チノパン コーデ メンズ 特集

メンズファッションの定番アイテムであるチノパン。誰もが持っているアイテムだからこそ、コーディネートやアイテムテョイスでセンスの差が現れる。今回は「チノパン」にフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

チノパン×ネイビーTシャツスタイル

チノパンにネイビーTシャツを合わせてコントラストを効かせたスタイリング。ヘンリーネックやロールアップが抜け感をプラス。バーガンディのタッセルローファーがこなれた雰囲気を漂わせている。

SIVIGLIA(シビリア) チノパン

2005年にイタリアのアンコーナで始動した「SIVIGLIA(シビリア)」。スラントポケットの採用によって、ドレススタイルにも対応したスリムチノパン。ベルトループに施されたストラップがアクセントに。

詳細・購入はこちら

チノパン×ホワイトTシャツスタイル

ツープリーツが入ることで腰回りにゆとりが入ったシルエットのチノパンにホワイトTシャツを合わせたシンプルなスタイリング。薄手の柄ストールを首から垂らすことでアクセントをプラス。

SOLIDO(ソリード) CERIO

2010年よりスタートしているパンツブランド「SOLIDO(ソリード)」。生地に独特な高密度素材を使用したチノパン。ワイドシルエットならではの腰周りのボリュームとSOLIDO特有のテーパードか特徴的なワイドパンツ。

詳細・購入はこちら

チノパン×テーラードジャケット×チェックシャツコーデ

グレーのテーラードジャケットにチノパンを合わせたカジュアルジャケパンスタイル。ボタンダウンのチェックシャツとブルーニットタイを組み合わせてアクセントをプラス。

CIRCOLO(チルコロ) パンツ

イタリアはバーリに拠点を構え、テキスタイルメーカーS.G.L.社が展開するブランド「CIRCOLO 1901(チルコロ)」。独自の染め加工を駆使して表情のある風合いに仕上げたチノパン風ジャージーパンツ。

詳細・購入はこちら

チノパン×ポロシャツコーデ

ノークッション丈に仕上げたチノパンにトリコロールのラインがアクセントになったネイビーポロシャツを合わせて大人スポーティスタイルが完成。足元にはアディダスのホワイトスニーカーをチョイス。

DIESEL(ディーゼル) CHI-BREED TROUSERS

上質なカジュアルウェアを展開するイタリアブランド「DIESEL(ディーゼル)」。ウエストベルトの絞りを調整できるボタンベルトのディテールがアクセントになったチノパン。

詳細・購入はこちら

チノパン×リネンジャケットスタイル

ストレートシルエットで裾にダブル仕上げを採用したチノパンにシワ感が特徴的なリネンジャケットを羽織った春夏仕様のジャケパンスタイル。インナーにストライプシャツを着込んで爽やかな印象に。

GTA(ジーティーアー) 先染めコットンサルトリアルディテールパンツ

1955年、イタリアにて創業されたパンツ専門ファクトリーから始まったGTA(ジーティーアー)。快適な穿き心地とラインの美しさでその名を知らぬ者がいないほどの数多くのブランドパンツ生産を手掛け、1999年にオリジナルブランド「GTA(ジーティーアー)」をスタートしている。フロントに入った深めのプリーツが特徴的な601モデル。

詳細・購入はこちら

チノパン×ポロシャツコーデ

チノパンに霜降り柄が施されたネイビーポロシャツを合わせたコーディネート。足元には履き込んだ風合いのローテクスニーカーを合わせてこなれ感を演出。

BERNARD ZINS(ベルナールザンス) コットンチノスラックス

1967年フランス北部の街ランスにて、ベルナール・ザンス氏が高級パンツ専業ブランドとして設立したブランド「BERNARD ZINS(ベルナールザンス)」。てんぐ鼻の持ち出しやループベルトなど、サルトリアルを思わせるディテールが随所に施されたチノスラックス。

詳細・購入はこちら

チノパン×レザージャケットスタイル

ブラウン系のアイテムで全体を統一したまとまりのある印象のスタイリング。ブラウンのレザージャケットからチノパンへの綺麗なグラデーションに注目したい。サングラスのレンズにもブラウンを採用する徹底ぶり。

Incotex(インコテックス) プリーツチノパン

1951年にイタリア・ヴェネチアで誕生し、「Solo Pantaloni(=パンツ一筋)」を掲げ、60年以上に渡りパンツを作り続けているブランド「INCOTEX(インコテックス)」。美脚シルエットが有名な定番モデル603にワンプリーツをプラスした694モデル。ワンプリーツならトレンドのクラシックディテールを違和感なく取り入れやすい。

