チノパン コーデ 特集!メンズのド定番ボトムスを使って洒脱に仕上げた着こなし&アイテムを紹介

カジュアルパンツのド定番アイテムとして絶大なる人気を誇るチノクロスのトラウザーズ、通称「チノパン」。19世紀中頃には英国・仏国の正式な軍服として採用されたという経緯からすれば、その屈強さはミリタリーのお墨付き。しかもミリタリーのみならず、ワークやアメトラといった様々なテイストも兼ね備えており、存外どんなアイテムとも相性が良いのも魅力だ。今回はそんな「チノパン」にフォーカスし、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

チノパンとは?

チノパンとは「チノ・パンツ」の略称である。「チノ・クロス」と呼ばれる綿やポリエステル(稀に麻)の生地で出来たズボンの一種を指す。インドに駐屯していたイギリス陸軍のカーキ生地の軍装が起源で、その後アメリカ陸軍にも採用されている。米西戦争の戦地であったフィリピンから帰国した兵士より、1900年代にアメリカ国内に広まった。名称はスペイン語で中国人という意味の「Chino」から来ている。フィリピンでは戦争後、これらの服装を着たのは中国人農民(Camisa de chino)であったことから、名前の由来となったという説が有力だ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Elodie Jauneauさん(@elodie_jauneau)がシェアした投稿

チノパンに使用される「チノ・クロス」とは?

チノ・クロスは綿のツイル生地で、元々19世紀中頃に英仏の軍隊の制服に使われた生地である。作業着にも使われていることが多い。生地は基本的に左綾織りで、防水加工が施されたモデルも発表されている。ちなみに、双糸(コーマ糸)の右綾織りで作られた生地はウエストポイントと呼び、通常のチノに比べ、光沢感が強く、耐摩擦にも優れている。このウエストポイントは、ニューヨーク州にある陸軍士官学校、通称「ウエストポイント」にちなんで名付けられ、戦後盛んに輸出された。陸海軍の制服地に使われていたため、アメリカでは「ユニフォーム・ツイル」と呼ぶのが一般的だ。

続いては、チノパンを使った注目の着こなしを紹介!

2/31GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