毛玉 取り方 【その方法、実はニットを痛めているかも?】

毛玉の取り方

肌寒い季節の必須アイテムといえば「ニット」ですよね!!ニットと切っても切り離せないのが「毛玉」です。毛玉によってニットの着こなしがイマイチぱっとしない感じになってしまうことも..ちなみにニットの価格に関わらず毛玉は発生します、決して安物のニットに毛玉が出来やすいというようなことはありません。今回はそんな少しやっかいな毛玉について、「毛玉の原因」「毛玉の取り方」「毛玉の予防策」を紹介していきたいと思います!あなたの自己流の毛玉とりではニットを痛めているかもしれませんよ!

スポンサーリンク

毛玉の原因

毛玉の取り方mico0203.exblog.jp

ニットへの摩擦によって表面の細い繊維がからまることが原因です。洗濯の際に他の衣服や洗濯機内壁にこすれたり、着用時には特に袖口や襟周りなどよくこすれる部分に毛玉ができやすいと言われています。リュックやショルダーバッグを持ち歩く際にも摩擦が発生しやすいです。

毛玉の取り方

毛玉の取り方にはバリエーションがありますが、基本的に「毛玉は切断する」というのが王道です。ちなみに毛玉とりという行為は、もともとニットの一部だった毛玉を除去するわけですから取れば取るほど生地の風合いが損なわれていくことを理解しておきましょう。

①王道!小さなはさみでこまめにカット

スクリーンショット 2015-10-17 17.11.18

小さなハサミや毛玉カット専用ハサミを使ってひとつひとつの毛玉を丁寧に取り除く方法が王道です。セーターの生地自体を切らないようにハサミは立てずにニット表面に対して平行になるようにするのがポイントです。

②毛玉取り機 (電動)

広範囲にできてしまった毛玉については、ハサミでひとつひとつ除去する方法では長時間要してしまいます。電動の毛玉取り機を使用する方法が広範囲の毛玉取りにはおすすめですです。かなり効率が良く毛玉除去が可能です。ただし使用中の音がかなりうるさく、テレビの音量などは聞こえないくらいの音が発生します。また一気にやりすぎるとニットの風合いを損ねてしまったり、平らな場所で使用しないとニットに穴が空いてしまうことがあるので注意した方が良いですよ。

下の商品はアマゾンで圧倒的な一番人気の商品。レビューの数も多く高い評価を得ているようです。

毛玉クリーナーおすすめ詳細・購入はこちら

③カミソリ

自宅にあるカミソリをニットの表面を軽くなでるような感覚ですべらせて毛玉をとる方法です。刃がむき出しになったかみそりでも可能ですが失敗するとニットを切ってしまう危険性もあるので、失敗した場合にもダメージが最小限におさえられるT字安全カミソリをおすすめします。

ニットではありませんが、ニット同様に毛玉の出来やすい化繊混合スウェットパンツの毛玉をT字カミソリで除去する動画です。

④毛玉とりブラシを使用

毛玉ブラシ人気

詳細・購入はこちら

こちらもオーソドックスな方法です。刃物を使う方法と違いニットを切ってしまう危険性がないということがメリットです。ただし雑に行うとニットが伸びてしまうので油断は禁物です。使用者に聞くとケーブル編みニットなど表面に凹凸のあるニットに使うのは難しいようです。

⑤目の細かい紙ヤスリをロール常にして表面をなでる

600番程度の目の細かいヤスリを指に巻きつけて、毛玉の発生している部分を軽くなでる方法です。繊細なニットは一気にやらず、目立たないところで試すこと、場合によってはさらに番手を上げることが安全に毛玉を除去するポイントです。

やってはいけない毛玉の取り方

× 毛玉を指先でちぎりとる!

クリーニングショップの方やアパレルショップ店員さんなどプロに言わせると絶対にNGなのが指先で毛玉をちぎりとる方法です。繊維を強い力で引っ張ることにより生地の痛みがMAXに。他の方法に比較して風合いを大きく損なう可能性が高いようです。外出先で毛玉に気づいてしまった場合などは、ある程度仕方ありませんがニットを長く着るためにもできるだけ避けたい方法です。一個一個とる方法なので手間もかかりますしね..

× 食器洗いスポンジをニットにこすりつける!

食器洗いスポンジ毛玉

裏技としてネットでよく紹介される方法ですが、プロに言わせると出来れば避けてほしい方法だそうです。理由は上記方法と同様「繊維を引っ張る力が強くなりがち」という点にあります。紙やすりを使用した方法も基本的に原理は同じですが、番手の調整ができる点で優れているとか。繊細なニットに食器洗いスポンジはおすすめできません。

毛玉の予防策

①ニットへの摩擦を減らす行動を!

ニット毛玉の原因は前述の通り、摩擦です。「高価なニットを着るときにはリュックを背負わない」「繊細なニットを着るときにはかばんの肩掛けをしないで、手持ちする」「雑に脱ぎ着しない」など摩擦を軽減する行動を少しだけ意識することが重要です。

②洋服ブラシでブラッシング!

ブラッシングニット

毛玉発生のメカニズムは、繊維の絡まりです。毛玉ができやすい箇所にブラッシングをすることによって繊維が絡みにくくすることが可能です。雑なブラッシングは毛玉の原因になるので「表面の細い繊維をなでるように丁寧に行う」というのがポイントです。洋服ブラシによりもうひとつのメリットとして、ほこりや小さなゴミを除去できるので摩擦の加わる洗濯やクリーニングの頻度を減らせることがあります。

③洗濯機で洗う場合には、ニットを裏返して洗濯用ネットの活用

洗濯ネットニットrakuten.co.jp/nikurasu

摩擦が加わるシーンとして、洗濯が挙げられます。ウォッシャブルニットの場合も手洗いが基本です。ただし時間がない場合など洗濯機に頼らざるを得ないケースも。その場合は、せめて「ニットを裏返す」「洗濯用ネットを使う」「洗濯時間を短時間に設定」といった摩擦を軽減する対策を施しましょう。安価なニットであればクリーニング費用を抑え自宅で洗濯することも多いと思いますが、高価なニットは丁寧に手洗いするか、クリーニングに出すのが無難です。

④使用頻度をおさえ、インナーを活用する

ニットと毛玉は切っても切り離せない関係です。どんなに気をつけても、着用と洗濯を繰り返せば毛玉は必ず発生します。勝負ニットなどお気に入りのニットは連続での使用を避け、使用頻度を抑えるのがおすすめです。また、カシミアやコットンなど素肌に着ることができるニットもできる限りインナーを使用するのがおすすめです。ニットへの汗や皮脂の付着を防ぐことにつながり、洗濯やクリーニングの回数を抑えることができます。

FOLLOW US

Related post