詳細・購入はこちら

チノパン×サックスブルーシャツコーデ

チノパンにサックスブルーのシャツを合わせて爽やかな印象に仕上げたコーディネート。肘の上まで大胆にロールアップした袖が抜け感を加速させる。

PT01(ピーティーゼロウーノ) コットンパンツ  CONCEPT CHINO

COVER(コーベル)社のMario Stefano MARAN(マリオ・ステファノ・マラン)氏が2008年に立ち上げたパンツ専業ブランド「PT01(ピーティーゼロウーノ)」。新モデルのCONCEPT CHINOは、あえてコットン100%の目の詰まった生地を採用し、男らしいエレガンスを追求した仕上がりに。PTらしい細身のテーパードシルエットと相まって斬新な印象を与える。

詳細・購入はこちら

チノパン×ハイゲージニットスタイル

チノパンにベージュカラーのハイゲージニットを合わせてペールトーンでまとめたソフトな雰囲気漂うスタイリング。テーパードが強く掛かったアンクルパンツがYラインを構築。

SIVIGLIA(シヴィリア) ジップフライパンツ

2005年にイタリアのアンコーナで始動した新鋭ブランド「SIVIGLIA(シビリア)」。得意の洗い加工によって独特のアタリを演出したジップフライパンツ。

詳細・購入はこちら

チノパン×ジレコーデ

元々は軍服であったチノパンは、着こなしによって武骨な雰囲気も演出できるアイテムだ。ルーズフィットのシルエットとラフなロールアップでワイルドな雰囲気を演出したチノパンコーデ。ダブルのジレはあえてフロントを開けて羽織り、チノパンに合わせたラフ感を表現。

METRICO(メトリコ) コットン カジュアルパンツ

1999年AWから始動したG.T.A(ジーティーアー)のモーダライン「METRICO(メトリコ)」。裾のダブル仕上げやサスペンダーボタンの仕上がりがクラシカルな雰囲気を漂わせるチノパン。

詳細・購入はこちら

チノパン×スニーカースタイル

バンズの定番モデル オールドスクールにグレイッシュカラーのチノパンを合わせた着こなし。インナーのカットソーとスニーカーの配色はモノトーンで合わせて、統一感のある雰囲気を演出。

THE GIGI(ザジジ) ボタンフライパンツ

アンコンジャケットの先駆者ボリオリの元経営者が新たに仕掛けるブランド「THE GIGI(ザ ジジ)」。プリーツのディテールとゆとりをもたせた腰回りが特徴的なボタンフライパンツ。ワンプリーツだが、分量を多く取ることでゆとりのあるシルエットを実現している。

詳細・購入はこちら

チノパン×デニムシャツコーデ

デニムシャツにチノパンを合わせた定番コーディネート。首に巻いたセーターやタッセルローファーの素足履きがこなれ感を演出。定番の組み合わせで他と被るのを避けたい場合は他アイテムでスパイスを効かせて個性を演出したい。

GTA(ジーティーアー) ジップフライパンツ

ウォッシュ加工が施されたチノ素材を採用することでこなれ感を演出したチノパン。

詳細・購入はこちら

チノパン×テーラードジャケットコーデ

チャコールグレーのテーラードジャケットにライトグレーのニットを合わせてグラデーションを表現したコーディネート。ポケットチーフやブレスレッドなどの小物をあえて使用しないことで、洗練された雰囲気を演出。

REIGN(レイン) ストレッチパンツ

イタリアの実力派スタイリストであるマルコ氏とジャンカルロ氏が2007年にスタートしたミラノブランド「REIGN(レイン) 」。バックポケットにスタッズを打ち込むことでハードな雰囲気をプラスしたストレッチチノ。

詳細・購入はこちら

チノパン×カーディガン×スカーフスタイル

薄手のカーディガンにオックスフォードシャツを合わせた品のあるカジュアルなスタイリング。首元に柄スカーフを巻いてアクセントをプラス。ボトムにはブラウンの色味が強いチノパンを合わせることでコントラストを効かせている。

lideal(リディアル) PLANET

エレガントなカジュアルウェアをコンセプトに、着る人のライフスタイルに溶け込み、高感度ながら主張しすぎないファッションを提案するブランド「lideal(リディアル)」。ウレタン混みで伸縮性を持たせたテーパードラインが美しいクロップドパンツ。

