スエードローファー 特集

スエードローファーと言えば、フォーマルスタイルにはそぐわないものの、オフカジュアルでのスタイリングやスーツスタイルのハズしとして重宝するメンズファッションアイテムだ。今回は”スエードローファー”にフォーカスして注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

スエードとは?

クロムなめしした革の表面ではなく、肉面(内側)を起毛加工した素材をスエードと呼ぶ。元々、スウェーデンが手袋に使う素材として考案されたものだが、ファッションの先進国であるフランスにて流行し「ガーント・ドゥ・スウェード(スウェード製の手袋)」と呼ばれたことから”スウェード(スエード)”として世界に広まっている。スウェーデン発祥の素材でありながら、正式名称がフランス語という事実は興味深い。

スエード以外の起毛素材

起毛素材と言えば、スエードの他にヌバックやベロアが挙げられる。どれも起毛素材で間違いないが、質感や加工する面によって呼び方が異なるようだ。例えば、肉面を起毛させるスウェードに対して、表面を起毛加工した革をヌバック。スエードと加工方法は同じだが、起毛した毛足が長いものをベロアと呼んでいる。また、ベロアとスエードを呼び分けるのは日本ならではの文化なのは頭に入れておきたい。日本以外では、スエードで呼称が統一されているようだ。

毛足の短いマットな質感が特徴のヌバックレザー。さらっとした触り心地から欧米では春夏向けの素材として扱われることも。 alran

スエードシューズの手入れ方法

一般的なレザー製品に比べて手入れを敬遠しがちな印象のスエード素材だが、やり方は意外と簡単。
・発泡した天然ゴム製のブラシでブラッシングして泥や埃を払い落としながら毛並みも揃える。
・スエード専用のスプレーを靴全体にサッと吹き付け油分を与えることで、革の質感のキープや経年変化による色あせを防止。
基本的な手入れはこの2ステップだ。長持ちをさせる為にも、スエードシューズを履くたびに手入れを行いたい。黒ずみの汚れや色あせにはスエード専用の砂消しゴムや補色ローションを使用する必要があるが、新品からなじませる段階ではスプレーとブラシで十分だろう。

Collonil(コロニル)  栄養・防水スプレー

 

詳細・購入はこちら

COLUMBUS(コロンブス) スエードブラシ

詳細・購入はこちら

スエードローファー紹介!

スエード製のローファーを展開しているシューズブランドをメインにアイテムを紹介!

スエードローファー「ALDEN(オールデン) Aberdeen Last」

タッセルスリッポンを語る上でオールデンは外せない。1884年に米マサチューセッツ州のミドルボロウという町で、チャールズ・H・オールデン氏によって創業したオールデン。当時は既成靴ではなく、カスタムメイドブーツや、ドレスシューズの受注生産をおこなっていた。そんなオールデン社が1948年に新しいスタイルとしてタッセルスリッポンを発表したことをきっかけにタッセルローファーの歴史が始まっている。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「JOHN LOBB(ジョンロブ) ダークブラウンスエード」

1866年創業のジョン・ロブは、当初はビスポーク(オーダーメイド)靴を専門とする工房だった。1980年代より既成靴の制作に乗り出し、以降30年の時を待たずして”キング・オブ・シューズ”とまで呼ばれる地位を確立する。他の既成靴ブランドにはない美しいシルエットを生み出す木型(ラスト)と、最高品質の皮革を武器に、世界中のセレブや愛好家から評価される革靴を作り続けている英国シューズブランドだ。元々、タッセルローファーはアメリカ発祥のシューズでありジョン・ロブは生産を敬遠していたが、ファンからの熱い要望によって誕生している。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「DOUCAL’S(デュカルス) タッセルローファー」

1972年、イタリアのマルケ州にてマリオ・ジャンニーニ氏が創業したイタリアンレザーシューズブランド「DOUCAL’S(デュカルス)」。自社一貫生産にこだわり、徹底した品質管理体制を構築。クラシックな定番シューズを主体としながらもトレンドを取り入れたモードテイルとのアイテムも展開することで知られている。スエードタッセルローファーは定番モデル。毎シーズン、素材やカラーリング、ソールにラバーソールを採用するなどの変更を加えて展開を行なっている。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) コインローファー」

