プロが愛用するパナソニックの衣類スチーマーで着こなしを格上げ!

大切な服は正しいケア・メンテナンスを日常的に行い、長きにわたって着こなすのが王道。パナソニックの衣類スチーマーがあれば服が長持ちするだけでなく、着こなしの印象も格上げできる。今回はファッション誌を中心に活躍する人気スタイリスト鈴木 肇氏、そしてセレクトショップ ÉDIFICEにてプレスを務める高津戸 真吾氏を招き、プロ目線で見たパナソニックの衣類スチーマーの魅力や、プロならではの使い方のコツなどについて語っていただいた。

ジャケットを凛々しく仕上げるのに「連続・パワフルスチーム」が絶大な効果を発揮!

スチームの力強さや連続時間は、ジャケットやシャツをケアする上で重要なファクター。パナソニックの衣類スチーマーNI-FS530(以下、パナソニックの衣類スチーマー)はボタンを押している間、スチームが最長で約4分間、水がなくなるまで出続ける。この「連続・パワフルスチーム」がジャケットスタイルを格上げするのに多大なるメリットをもたらすという。

 

ーーースタイリストはファッション業界の中でも、最も衣類スチーマーを使う頻度が高いと思いますが衣類をケアするにあたってどんな衣類スチーマーがベストですか?

スタイリスト 鈴木肇氏
そうですね、スタイリストほど日常的に衣類スチーマーを使っている職業は珍しいと思います。実際、僕にとって衣類スチーマーは欠かせない相棒だから、新製品が出るたびについつい気になってしまいます!衣類スチーマー愛好家と言っても過言じゃない(笑) そんな僕の視点で言うと、まずは「スチームの強さ」と「連続稼働時間」といったスペック面が非常に重要です。

 

ーーースチームが弱かったり、稼働時間が十分でないと使用上のデメリットが生じるのでしょうか?

スタイリスト 鈴木氏
スチームの出方が弱いとシワがとれなかったり、スチームが出過ぎると衣類を濡らしてしまいますが、パナソニックの衣類スチーマーは「スチームのパワフルさ」という点で申し分ないですね。さらに「連続稼働時間」という点では、内蔵タンクの水がなくなるまでスチームが出続けるのがすごい。僕らスタイリスト以上に、服のケアに気をつかう男性にとって使いやすいスペックに仕上がっていると思います。

 

ーーー衣類スチーマーが役に立つ、王道的なアイテムといえばジャケット。ジャケットを衣類スチーマーを使って綺麗に仕上げるにあたって、テクニックやコツはありますか?

スタイリスト 鈴木氏
テーラードジャケットを綺麗に見せるためには、シワのつきやすい肘裏付近のシワを伸ばすのはもちろんなんだけど、さらにラペル(下襟)がふんわりと返っている状態を作ってあげることが効果的です。こんな風にラペルの裏からスチームを当ててあげると、潰れてしまったラペルが回復。連続スチームによって、誰でも簡単に自然な仕上がりが再現できます。

 

ーーーその他、ジャケットスタイルを格上げするためのテクニックはありますか?

スタイリスト 鈴木氏
スーツやジャケットスタイルを綺麗に見せるために重要なポイントになってくるのが、ウエストラインのくびれ。ジャケットの裾を軽く引っ張りながら、スチームを当てることで簡単かつスピーディーに自然で立体的な曲線が演出できるので、まだやっていない方はぜひ取り入れてほしいポイントです。

アイロンのようにプレスもできる2WAY仕様が便利!

パナソニックの衣類スチーマーの大きな魅力は「衣類スチーマー」「アイロン」としての2つの用途で使用できること。

 

ーーープレスの役割は、いかに自社で取り扱う服を魅力的に伝えて、世に知らしめていくか。服に対する知識、そしてそれを伝えるトークスキルを持っているのはもちろんのこと、スタイリッシュな着こなしをされている方が非常に多いように感じます。衣類スチーマーは使用されていますか?

ÉDIFICE 高津戸氏
そうですね、やはりセレクトショップのプレスという仕事柄、人前に出ることが多いため身だしなみには人一倍気をつかうようにしています。実は、パナソニックの衣類スチーマーはÉDIFICEのプレスルームに常時置いてあり愛用してます。衣類スチーマーとしてジャケットやシャツにスチームを当てる用途で使用するのはもちろんですし、アイロンとして使えるのが便利ですね。スチームだけでは伸ばしにくいスラックスの膝裏のシワをケアしたい場合には特に重宝しています。衣類の素材によってテカリが気になる場合は、あて布を使うと良いですね。

 

ーーー他におすすめの活用方法はありますか?