詳細・購入はこちら

チノパン×柄シャツスタイル

チノパンに合わせたサンダルと柄シャツの組み合わせがリゾートスタイルを思わせるスタイリング。腰元にプリーツがたっぷりと入ったチノパンをチョイスすることでリラックス感のある表情を獲得。

BkT by BROOKLYN TAILORS(ビーケーティーバイブルックリンテイラーズ) プリーツパンツ

「BROOKLYN TAILORS」のカジュアルライン「BKT by BROOKLYN TAILORS(ビーケーティーバイブルックリンテイラーズ)」。ツープリーツのディテールやテーパードのシルエットがリラックスした雰囲気を与えてくれるチノパン。

詳細・購入はこちら

チノパン×ツイードジャケットスタイル

ツイードを着て街をサイクリングするイベント「ツイードラン」でのツイードジャケットコーディネート。タイドアップシャツにベージュチノパンを合わせたサイクリングスタイルにしては紳士な装いが印象的。アクセントにもなるサスペンダーでパンツを固定すれば、アクティブな活動でもパンツが下がる心配を緩和できる。

BRIGLIA 1949(ブリリア1949) スリムチノ

ナポリの東に位置するベスビオ山の麓を拠点とし、フォーテンインダストリー社によるパンツ専業ブランドとしてドレスからカジュアル、またデニムパンツまで幅広いコレクションを展開しているブランド「BRIGLIA 1949(ブリリア1949)」。ベーシックな仕上がりのチノパンながら、プリーツのディテールやバックポケットのディテールなど、トレンドと実用性をしっかりと組み込んだチノパン。

詳細・購入はこちら

チノパン×ボタンダウンシャツコーデ

きめ細かい柄の入ったボタンダウンシャツにチノパン、ローファーを合わせて品のあるリゾートスタイルが完成。裾をロールアップして軽快な印象に。

BERWICH(ベルウィッチ) スラックスチノ

1975年にイタリアはプーリア州のマルティナフランカにパンツ専業会社としてICOMAN 2000 s.r.l.が創業した「BERWICH(ベルウィッチ)」。あと染めのコットン生地を採用することでこなれ感を演出したスラックスチノ。

詳細・購入はこちら

チノパン×デニムジャケットスタイル

チノパンにデニムジャケットを合わせてワイルドな雰囲気漂う着こなしに。頭にハットを合わせることでラフ過ぎる印象を回避。足元にはローテクスニーカーを合わせて。

rag & bone(ラグ アンド ボーン) FIT 2 CHINO

2002年にマーカス・ウェインライトとデヴィッド・ネヴィルが始動した米国のブランド「Rag & Bone(ラグアンドボーン)」。日本製のブラッシュドコットンを使用し、柔らかい肌触りで快適な履き心地を実現。フィット感はデニムと同じ仕様で作られており、わたりと太腿回りには余裕を持たせつつも、膝下から適度なテイパードがかかっている。

詳細・購入はこちら

チノパン×ストライプシャツスタイル

丈詰めをあえて行わずロールアップによって丈感を調整してチノパンをラフに履いたスタイリング。ストライプシャツやホワイトのハットが爽やかな印象をプラス。

ANATOMICA(アナトミカ) CHINO II

フィッティングを重要視したピエール・フルニエ氏と寺本欣児氏がつくりあげるコンセプトショップ「ANATOMICA(アナトミカ)」。60年代のシルエットと40年代のアメリカ軍に支給されたチノトラウザーズをベースに設計されたオリジナルチノ。

詳細・購入はこちら

チノパン×ネイビージャケット

チノパンに、ネイビージャケットを合わせた着こなし。インナーにチョイスしたピンクシャツのフロントボタンを外してワイルドな印象に。さりげなくポケットチーフとパンツの色味を合わせたい。

PT01 BUSINES Chino

BUSINESモデルは無駄をそぎ落としたミニマルなディテール仕様。ジャケットスタイルにも合わせやすいシンプルなデザインが人気を集めている。

PT01 BUSINES

詳細・購入はこちら

チノパン×ミリタリーシャツ

ツバの広いハットとミリタリーシャツにストレートシルエットのチノパンの裾を、幅広く折り返して履いたスタイル。元々は軍服であったチノパンと、ミリタリーシャツの相性は◎。

チノパン×ジャケパンスタイル

オリーブのチノパンに、カラフルな袖口ボタンがポップな印象のジャケットを合わせたコーディネート。ソックスのカラーリングでアクセントを効かせるなど、小物を駆使して随所に遊び心をプラスしている。

