腰巻き・肩掛けでコーデをアップデート!

腰巻き・肩掛けテクニックの取り入れによって、着こなしにこなれ感を演出するのは有効な手段だ。薄手のアウターやトップスを脱いだ時に荷物にならないというのも大きなメリットのひとつ。今回はそんな「腰巻き・肩掛け」のテクニックにフォーカスして、アイテムごとに注目の着こなしをピックアップ!

スポンサーリンク

腰巻きコーディネート「シャツ編」

シャツの腰巻きによってウエスト周りにボリュームを加えるのはコーディネートの鉄板だ。布帛ならではのハリ感のある風合いが、着こなしに爽やかなアクセントをプラスしてくれる。素材の種類によっても与える印象が変化してくるため、取り入れの際にはコーディネートとの統一感なども考慮すると成功しやすい。

腰巻きをシックなモノトーンコーデに取り入れる

白無地Tシャツに黒パンツを合わせたシックなモノトーンコーディネートに、白シャツを腰巻きすることでアクセントをプラス。Tシャツとは素材感の異なるシャツの風合いによって、スタイリングにリズムが生まれている。ブロードシャツをあえてジャケットのように羽織ったスタイリングが注目を集めている今シーズンなら、こんな腰巻きスタイルで感度の高さをアピールしてみても良さそうだ。

腰巻きシャツでアクセントをプラス

giannetto(ジャンネット) カジュアルシャツ

giannetto(ジャンネット) カジュアルシャツ

詳細・購入はこちら

シャンブレーシャツを腰巻きして着こなしに一味違うアクセントをプラス!

白シャツとは一味違う素材感のシャンブレーシャツを腰巻きしてアクセントをプラス。ボトムスにはカーキパンツをチョイスすることで男の武骨なムードをアップ。足元のイエロースニーカーによる軽やかなスパイスによって退屈な印象を与えない装いに仕上がっている。

シャンブレーシャツなら一味違う印象に仕上がる

BORRIELO(ボリエッロ) デニムシャツ

BORRIELO(ボリエッロ) デニムシャツ

詳細・購入はこちら

シャンブレーシャツを腰巻きして黒コーデにリズムを刻む!

黒Tシャツに黒デニムを合わせた都会的コーディネート。シャンブレーシャツを腰巻きすることによって、着こなしにリズムを刻んでいる。少し低い位置で腰巻きしてシャツの露出面積を広くした微調整テクニックも参考にしたい。

腰巻きデニムシャツでブラックコーデにひとひねり加える

G-Star RAW(ジースターロゥ) STALT ロング デニムシャツ

G-Star RAW(ジースターロゥ) STALT ロング デニムシャツ

詳細・購入はこちら

2/4GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

公式 Instagram スナップ