50年以上靴の世界に携わってきた職人中の職人、エンツォボナフェ氏が1963年に自身の名を冠にして創立した革靴ブランド。英国老舗タンナーチャールズFステッド社のスーパーバックを使用したローファー。グッドイヤー・ア・マーノ製法でアウトソールには本革を採用。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「三陽山長(サンヨウヤマチョウ) 堅弥」

2000年10月、靴メーカー「山長印靴本舗」が誕生。それからちょうど1年後の2001年10月に三陽商会が商標を取得し、紳士靴を中心にレザーアイテムを取り扱うブランド「三陽山長」としてスタート。「技」「粋」「匠」を理念に掲げ、徹底した品質主義のもと創業時よりハイレベルな製品を展開している。堅弥はドレスシューズの外観にスニーカーの履き心地を併せ持ったドレススニーカー。 イタリアの名門メーカーにてオリジナルソールを制作し、木型はスクエアトゥの定番「R309」をモディファイしている。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ) ダークブラウン スエード」

1879年に義理の兄弟関係にあるジェームズ・クロケット氏とチャールズ・ジョーンズ氏によって創業された英国を代表する革靴ブランド「CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)」。一足の生産に8週間もの手間暇を掛ける英国靴は魅力的だが、中でも革に蒸気を当てて木型に馴染ませるという工程があるが、その作業だけのための専用スチームルームを構えるのはクロケット&ジョーンズだけだ。ダークブラウンのアッパーが落ち着きのある雰囲気を演出したコインローファー。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「CARMINA(カルミナ) タッセルローファー」

1998年にJose Albaladejoが究極の革靴を求めてスペインでスタートした「カルミナ」。新鋭ブランドと思いきやJose一家は19世紀から靴の製造を続ける歴史あるメーカーで1961年に高級靴ブランドのYANKOを創立している名門ブランドだ。カルミナは、実は創業者が60歳を迎えたタイミングで立ち上げたブランドだけあり安定感も魅力。製法としては伝統的なグッドイヤー・ウェルト製法を採用しほとんどの行程を手作業で行なっている。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「Corno blu(コルノ ブルゥ) FORNAX」

イタリアはフィレンツェにて、伝統的オーダーメイドの手縫い靴造りを学んだ靴職人の清角豊(セイガクユタカ)氏が、2005年に立ち上げたブランド「Corno blu(コルノブルゥ)」。イギリスチャールズF.Steadのしなやかなスエードレザーを用いたタッセルローファー。洗練されたトウのシェイプと手縫いのモカステッチがエレガントな雰囲気を漂わせている。ワンサイズ小さいサイズで徐々になじませるフィッティングが◎。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「LOAKE(ローク) Eton Saddle Loafer」

1880年、ローク家の3兄弟が英国靴産業の中心地であるノーサンプトンシャーに工場を開いたことが始まり。創業から130年以上経過した現在もイギリスでもっとも美しく履き心地の良い耐久性に優れた紳士靴を作ることをコンセプトに、同じ工場、製造工程、素材へのこだわりを守り生産を行なっている。グッドイヤーウエルト製法が有名で、約130人の職人が完成までに8週間以上かけ、最高品質の素材を用いて製作しているのは英国靴ブランドならでは。2007年には、英国王室御用達ブランドとしての承認も受けている。レザーソールを採用したコインスエードローファー。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「WH(ダブルエイチ) ローファー」

シューデザイナー坪内浩 氏とファッションディレクター干場義雅 氏によって誕生したメイドインジャパンのシューズブランド「WH(ダブルエイチ)」。アッパーにチャールズFステッド社スーパーバックスエードを使用したリボンキルトローファー。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「Bettanin & Venturi(ベッタニン アンド ヴェントゥーリ) 3075 Hydro Jasper-1」

