メンズもUVケアはするべき?SPF・PAの違いやおすすめ商品も併せて紹介!

Share

“紫外線は肌の敵!”とはよく言うが、メンズにとってはいまいちピンと来ないのもその実。UVケアをする必要性や、するにしても日焼け止めの選び方が分からないというメンズがほとんどだろう。そこで今回は、UVケアをテーマに、気になる疑問&おすすめアイテムを紹介していく。

メンズもUVケアをするべき?

ずばり、メンズもUVケアをするべき!むしろ性別・年齢を問わず、UVケアは絶対取り入れるべき重要なケアの一つだ。UVケアはただ単に日焼けを防いで肌トーンの白さを守るだけではなく、紫外線ダメージによるシミやシワ、たるみといった肌の老化を防ぐことにも繋がる。米国皮膚科学会では肌の老化の約80%が紫外線による光老化だと報告されているため、若々しい肌をキープしたいならUVケアは欠かせない。また、紫外線ダメージは蓄積され徐々に老化が進むため、早めに取り入れるのが吉だ。

日焼け止めを探す

日焼け止めによく記載されている「SPF・PA」とは?

日焼け止め製品に必ず記載されているのがSPF値とPA値。何となく「数値が高い方が日焼け止め効果が高い」ということは分かっている一方で、「とにかく高い数値の物を買っておけば間違いない」と思い込んでいるメンズも少なくないだろう。しかし実際のところ、SPF・PAは高ければ良いというワケではないので要注意だ。ここからはそのSPFとPAについて詳しく解説していく。

日焼け止めを探す

SPFとは?

SPFとは「Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)」の略称。「UV-B」と呼ばれる、肌の炎症やシミ、そばかすの原因となる紫外線を防御する指数のことだ。SPFは1〜50+までの大きさで表され、数値が高いほどUV-Bの防御率が高いとされている。しかし、日焼け止めは防御指数が高いほど肌への負担になるもの。とりあえずSPF値が高いものを選ぶのではなく、シーンに合わせて選ぶのが大切だ。

PAとは?

PAとは「Protection Grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)」の略称で、UV-Aという紫外線の防御指数を表すもの。PAは+から++++までで表される。UV-Aは肌を黒くする働きがあるので、一般的にイメージする日焼けはUV-Aが原因。さらに波長が長く、肌の奥まで届いてしまうのも特徴。真皮内のコラーゲンを破壊し、老化を加速させる原因ともなる。

日焼け止めを使うシーンを想定した上で、SPF値とPA値を選ぶのがお約束!

先に述べた通り、日焼け止めは防御指数が高いほど肌への負担になりやすい。そこで参考にしてほしいのが、以下の表だ。最高値とされているSPF50+/PA++++などは、基本的に炎天下でのレジャーやリゾート地でのマリンスポーツ時に適したタイプであり、日常生活においてはToo Muchになりかねない。普段の生活で使うならSPF15/PA+程度でも十分なうえ、余計なダメージを肌に与える心配も軽減されるだろう。

日焼け止めを探す

2/4GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する