夏のマスク焼けを防ぐ!UVケアグッズ9選を紹介

Share

紫外線の量も強さも増すサマーシーズン、気をつけておきたいのがマスク着用による日焼け跡。「マスク姿で長時間外にいたらくっきりマスクの跡が…」なんてことにならないよう、顔のUVケアはしっかりと行いたいところだ。そこで今回は夏のマスク焼けを防ぐための「UVケアグッズ」をテーマに、おすすめ品を紹介!

スポンサーリンク

まずはUVケアグッズの基本の“基”をチェック!

日焼け止めで良く見る「SPF」と「PA」とは?

コスメグッズに詳しい方はご存知だと思うが、日焼け止めには「SPF」と「PA」が必ず表記されており、これらは紫外線防止効果を示している。「SPF」は赤みや炎症を起こすUVB(紫外線B波)を防ぐ効果指数で、1〜50+まで数値が大きい方が高い効果が得られる。一方「PA」は肌をすぐ黒くするUVA(紫外線A派)に対する防止効果を示すもので、“PA+”〜“PA++++”までの4段階で表示され、“+”が多いほど防止力が高まる。まず日焼け止めを購入する際には、この「SPF」と「PA」の数値をチェックして選ぶのが定石だ。

メンズ向けの日焼け止めを探す

「SPF・PAの数値が高いものを選べば安心」は間違い!シーンによって日焼け止めを使い分けるのが基本

紫外線防止の数値が高ければ安心か、というとそうではない。防止力が高いものは肌への負担も強いため、シーンによってはToo Muchになる恐れも。とくに敏感肌や乾燥肌の方は肌荒れの原因になりかねないのでご注意を。そんな日焼け止めの選び方だが、使うシーンに合わせてチョイスするのがオススメだ。たとえば炎天下でのレジャーなど長時間に渡り紫外線に晒される場合は「SPF50/PA++++」の最高値のUVカットを。短時間のスポーツなら「SPF30/PA++」程度でも紫外線から肌を守れる。日焼けを防ぎ、なおかつ肌に余計な負担をかけないためにも、数値の異なる日焼け止めを持っておき、シーンによって使い分けるのがお約束だ。

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する