1850年、ヴェネツィアで創業の老舗ブランド「Bettanin & Venturi(ベッタニン アンド ヴェントゥーリ)」。カデノン製法を唯一扱うことができるベッタニン師は”神の手”と称され、イタリアではカリスマ的存在だ。カデノン製法自体はオーダーメイドのみの展開だが、その技術力の高さは既成靴でも充分味わうことが可能。スエードローファーは、英国調のラストにイタリアの感性が加わったデザイン。絶妙なバランスがクラシックかつモダンな雰囲気を醸し出している。ソールには軽快な履き心地を実現したグッドイヤーフレックス製法を採用。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「MAGNANNI(マグナーニ) ANTIBES TRENCILLA」

ボロネーゼ製法で人気を集めるスペインシューズブランド「Magnanni(マグナーニ)」。セミロングノーズのシンプルなシルエットながら、踵から土踏まずにかけてのウエストをシャープにしたことで、極めて美しい木型の仕上がりに。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「Paraboot(パラブーツ) ローファー ダックス」

1908年にフランスにてレミー・リシャールポンヴェール氏が開いた小さな靴工房が元となったフランスを代表するシューズブランド「パラブーツ(Paraboot)」。クラシックなコインローファーに、同色の”Lisse”レザーとスエード素材を組み合わせ、シンプルな中にも遊び心を感じさせる仕上がりに。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「F.lli Giacometti(フラテッリ ジャコメッティ) タッセルローファー」

1890年代頃に創業されたとされる「F.LLI Giacometti(フラテッリジャコメッティ)」。イタリア北部のベネト地方に唯一残る職人メーカーだ。ラウンドトゥで内振りに設定された木型、適度なノーズの長さとボリュームによって、絶妙なバランスとフィット感を生み出しているタッセルローファー。大きめに設計されたタッセルが、クラシカルな雰囲気の中にも独自の存在感を放っている。アッパーにはスエード素材の代表的な存在である、英国チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックを使用し、独特の毛艶と滑らかな手触りが上品な印象を与えるとともに、柔らかい履き心地を実現。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「Tricker’s(トリッカーズ) スエードモカシンシューズ」

英国ノーザンプトンには歴史ある一流シューズメーカーが点在しているが、その中でもトリッカーズは180年以上という特に長い歴史を持つ。1829年にジョセフ・トリッカー氏によって立ち上げられたこのブランドが手がける靴やブーツは、当時から地主階級や農場主たちによって支持されていた。そして現在では多くの王室関係者、ファッショニスタやセレブの御用達ブランドとして知られる。上品なスエード素材のアッパーと英国ブランドならではのソールの重厚感が魅力的。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「BARKER BLACK(バーカーブラック) ローファー Stitched Bone Loafer」

2005年にDerrcik氏とKirk Miller氏の兄弟によりニューヨークで創業した「BARKER BLACK(バーカーブラック)」。主にグッドイヤーウェルト製法を採用した商品を展開している。フロントのクロスしたシューレースやロゴのデザインがアクセントに。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「SUTOR MANTELLASSI(ストールマンテラッシ) PLAIN DRIVER」

1912年、フィレンツェにて創業のブランド「SUTOR MANTELLASSI(ストールマンテラッシ)」。クラシコイタリアブームの代名詞であるスクエアトゥの元祖とも言われている。ラテンの色気を持つ高品質な靴づくりが魅力的だ。U字縫いが施されたローファーならではのスエードアッパーに踵の反り上がったソールを採用したドライビングシューズ。

詳細・購入はこちら

スエードローファー「DSQUARED2(ディースクエアード) チェスナット」

1994年、カナダ出身のディーン氏とダン・ケイティン氏による双子兄弟が設立したファッションブランド「DSQUARED2(ディースクエアード)」。イタリアブランドならではの発色の良さが魅力的。

 

詳細・購入はこちら

スエードローファー「HYDROGEN(ハイドロゲン) タッセルローファー」

1歩先を行く燃料(=水素)という意味でネーミングされた「HYDROGEN(ハイドロゲン)」。スエードのアッパーにブルーベースのカモ柄を施すことでスポーティな雰囲気に仕上がっているタッセルローファー。ヘンダーソンとの共同開発によるデザインの為、品質も折り紙つき。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post