カジュアルシャツを種類別に紹介!

ドレスシャツと比べて、気張らないリラックスした雰囲気が魅力的なカジュアルシャツ。式典などでの着用は一般的にNGとされているが、ビジネススタイルなら職種によってはハズしとして活躍を期待できるものも。今回はそんな”カジュアルシャツ”にフォーカスして注目のアイテムを種類別に紹介!

スポンサーリンク

カジュアルシャツとは

カジュアルシャツは、休日着やスポーツウェアなどに使用するシャツ全般を指す。生地の指定も特に決められていないが、オックスフォードやフランネルなどのざっくりとしたソフトな表情の織り目のものが多い傾向だ。フォーマルウェアのように細かい規定も特にはないため、自分好みのアイテムを選ぶことが可能。

オックスフォード ブロード

画像は左がオックスフォード、右がツイル。見比べると織り柄の差がはっきりとわかる。

カジュアルシャツを種類ごとにピックアップ!

カジュアルシャツと一口に言っても、オックスフォードシャツからデニムシャツなどの生地感に違いがあるものをはじめ、ボタンダウンやフラップポケットデザインなど、ディテールにフォーカスしたものまで幅広い。今回はそんなカジュアルシャツを〇〇種類に分類し、それぞれの特徴をピックアップして注目アイテムを紹介!

カジュアルシャツ①「ワイルドなムードを醸すデニム/シャンブレー/ダンガリーシャツ」

カジュアルなシャツと言われて、一番最初に思い浮かぶのがデニムシャツという方は少なくないだろう。その名の通り、元々は作業着として使われていたデニム生地をシャツに採用したものをデニムシャツと呼ぶ。一般的にインディゴブルーのシャツ全般をデニムシャツと呼ぶが、実は正確に言うと「デニム」「シャンブレー」「ダンガリー」は異なる生地だ。気にせずとも問題ないが理解しておくと服選びが少し楽しくなるかもしれない。

カジュアルシャツ①「デニム/シャンブレー/ダンガリーシャツ」

【関連記事】デニムシャツコーデ特集

デニムシャツコーデヘッダー
カジュアルスタイルはもちろん、ジャケットやスーツのドレススタイルのハズしとしても...

デニムシャツ アイテム紹介!

Angelo Inglese(アンジェロイングレーゼ) Chambray Shirt

リネンミックス生地によって仕立てられたカッタウェイカラーのデニムシャツ。表情のあるファブリックが着こなしに奥行きを与えてくれる。

Salvatore Piccolo(サルヴァトーレ・ピッコロ) カッタウェイ デニムシャツ

詳細・購入はこちら 

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)HENRY WORN CHAMBRAY DENIM

オランダ発のデニムブランド「Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)」。胸ポケットを省き、4.15ozのデニム生地で縫製されたソフトな着心地を誇るデニムシャツ。

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)HENRY WORN CHAMBRAY DENIM

詳細・購入はこちら

2/12GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