春服メンズ【セレクトショップ2016春夏カタログまとめ】

メンズ春服コーディネートセレクトショップ流行2016

おしゃれな男の行動原則5ヶ条において「一歩早く商品展開を知るためにカタログをもらう」というテクニックを紹介しましたが、近年はウェブ公開のみというショップも増えているため、今回は人気セレクトショップのオンラインで見ることのできる2016春夏カタログやルックブックをまとめて紹介していきます。「春夏の着こなしの参考に」「しばらく行ってないショップの動向チェック」「トレンドの共通項を探る」など、ぜひ楽しみながら活用していただけると幸いです。

スポンサーリンク

UNITED ARROWS (ユナイテッドアローズ)

UNITED ARROWSカタログ2016ss

▶︎ http://www.united-arrows.jp/catalog/uase17/index.html

オンラインショップと連動した春夏カタログ、気に入ったアイテムをすぐに購入できるのが便利。セットアップスーツにスニーカーやサンダルでハズしを取り入れたスタイリングやトーンオントーンの着こなしが参考になります。

BEAUTY&YOUTH (ビューティーアンドユース)

ビューティーアンドユースカタログ2016春夏

▶︎ http://www.beautyandyouth.jp//special/pdf/mag_201602.pdf

メンズファッション誌風にまとめ上げられたカタログです。スカジャンやデニムなどのトレンドコーディネートだけではなく、スニーカーなどアイテムのトレンド傾向にも言及されておりとても参考になります。

BEAMS (ビームス)※店頭配布中、ウェブ版は近日公開予定

ビームスカタログ2016ss

▶︎ http://www.beams.co.jp/catalog/

「カジュアル総合版」と「ドレス版」の2種類が用意されており、2月27日(土)から各店で配布スタート。ウェブ版はまだアップロードされていませんが近日公開予定となっています。

BEAM+ (ビームスプラス)

ビームスプラス着こなしメンズカタログ2016春夏

▶︎ http://www.beams.co.jp/special/beamsplus2016ss/#!/looks/list

「永年着られる飽きのこない本物の男服」というコンセプトを標榜するだけありオーセンティックなアイテムを使ったスタイリングに強みを持つショップなので「定番アイテムを使いつつもトレンド感を出したい」という男性におすすめのカタログとなっています。

SHIPS (シップス)※ウェブカタログなし

シップスカタログ

店頭にてカタログ配布中。SHIPS[MEN/WOMEN]、SHIPS JET BLUE、Khaju、liflattie ships、SHIPS KIDSの各ブランドから、イチオシアイテムを厳選して掲載。ウェブカタログは公開されていません。

JOURNAL STANDARD (ジャーナルスタンダード)※2016春夏情報、未公開(2/29現在)

ジャーナルスタンダードカタログ

▶︎ http://journal-standard.jp/mens/catalog/

STYLE MAGAZINEという形式で、少しずつ着こなし提案がアップされていく方式です。毎シーズントップページに掲載されるシーズンテーマを見ると流行を理解するヒントになります。アローズと同じく、自社ECショップにつながる仕組み。※2016春夏カタログ未公開(2/29現在)

EDIFICE (エディフィス)※2016春夏情報、未公開(2/29現在)

エディフィスカタログ

▶︎ http://edifice.baycrews.co.jp/element/

ジャーナルスタンダードと同じ、ベイクルーズグループのエディフィスですがカタログという形でのシーズンごとのまとめた情報提供ではなくELEMENTという更新されるウェブマガジン形式で着こなしやアイテムを紹介しています。店舗ではドレス、スポーツ、アーバンアウトドアがバランスよく展開されています。

417 ÉDIFICE(フォーワンセブンエディフィス)

417カタログメンズ春夏

▶︎ http://style-cruise.jp/contents/160223_ss/mens/417.html

「French Preppy」若々しく自由な完成で着崩すフレンチトラッド。「Traditional」マインドをベースに「Marine」「Military」「Work」「Sport」スタイルから派生したデイリーウェアを展開。エディフィスよりもストリートよりのスタイルやアイテムが多いのでそちら方面が好きな方に。

URBAN RESERCH (アーバンリサーチ)

アーバンリサーチカタログメンズ2016ss

▶︎ http://www.urban-research.com/look/2016ss/newlook/men/

気鋭クリエーターが手がけたウェブカタログが話題となった昨シーズンよりも、かなりシンプルでスタイリングの数も抑えられています。

nano・universe (ナノユニバース)

ナノユニバース2016春夏カタログ

▶︎ http://store.nanouniverse.jp/shop/issue/issue.aspx?event=MP012201

残念ながらここ最近カタログがオンライン、オフライン共に存在しません。オンラインショップをカタログ代わりに利用するしかなさそうです。

TOMORROWLAND (トゥモローランド)

トゥモローランドメンズカタログ春夏

▶︎ http://men.tomorrowland.jp/2016ss/

毎シーズンお馴染みの海外ファッションサイトかと見まがうほどのおしゃれなスタイリングブックが公開されています。計算されたシルエット、ドレープを楽しむスプリングコートなど春アウターの提案に注目。

AMERICAN RAG CIE (アメリカンラグシー)

アメリカンラグシー2016春夏カタログ

▶︎ http://www.americanragcie.co.jp/catalog/2016spring/

フォークロア、ミリタリー、ロックがバランスよく提案された先シーズンでしたが、今シーズンはストリートテイストを盛り込んだスタイリングの押し出しが強い印象です。

FREAK’S STORE (フリークスストア)※2016春夏情報、未公開(2/29現在)

フリークスストア2016メンズ春夏

▶︎ https://www.freaksstore.com/catalog/

西海岸系のリラックスしたムードを漂わせる横乗り系のアイテムに強し。2016SSカタログは現在未公開です。

BARNEYS NEWYORK (バーニーズニューヨーク)

バーニーズカタログ

▶︎ http://www.barneys.co.jp/mens/

ビジネススタイルとカジュアルスタイルにわけた高感度なスタイリング提案が◎今シーズンは特にデニムをつかったミックススタイルに注目、バリエーションが多いようです。

Ron Herman (ロンハーマン)

ロンハーマンルックブック2016ssメンズ

▶︎ http://ronherman.jp/lookbook.php?year=2016&season=1&sex=2

LOOK BOOK形式。今シーズンはデニム、ミリタリー/ワーク、モノトーンなどをバランスよくラインナップ。

ESTNATION (エストネーション)※2016春夏情報、未公開(2/29現在)

エストネーション2016春夏コレクションメンズ

▶︎ https://www.estnation.co.jp/catalog/index.html

バーニーズ日本上陸の立役者たちがサザビーリーグとタッグを組みスタートさせただけあって、毎シーズン大人にふさわしいドレス、モードを中心とした上質なアイテムの展開が目立ちます。

FOLLOW US

Related post