ボンバージャケットのメンズコーデ特集!魅力からオススメアイテムまで一挙紹介

ストリートへの傾倒が顕著になり、スポーツ、アウトドア、ミリタリーなど様々なスタイルを融合させたコーディネートが定着したメンズファッション。特にミリタリーウェアの中で絶大なる人気を誇るボンバージャケットは、オーバーサイズやロング丈などデザインの進化も目覚ましく、ハイブランド、ラグジュアリーストリートブランドを中心に、時代の気分を捉えたスタイルMIXな着こなしが続々と提案されている。今回はそんな「ボンバージャケット」にフォーカスし、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ボンバージャケットとは?

ボンバージャケット(Bomber jacket)とは、航空機に搭乗するパイロットやクルーが着用するフライトジャケットの一種。Bomb(ボム)は「爆弾」、Bomber(ボマー)は「爆撃機」を意味し、第二次世界大戦中アメリカ空軍の爆撃機搭乗員が着用したジャケットの総称だ。※「Bomber」のカタカナ表記、ボマーとボンバーの違いに関しては、英語のボマーに対してボンバーはドイツ語、単なる日本語の誤読であるなど諸説あり。

一般的にボンバージャケットの同義語として使われているMA-1は、正式名称をMA-1 BOMBER JACKETもしくはMA-1 FLIGHT JACKETと言い、厳密にはボンバージャケット、フライトジャケットの1つとして分類される。現在のメンズファッションにおいては、「ブルゾン」に替わる名称として「ボンバージャケット」が定着し、ナイロン製のMA-1やレザー製のA-2フライトジャケット、ボア襟付きレザー製のB-3フライトジャケットはもちろんのこと、ヴァーシティジャケット(スタジャン)などブルゾンタイプのアウターも広義な意味でボンバージャケットと捉えられている。

 

View this post on Instagram

 

Rare Military And Workwearさん(@saunders_militaria)がシェアした投稿

下の画像は、デムナ・ヴァザリア手掛けるVETEMENTS(ヴェトモン)によって打ち出されオーバーサイズのMA-1ボンバージャケットだ。海外セレブや影響力のあるファッショニスタがこぞって着用したことで一気に世界中のストリートを席巻。これを機に感度の高いレディースファッションを筆頭に、ボンバージャケットがファッションアイテムの定番となり、独創的なデザインのボンバージャケットがさらに市場に増えたと言われている。

 

View this post on Instagram

 

VETEMENTSさん(@vetements_official)がシェアした投稿

VETEMENTSの最新コレクションはこちら

続いてはボンバージャケットを使った注目の着こなし&アイテムを紹介!

2/8GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