ミリタリージャケット 特集!代表モデル&おすすめアイテムを一挙紹介

Share

陸、海、空それぞれのフィールドに適した実用性と機能性を求め、スクラップアンドビルドを繰り返してきたミリタリージャケット。見るからにタフで男らしい印象を持ち、年代や品番によって異なるデザインが男心をくすぐる。今回はそんな「ミリタリージャケット」をテーマに、代表モデルとおすすめアイテムを一挙紹介!

スポンサーリンク

ミリタリージャケットとは?

「Military=軍人の、軍隊の」という意味があるように、ミリタリージャケットとは軍服として生産されたジャケットのことを指す。主に着用時の機能性を高めることを念頭に開発されており、幾度となくアップデートが繰り返された結果、実に膨大な数のミリタリージャケットが誕生した。またミリタリーウェアといえば、ドレスウェアやワークウェアと並んでメンズ服におけるインスピレーション源となり続けてきたこともあり、様々なブランドからミリタリージャケットのデザインをベースにしたウェアが数多く展開されている。現在では、本物のミリタリージャケットはもちろんのこと、軍服ならではのデザインやディテールを採用したジャケット全般をミリタリージャケットと呼ぶことも多い。

【関連記事】ミリタリージャケット メンズ コーデ 特集!種類別に注目の着こなしを紹介

戦場をはじめとした過酷な環境で活動する兵士の為に開発された、機能性重視のデザイン...

ミリタリージャケット代表モデル①「MA-1」

MA-1は1958年に誕生したフライトジャケット。“B-15C”や“B-15D”の系譜を継ぐジャケットで、その2モデルの特徴的なディテールであるムートンのボア襟がヘルメットに干渉することが分かり、リブ襟に変更された。ナイロン素材が用いられており、表地がセージグリーン、裏地がレスキューオレンジとメリハリのついた色合いが特徴。また、左袖に付いたシガレットポケットもMA-1を象徴するディテールだ。開発当時のMA-1には、胸部分に酸素マスクのホースを止める為の「オキシジェンタブ」や両脇下に施された通信用のワイヤーを通すタブが施されている。

詳細はこちら

【関連記事】MA-1を使ったメンズコーデ特集!魅力から最旬の着こなし&おすすめアイテムを紹介

ミリタリーアイテムであることさえ忘れさせてしまうほどすっかりストリートに定着し、...

MA-1 おすすめアイテム「ALPHA(アルファ) MA-1」

米軍へフライトジャケットを供給するメーカーとして有名な”アルファ社”では伝統的なデザインのMA-1を展開している。昔ながらのボリューム感ある武骨なシルエットが特徴で、タフな生地使いも相まって男らしさをグッと増幅させてくれること間違いなし。セージグリーン×レスキューオレンジ以外にもカラーバリエーションを豊富に取り揃えているので、気に入るカラーリングも見つかりやすい。

詳細はこちら

MA-1 おすすめアイテム「A.P.C.(アーペーセー) MA-1」

着る人の個性を際立たせるデザインに定評のある”A.P.C.”よりピックアップしたのは、同ブランドらしさのあるミニマルな顔立ちのMA-1。フライトジャケットというとギラッとした光沢のあるウェアが多いが、こちらはほどよい按配の光沢感なので合わせるアイテムを選ばない。また、スッキリとしたシルエットに収めることで都会的な佇まいに仕上がっているのもポイントだ。

詳細はこちら

【関連記事】MA-1に合わせるインナーは何が正解?王道から脱定番まで厳選コーデ&ウェアを紹介!

「MA-1」といえば、合わせるトップスによって多彩なスタイルを楽しめる秋冬定番の...
2/8GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