コインローファー特集!特徴やおすすめモデルを一挙紹介

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示

2ページ以降を表示しています。

目次を表示

コインローファーの種類は3つ!

コインローファー「ハーフサドル」

コインローファーは、サドル部分のデザインによって印象が大きく異なる。もっとも代表的なものは「ハーフサドル」と呼ばれるもの。サドルの両端が、モカシン縫いの近辺でかぶせ縫いされているのが特徴で、コインローファーと言えばこの形状を思い浮かべる人も少なくないはずだ。ポピュラーだからこそ、あらゆるコーディネートにしっくり馴染むのが魅力である。

Crockett&Jonesのコインローファーを探す

コインローファー「ビーフロール」

ハーフサドルの両端を糸で巻いたようなデザインのものは、「ビーフロール」と呼ばれる仕様。タコ糸で巻いたローストビーフのような見た目から、この呼び名がつけられた。このデザインのコインローファー自体を「ビーフロール・ローファー」と呼ぶ場合もある。アメリカのシューズメーカー、セバゴ(Sebago)が最初に取り入れたとされており、よりカジュアルな雰囲気が強調された意匠となっている。

SEBAGOのコインローファーを探す

コインローファー「フルサドル」

サドルの両端が長く、ソール部分まで覆っているものを「フルサドル」と呼ぶ。革靴の中ではカジュアルに位置づけされるローファーだが、フルサドルのコインローファーは上品でドレッシーな印象を漂わせる。流通量こそ少ないものの、ローファーにエレガントな要素を求めるなら有力な選択肢になり得る意匠だ。

Ralph Laurenのコインローファーを探す

3/8GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する