ÉDIFICE 高津戸氏
自宅で洗濯した場合はもちろんですが、クリーニングに出したシャツも着用する前に、襟部分をプレスするとより格好良くキマります。通常のアイロンよりも面がコンパクトなのでアイロンを使うのに慣れていない方でも使いやすいと思います。

軽量コンパクトだから自由な取り回しが実現。

約700gという軽さ、そして見た目の通りコンパクトな外観によって取り回しがしやすいのも、パナソニックの衣類スチーマーの人気を支えるメリットだ。そんなメリットを活かした鈴木氏おすすめ活用術があるという。

 

ーーー軽くてコンパクトで使いやすいのは、パナソニックの衣類スチーマーならではの特徴ですよね。アイロン台を用意せずとも、シャツをハンガーにかけた状態で手軽にケアできるのが嬉しいかぎり。身頃や袖のシワを取り除くために使用している方も多いようですが、その他おすすめの使い方はありますか?

スタイリスト 鈴木氏
そうですね、意外と知られていないんですが、衣類スチーマーを使うのにおすすめしたいのがシャツの袖口。新品のシャツでもたたみ状態だったりすると潰れてしまってることが多いので。

スタイリスト 鈴木氏
そこにスチームを当てると上画像の右側のようにシャツが本来キープすべき袖口の立体的な丸みが復活します。シビアな撮影現場ではもちろんですが、リアルな日常シーンにおいてこそ手元って人間の視線を集める場所ですから、ここをケアすると印象の大幅アップ間違いなしです!

ワイドスチームだから広範囲を一気にケアして時短できる!

コンパクトな外観からは想像できないほど、ワイドな範囲にスチームを噴出するのがパナソニックの衣類スチーマーの特徴だ。シャツの背中部分などケアする面積が大きい場合にもスピーディーに作業が可能である。

 

ーーーパナソニックの衣類スチーマーは「ワイドスチーム」というポイントも特徴のひとつです。実際に衣類ケアを行う際にどんなメリットがありそうですか?

スタイリスト 鈴木氏
スタイリストというと服を組み合わせてコーディネートを組むことばかりが注目されがちですが、撮影でモデルが着用した服を元どおり綺麗な状態でブランドに返却するというのも実は大切な仕事です。撮影中、モデルは動きますからシャツの袖や身頃部分はもちろんのこと、背中部分など全体的にシワがつきます。服全体を見ながら、スチームを当ててシワを取り除くのですが、スチームが広い範囲にいきわたることで作業時間を大幅に短縮できるのはスタイリストにとって嬉しい。多忙な男性にとっても、ワイドスチームによる時短は大きなメリットだと思います!

 

前モデルにおいては直線状に並んでいたスチーム穴を、最新モデルでは放射状に配置することでワイドスチームという新たな進化を実現している。

頻繁にクリーニングできないコートのニオイもリフレッシュ!

ジャケットやスーツ、そしてコートなど、頻繁にクリーニングしにくい衣類についた気になるニオイをケアできるのも衣類スチーマーを使う利点のひとつ。くり返し使っても衣類をいためにくく、洋服が長持ちするのがうれしい。

 

ーーー高温のスチームによってニオイケアできるのが衣類スチーマーのメリットのひとつですが、クリーニングに出すよりもスチームでケアした方が良いのでしょうか?

スタイリスト 鈴木氏
衣類は基本的にクリーニングすることで少なからずダメージを受けます。生地がもつ本来の風合いをキープするためにはクリーニングの回数を最小限にとどめるのが基本です。とは言っても、もちろんニオイがついたままの服を着るのはナンセンス。汚れなどが気にならなければ、衣類スチーマーで高温のスチームを当てることでニオイケアをするのがおすすめです。

衣類ケアについてもっと知りたい方はこちら

プロが愛用する実力派”パナソニックの衣類スチーマー”

ファッション業界のプロも太鼓判を押すパナソニックの衣類スチーマー。日常的なケアに取り入れれば、男の印象を格上げするのに強い味方になること間違いなし。まだ入手されていない男性はぜひ!▶︎パナソニック衣類スチーマーの詳細はこちら!

パナソニック衣類スチーマーの詳細はこちら!

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