Hiltl(ヒルティル) ベルベットチノスラックス

1955年の創業以来、一貫してパンツづくりにこだわり続けてきたドイツのパンツ専業ブランド「Hiltl(ヒルティル)」。カジュアルなチノパンをベースに、ドレッシーなディテールを施したスラックス。生地をいちど染めてからブラッシング加工することで、ベルヴェットのような風合いを表現している。

詳細・購入はこちら

チノパン×シャツ×スニーカー

タイトなサイズ感のチノパンにウインドウ・ペン・チェックのシャツを合わせたスタイリング。地の目がバイアスに取られた胸ポケットがポイントになっている。レザースニーカーとサングラスの配色も合わせてまとまりのある雰囲気に。

PT01 BUSINES Chino

長く使用するパンツなら、洗練されたディテールのものを選びたい。

PT01 BUSINES

詳細・購入はこちら

チノパン×ニットジャケット

ソフトな風合いのニットジャケットにアンクル丈のチノパンを合わせたコーディネート。タイトなサイズ感で身体のラインを出し、男性のセクシーさを演出させた。

チノパン×コットンジャケット

ストレートシルエットのチノパンツに、ウォッシュ加工が入ったコットンジャケットを合わせたスタイリング。ブラウン系のアイテムをメインに組み合わせて統一感のある雰囲気に。

BERNARD ZINS(ベルナールザンス) コットンチノスラックス

フランスの高級パンツブランドとして展開する「BERNARD ZINS(ベルナールザンス)」。コットン100%生地で仕立てられたチノスラックス。

BERNARD ZINS

詳細・購入はこちら

チノパン×ミリタリージャケット

センタープレスの入ったチノパンに、M-65ジャケットと迷彩柄のストールでミリタリーテイストを強めたニック・ウースター氏の着こなし。ウイングチップやベルトなどの皮革製品のカラーリングでアクセントを加えている。

ANATOMICA CHINO II

高密度でコシがあり、光沢感のある上質なオリジナルチノクロスを使用したチノパン。太すぎない絶妙なルーズフィットシルエットは様々なアイテムと好相性。

ANATOMICA CHINO II

詳細・購入はこちら

チノパン×ホワイトスニーカー

タイトなサイズ感のチノパンをロールアップして、キャンパス地のホワイトスニーカーを引き立たせたクリーンなコーディネート。シンプルなジャケパンスタイルだが、小物を随所に持ってくることでこなれた雰囲気を演出している。

チノパン×ポロシャツ

グリーンベースに膝下がネイビーの切り替えが施されたチノパンに、ネイビーのポロシャツを合わせたスタイル。トップスをタイトなサイジングにし、綺麗なAラインを表現。ティアドロップのサングラスがワイルドな雰囲気を加速させる。

チノパン×リネンジャケット

グレーリネン生地のダブルブレストジャケットをチノパンと合わせた着こなし。ジャストなサイズ感、ホワイトのスニーカーとトートバッグがクリーンな印象を加速させる。

チノパン×グレージャケット

アンクル丈のチノパンとウインドウ・ペンのチェック柄が入ったグレージャケットの組み合わせ。色味の薄いアイテムの組み合わせがクリーンな印象に。シャツのフロントボタンを外して抜け感を演出。

チノパン×シャツスタイル

ベーシックなチノパンに、リネンライクなシャツを合わせたシンプルなコーディネート。足元のロールアップや、シャツの下ボタンを外してインナーをレイヤードさせて、こなれ感のある雰囲気を演出。七三分けのヘアスタイルとボストンラウンド型のアイウェアの組み合わせが紳士的。

Lacoste Regular Fit Twill Chino

1933年にフランスのテニスプレーヤーであるルネ・ラコステ氏が、ピケ素材の快適な半袖シャツを開発したことから生まれたブランド「LACOSTE(ラコステ)」。ベーシックな表情に仕上げられた使い回しの効くデザイン。

Lacoste メンズ Regular Fit Twill Chino

詳細・購入はこちら

チノパン×ジャケパンコーデ

フラノのようなソフトな風合いのジャケットとチノパンを合わせたジャケパンコーデ。足元のロールアップや、ラペルの衿を立ててラフな印象に。深いブルーのシューズを合わせてアクセントをプラス。

