夏スーツに最適な生地とは?おすすめブランドも併せて紹介

Share

ジメッとしたイヤな暑さの夏でも、業種やシーンによってはスーツを着ないといけない場面もチラホラ。そこで今回は「夏用のスーツ」にフォーカスし、最適な生地の選び方からおすすめブランドを紹介!

【関連記事】夏スーツの着こなし特集!注目コーデやトレンド、おすすめブランドを紹介

夏スーツをスマートに着こなすなら、生地のチョイスと着こなし方が重要。今回はそんな...
スポンサーリンク

夏スーツを選ぶなら生地素材をチェック!

夏用スーツと一口に言っても、生地の素材によって着心地から印象まで大きく変わる。まずは生地に使われる素材の種類を把握し、その上で自分のライフスタイルにピッタリなスーツを探してみて欲しい。

夏スーツの代表的な生地素材①「吸湿性と肌触りに優れた定番素材“コットン”」

天然繊維の定番であるコットンは、吸湿・放湿性に優れており柔らかな肌触りが特徴的な素材。春夏向けのカジュアルな生地に多く用いられるが、折り方や仕上げの違いでビジネススタイルに使えるものまで様々。生地としては、サージやシアサッカー、ギャバジン、コードレーンなどが定番として知られている。

夏スーツの代表的な生地素材②「盛夏に最適な素材といえば“リネン”」

コットンやシルクよりも遥かに吸水力と速乾性に優れ、汗や水分を素早く吸い取り発散するリネン。シャリ感のある独特の触感はベトつきが少なく、通気性もバツグンで涼感たっぷりだ。リネンの欠点といえばシワになりやすい点だが、昨今では合成繊維やウールと混紡させることでシワがつきにくく型崩れしにくいモデルも展開されている。

夏スーツの代表的な生地素材③「強度・耐摩耗性の高さがウリの“ナイロン”」

“ナイロン”は耐摩耗性に優れており、伸びがあって柔らかいのが特徴だ。ナイロン単体で作られたスーツはアクティブ感があり、セットアップスーツとして展開されているものがほとんど。天然繊維とナイロンを混紡した生地は、両者の特長であるナチュラルな風合いと強度の高さを併せ持っているため、幅広いシーンで活躍することうけあいだ。ちなみに「ポリアミド」と表記する場合もある。

夏スーツの代表的な生地素材④「夏向きに作られた風通しの良い“ウール”も注目!」

ウールといえば冬のイメージを持っている方は少なくないと思うが、繊維自体に空気を含めることができ熱伝導率が低いため、織り方によっては夏でも快適に着られる。また、吸湿・放湿性にも優れているのに加えて型崩れしにくい生地なので、ビジネス用として夏スーツをお探しならウールが間違いないだろう。しかし連続着用はダメになりやすく好ましくないため1度着たら2日程度は休ませるのがお約束。ちなみに、ウールを使った夏の代表的な生地としては、トロピカルやブロードクロスが挙げられる。

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