指のささくれ、正しくケアできる?原因や対処法、予防におすすめのアイテムを紹介

Share

乾燥する季節、いつの間にか出来ている指のささくれ。服の繊維に引っかかって痛い思いをしたり、時には血が滲んでしまうことも。しかも、小さい傷なのになかなか治らなくて厄介な存在だ。今回はそんな指のささくれに焦点を当て、出来てしまう原因やNG行為、ケア方法などを紹介していく。

指のささくれの原因とは?

ささくれが起こる主な原因として挙げられるのは乾燥だ。体の中でも手肌、とくに指先には皮脂腺が少ないため乾燥しがちで、何もケアをせず過ごしていると指のささくれを生じてしまいやすい。そのため水仕事や手洗い、手指の消毒など乾燥を招くと言われる行動のあとにはハンドケアをするのが鉄則だ。また、体調を崩していたり疲れている時、もしくは血行不良だったり栄養面が偏っている場合もささくれが出来やすいので要注意。バランスの良い食事を摂ることでも指のささくれを防げるが、難しい場合はサプリメントに頼るのもありだろう。

ささくれを引っこ抜くのは絶対にNG!

ささくれができるとつい引っこ抜いてしまいがちだが、それはNG行為だ。「ささくれは上方向に引っ張ると痛みにくい」と言われることもあるが、無理に引っこ抜いたり、噛んだりするのはもってのほか。ささくれを無理に引っこ抜いてしまうと、その部分から細菌が繁殖し悪化してしまうことも。実際にささくれが原因で起こる“化膿性爪囲炎”や“ひょう疽”などは市販薬で簡単に治るものではないため注意しよう。

出来てしまったささくれの正しいケア方法と必須アイテム

ささくれの正しいケア方法は、“ささくれが出来てしまったら根本から安全に取り除く”ことだ。無理やり取るのではなく、ささくれ専用のケア用品で優しく丁寧に取り除くことが重要。その際、乾燥したまま処理を行うと、さらに皮膚を傷つけてしまったり指のささくれ周りに悪影響を及ぼす可能性があるので、お風呂上がりや保湿ケアを十分に行ったあとの皮膚が柔らかい状態で行うことをおすすめする。そして、ここからはささくれケアに必須のアイテムを3つ紹介。買い揃える必要はないので、自身が使いやすい形状を選んでみてほしい。

ささくれケアにおすすめの必須アイテム①「キューティクルニッパー」

キューティクルニッパーとは、ジェルネイルなどのネイルケア時に使用される道具のこと。先端の刃先が5mmと小さいため、指先の細かいささくれもスッと断ち切ることが可能だ。ペンチのような形で手にもフィットしやすく、ハサミと比較して細かい作業をしやすいのが特徴。慣れるまで使いづらさを感じるかもしれないが、慣れてしまえば爪もカットすることができる優れモノだ。

キューティクルニッパーを探す

ささくれケアにおすすめの必須アイテム②「ハサミ型甘皮切り/ささくれ切り」

ニッパー形状だと使いにくい…という男性にはハサミ型の甘皮切りをレコメンド。ささくれを根本から切れる1本で、刃先がしっかりとしているので細かな部分も切りやすい。飲食店で働いている方や美容師など、手を重点的に使用する職業の方へのプレゼントとしても喜ばれる一品だ。

ハサミ型の甘皮切りを探す

ささくれケアにおすすめの必須アイテム③「さかむけ切り」

さかむけ切りは、爪を切る要領で甘皮やささくれをケアできるアイテム。非常にコンパクトなので持ち運びにも優れていて、ポーチに忍ばせておけばどこでもケア可能だ。

さかむけ切りを探す

ささくれ予防におすすめのアイテムとは?手肌・指先の乾燥を守るグッズをピックアップ

ささくれが出来る原因は主に乾燥で、それをケアするにはワセリンやハンドクリーム、ネイルオイルに頼るのが吉だ。指先には皮脂腺が少なく皮脂膜が十分に張られないため、こういった油分の多いアイテムを活用することで乾燥から守ってあげるのが大事。ここからは、そんな指先の保湿ケアにおすすめのグッズを紹介していく。

ささくれ予防におすすめのアイテム①「Vaseline(ヴァセリン) オリジナル ピュアスキンジェリー」

誰もが一度は聞いたことのあるヴァセリン。防腐剤無添加・無香料・無着色で赤ちゃんにも使用できるので敏感肌の人も安心して使用できる。アンダー1,000円というリーズナブルな価格かつ、伸びが良くて全身に使えるコスパの良さが何よりの魅力。乾燥が気になるところにサッと取り出して塗布するだけで、うるおいを逃さないようバリアしてくれる。家族全員で使えて、薬局で手軽に購入できる点も人気の秘密だ。

