケット。縫い目付近に見られる色落ちがアクセントをプラス。ジーンズとの相性も◎。

詳細・購入はこちら

DOPPIAA(ドッピアー) COTTON LINEN DOUBLE JACKET

2016年にスタートした新進気鋭なブランドながら、世界的なテノール歌手の息子がオーナーを務めるイタリアブランドとして世界から注目を集める「DOPPIAA(ドッピアアー)」。ナポリの伝統的なテーラードを踏襲しつつ、トレンド感満載の仕様を盛り込んだコレクションは前回行われたピッティウオモでも注目の的になっていた。貫禄のある印象を与えるダブル仕立てのテーラードジャケットに、コットンリネンの素材を採用することで清涼感のある雰囲気に。両玉縁仕様のポケットディテールが、フォーマル寄りな装いにも活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

GIORGIO ARMANI(ジョルジオ・アルマーニ) テーラードジャケット

モード界の帝王と言われるアルマーニ氏の意匠が一番感じられるラインといえば「GIORGIO ARMANI(ジョルジオ・アルマーニ)」。身体に寄り添うようなテーラードジャケットのシルエットが一番の美しさであるとういう考え方から、身体を構築する資材などの装飾を取り除いたデザインが人気を集めている。コットンベースにシルクをミックスすることで上品な光沢感を演出したテーラードジャケット。絶妙なステッチワークがコットンジャケットの魅力を引き立たせる。

詳細・購入はこちら

BEAMS MEN(ビームス メン) ベーシック リネン ジャケット

BASIC&EXCITINGをテーマに着心地の良い日常着を追求し、高品質かつ時代性を取り入れたウェアを中心に展開しながら「カルチャーショップ」を提案する「BEAMS MEN(ビームス メン)」。白ボタンが爽やかな雰囲気を演出するリネンテーラードジャケット。オーセンティックなデザインながら、ウエストに適度なシェイプを加え、着丈を短く設定することで現代的な仕上がりに。

詳細・購入はこちら

three dots(スリードッツ) sucker stripe 3patch JK

1995年にロサンゼルスで誕生したthree dots(スリードッツ)。フィット感とクオリティを追求したプレミアムカット&ソーのコレクションを展開するブランドだ。スリードッツの3つのドットには、pure (シンプルで洗練されていること)、effortless (自然体でいられる気持ちよさ)、luxury (最高の素材からくる上質感) の3つの意味が込められている。そんなブランドが提案するシアサッカーのテーラードジャケットは、Tシャツと相性抜群なデザイン。コットンベースのマテリアルだが、約1/4の混紡を化学繊維にすることで驚異的なストレッチと着心地の良さを実現している。

詳細・購入はこちら

STILE LATINO(スティレラティーノ)  3パッチポケット ウールシルクリネンジャケット

ナポリのATTOLINI家の長男ヴィンチェンツォ アットリーニ氏が2004年に立ち上げたブランド「STILE LATINO(スティレラティーノ)」。 ELIGO時代からのハイクオリティーな素材使いとナポリの熟練職人の手によって行われる縫製技術の高さが世界から人気を集めている。コンセプトはラテンスタイル。クラシックな素材や縫製仕様であっても、シルエットは明るく陽気なラテン系をイメージしている点が特徴だ。 そんなブランドが展開する夏仕様のテーラードジャケットは、リラックスした風合いを演出しながらも仕立ての細部にこだわり上品な着心地を実現している。丸みのある胸のパッチポケットやスティレラティーノのらしさが現れた流れるような曲線シルエットにも注目したい。

詳細・購入はこちら

Belvest(ベルべスト) JacketInTheBox 3B ウールシルクリネンジャケット

クラシコ・イタリア協会に属する高級スーツの代名詞的存在であるファクトリーブランド「Belvest(ベルべスト)」。1964年にアルド・ニコレット氏によって北イタリアのパドヴァ近郊で創業。エルメスをはじめとした多くの一流メゾンのプレタポルテを請け負ってきた名門ブランドだ。ベースはマシンメイドながら、スーツの要となる袖や襟のディテールはハンドワークを用い、ソフトで軽い着心地を追求している。ウールベースにシルクとリネン素材をミックスすることによって清涼感をプラスしたラグジュアリーなテーラードジャケット。奥底から放たれる光沢感とアンコン仕立ての軽やかさのバランスが絶妙に保たれている。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