チノパン×パッチワークジャケット

ニック・ウースター氏とラルディーニの共同開発によって生まれた「WOOSTER + LARDINI」のパッチワークジャケットをメインに、ボトムにはワイドなチノパンを合わせたニック・ウースター氏の着こなし。インパクトのあるデザインのパッチワークジャケットが個性的な印象を与える。

チノパン×ネイビーニット

ブラウンのチノパンに補色であるネイビーニットを合わせたメリハリのあるスタイリング。インナーのデニムシャツのグラデーションがポイント。サイドを刈り上げたヘアスタイルやダーヴィーブーツがラギッドな印象に。

チノパン×ホワイトシャツ

チノパンとホワイトシャツのシンプルな着こなし。ホワイトシャツには比翼仕立てでドレス寄りのシャツをチョイスした。ホワイト地のキャンパススニーカーの組み合わせやロールアップがクリーンな雰囲気を演出。

チノパン×レザースニーカー

タイトなシルエットのチノパンにブラウンのレザースニーカーを合わせたスタイリング。上には、オックスフォードのボタンダウンシャツに、2Bジャケットを羽織り、カジュアル過ぎない印象に。

Naked & Famous Slim Stretch Twill Chino Pants

2008年に発足したカナダ・モントリオールのデニムブランド「Naked & Famous(ネイキッド&フェイマス)」。上質なマテリアルを仕入れつつ、カナダでローカルに縫製している。独特の生地感と仕様が男のエレガンスを表現してくれる。

Naked & Famous メンズ ボトムス カジュアルパンツ Slim Stretch Twill Chino Pants

詳細・購入はこちら

チノパン×ライトイエローシャツ

淡いイエローのスタンドカラーシャツとチノパンのシンプルな組み合わせ。シャツのボタンを開き、袖やパンツの裾をロールアップしてラフに着こなした。エルメスのベルトや、カラフルなブレスレッドの重ね付けが目を引くスタイリングだ。

チノパン×ブラウンニット

クルーネックのブラウンニットと、チノパンを合わせた着こなし。レイヤードさせたオックスフォードシャツ、チノパンのロールアップ、キャンバススニーカーによってラフな中にもクリーンな印象を植え付けるスタイル。浅めにかぶったネイビーのニットキャップがブラウンとナイスなコンビネーションを構築。

EMINENTO chino

アメリカンカジュアルブランドとして、豊かなライフスタイルのパンツファッションを展開している「EMINENTO(エミネント)」。ウォッシャブル素材を使用して使い回しの良さを追求したチノパン。

EMINENTO

詳細・購入はこちら

チノパン×シャツコーデ

薄いピンクの色味がかかったシャツとネイビーのチノパンを合わせたクリーンなコーディネート。アンクル丈の足元にあえてスニーカーを合わせて、ハズしを与えている。

チノパン×チェックシャツ

チェックシャツとチノパンのカジュアルな着こなし。クラブマスターのサングラスや、オックスフォードシューズの組み合わせが、カジュアルなスタイルにも野暮ったさを与えない。ロールアップにより抜け感のある印象に。

チノパン×ローゲージニット

ざっくり編まれたソフトな風合いのローゲージニットと、オリーブのチノパンを合わせたコーディネート。光沢のあるブーツやオールバックのヘアスタイル、ラフにレイヤードされたシャツがワイルドな雰囲気を演出。

チノパンとは?

チノパンとは「チノ・パンツ」の略称である。「チノ・クロス」と呼ばれる綿やポリエステル(稀に麻)の生地で出来たズボン(スラックス)の一種を指す。配色は主に「カーキ」「ブラウン」またはそれに類するカラーリングだ。現在は、ネイビー、ブルーやブラックカラーも存在。

チノパンに使用される「チノ・クロス」とは?

チノ・クロスは綿のツイル生地で、元々19世紀中頃に英仏の軍隊の制服に使われた生地である。作業着にも使われていることが多い。生地は基本的に綾織りで、防水加工が施されたモデルも発表されている。「チノ・クロス」を使ったシャツをチノ・シャツとも呼ぶ。

チノパンの「チノ」の起源とは?

インドに駐屯していたイギリス陸軍のカーキ生地の軍装が起源で、その後アメリカ陸軍にも採用されている。米西戦争の戦地であったフィリピンから帰国した兵士より、1900年代にアメリカ国内に広まった。名称はスペイン語で中国人という意味の「Chino」から来ている。フィリピンでは戦争後、これらの服装を着たのは中国人農民(Camisa de chino)であったことから、名前の由来となったという説が有力だ。

FOLLOW US
banner