詳細・購入はこちら

ささくれ予防におすすめのアイテム②「OPI(オーピーアイ) プロスパ ネイル&キューティクルオイル」

ネイル用品で有名なオーピーアイから出ているキューティクル専用オイル。フェイシャルスキンケアにも使用されるグレープシードオイルやアボガドオイルなどを贅沢に配合したリッチなネイルオイルだ。ハケが付いているので指先のキューティクル部分にピンポイントで塗布することができて、重点的にケアしたい人におすすめ。爪の乾燥や爪が薄く二枚爪になりやすい人も、ネイルオイルを塗るだけでツヤっとした綺麗な爪に早変わりするのでぜひ試してみてほしい。

詳細・購入はこちら

ささくれ予防におすすめのアイテム③「THREE(スリー) ハンド&アームクリーム AC R」

デパコスで名の知れたスリーのハンドクリーム。保湿に特化した梅と柚子のエッセンスを使用しており、角層までしっかりとうるおしてくれる。精油の香りに癒されながらマッサージすることでリラックス効果も。柔らかいクリームで伸びも良く、手肌全体を包み込んでくれるのでハンドケアと共にネイルケアも可能にしてくれる。ベタつくのが苦手な人にも使用しやすい1本だ。

詳細・購入はこちら

ささくれ予防におすすめのアイテム④「無印良品 甘皮ケアオイル 3.6ml」

無印良品のネイルオイルは男女ともに人気のアイテム。筆ペン型のネイルオイルで持ち運びもしやすく、何より塗りやすい。オイルが漏れたりこぼれたりする心配もなく、適量を出して塗布できるので不器用な方でもご安心を。主な成分は植物性オリーブ油で爪やキューティクルにも優しく、保湿成分のヒアルロン酸も配合されておりコストパフォーマンスも抜群。無印らしいシンプルなパッケージは男性にも使いやすい。

詳細・購入はこちら

ささくれ予防におすすめのアイテム⑤「uka(ウカ) ネイルオイル basic」

原料にこだわって製造された、フランス産のリッチなネイルオイル。アーモンド油をたっぷりと配合し、指先のうるおいを逃さない。先端部分がローラー状になっているので指先にコロコロするだけで塗布できる。バニラの甘く優しい香りがふんわりと香るので、指先だけでなく肩や首に塗って、まるで香水のように楽しむことも。天然由来成分配合で、精油を使用していないので、敏感肌の方にも使いやすい。

詳細・購入はこちら

ささくれ予防におすすめのアイテム⑥「Aesop(イソップ) レスレクション ハンドバーム」

SNSでも人気のオーストラリアのオーガニックブランド、イソップ。パッケージもおしゃれで使用感も抜群なことからプレゼントとしても喜ばれる一品だ。リッチで癒される香りの植物性成分や、肌を柔らかくしてくれるエモリントの成分を贅沢に配合。ローズマリーの葉やマンダリンの皮の抽出成分がお肌を正常に整えてくれる。クリームが柔らかめで伸びも良く少量で十分に保湿が可能。


詳細・購入はこちら

ささくれ予防におすすめのアイテム⑦「L’OCCITANE(ロクシタン) シア ハンドクリーム」

95%以上が天然由来成分で出来ている肌にも優しいハンドクリーム。プレゼントとしても人気で男女ともに使用しやすい。シアバターを20%も配合しており、シアのうるおい成分が手肌を保護してくれる。乾燥しやすい爪先には少し重ね塗りするのもおすすめ。ほのかに香りベタつかないのも人気の秘密だ。口コミでも評価が高くリピーターも多い。

詳細・購入はこちら 

ささくれ予防におすすめのアイテム⑧「SABON(サボン) ハンドクリーム パチュリラベンダーバニラ 200ml」

サラサラなのにしっかりと手肌を保湿・保護してくれる日常使いにぴったりのハンドクリーム。パッケージもおしゃれでインテリアにも馴染みやすい。シアバターやパッションフルーツオイルが手肌を柔らかくしながらキメを整えなめらかに仕上げてくれるので、手肌が荒れやすい人におすすめだ。

詳細・購入はこちら

ささくれ予防におすすめのアイテム⑨「DR.TAFFI(ドクタータッフィ) アーモンドオイル シルクロト フラワー 250ml」

口コミ評価も高いイタリア製のアーモンドオイル。低刺激のアーモンドオイルを使用しており、赤ちゃんにも使えるので敏感肌の方にもおすすめ。ネイルケアのみならず全身に使用することが可能で、伸びも良く乾燥が気になる部分に少量を塗布するだけでしっかりと保湿してくれる。オイルなのにベタつかないので指先に塗っても心地よく、アロマの香りが豊かに広がり全身が癒されることうけあい。

詳細・購入はこちら

ささくれ予防におすすめのアイテム⑩「URUN WRAP(ウルンラップ) ネイルオイル」

100%天然シアバター配合で、ささくれはもちろん、二枚爪や割れ爪など過度な乾燥にお悩みの方におすすめのネイルオイル。高濃度のシアバターが爪や爪周りにぐんぐんと浸透し、痛んだ爪や薄い爪を保護してくれる。特に気になる部分にはこまめに塗布することで、より乾燥を防ぎ、強い爪になれるだろう。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する