【急募】アルバイトスタッフ募集中!

ステンカラーコートとは?長く愛用できる定番モデルも併せて紹介

Share

ファッション好きな男性であっても、“なんとなく分かるけど、きちんと説明できない”というファッション用語は少なくないのでは?今回は、メンズ冬服の大定番であり“最初に買うべきコート”としても取り上げられることの多い「ステンカラーコート」についておさらいしていく。

ステンカラーコートって何?

「ステンカラーコート」とは、後ろ襟が高く、前に向かって下がるように折り返る襟が特徴のコートのこと。他のコートと比べると装飾が少なく見た目がシンプルなことから、オン・オフ問わずどんなシーンにも着られるアウターとして人気を博している。また、ラグランスリーブかつフライフロント(比翼仕立て)のものはクラシックコートの代表格とされているが、ボタンが表に出ていたり、フラップポケットがついていたりとカジュアルめなデザインも昨今では多い。ちなみに「ステンカラー」という言葉は和製英語であり、スタンド・アンド・フォール・カラーが訛って生まれた説が有力。他にもフランス語のsoutien(支える)から来ている説がある。

ステンカラーコートを探す

ステンカラーコートの正式名称はバルマカーンコート!

和製英語であるステンカラーコートの正式な名称は「バルマカーンコート(Balmacaan Coat)」だ。スコットランド・ハイランド地方のバルマカーンという地名に由来すると言われている。また、バルマカーンカラーを略して“バルマカラー”あるいは“バルカラー”と呼ぶこともあるが、英語圏では基本的に“オーバーコート”や“レインコート”、“マックコート”と呼ぶことが多い。

バルマカーンコートを探す

ちなみにファッション通の中には「ステンカラーとバルマカーンカラーは明確に違う」という考えの人も少なくない。その違いの見分け方は、襟腰が高いか低いかだ。襟腰の高い“レインダップバル”はステンカラーで、衿腰が低い“レイダウンバル”はバルマカーンカラーと呼ぶ。そしてメーカーやブランドでその名前を呼び分けるときには、クラシックな仕立てのものを“バルマカーン”としている事が多い傾向にある。

ステンカラーコートのおすすめ5選!流行りに左右されず長く愛せる定番モデルを厳選ピック

あらゆるブランドがステンカラーコートを展開していて選択肢が多いがゆえに、どれを選べばいいのか分からないという方も少なくないだろう。そんな方にはまず、買って間違いなしの定番モデルをおすすめしたい。ここからは、きっと10年後だって着られるであろうステンカラーコートのおすすめを厳選して紹介していく。

ステンカラーコートおすすめ①「Mackintosh(マッキントッシュ) Dunkeld」

まず紹介するのは、ステンカラーコートの名作として年代を問わず幅広い男性に愛されている「ダンケルド」だ。マッキントッシュを象徴するゴム引きコットン製で、全ての縫い目の裏には止水テープが貼られているため、雨や雪に降られてもOK。それに加えて、防寒性を高める取り外し可能なウールライナーが付属しているので、秋から春までヘビロテ間違いなしだ。

詳細・購入はこちら

ステンカラーコートおすすめ②「J.PRESS(J.プレス) ベンタイル バルマカーン コート」

ラグランスリーブ&フライフロントを採用したクラシカルな見た目が特徴のバルマカーンコート。生地には第二次世界大戦時にイギリス軍のために開発された“ベンタイル”を採用しており、より古典的な印象を感じさせる。また、経年により風合いがさらに増していくのも男心をくすぐるポイントだ。

詳細・購入はこちら

ステンカラーコートおすすめ③「BURBERRY(バーバリー) Camden」

バーバリーを代表するコートの一つである「カムデン」。クラシックデザインに加え、すとんと落ちるストレートシルエットを採用しているのが特徴で、時代を超えて愛される不朽の名作として人気を集めている。ちなみにバーバリーでは、カーコートと呼ぶのが一般的だ。

詳細・購入はこちら

ステンカラーコートおすすめ④「Aquascutum(アクアスキュータム) ステンカラーコート」

アクアスキュータムのステンカラーコートは、ゆるやかなAラインを描く優雅なシルエットの1着。比翼仕立てかつセットインスリーブになっており、カッチリした印象があるのでスーツ姿にもよく似合う。裏地にはお馴染みのチェック柄が配されており、チラ見せすればお洒落さのアピールも叶うはずだ。

詳細・購入はこちら

ステンカラーコートおすすめ⑤「Traditional Weatherwear(トラディショナルウェザーウェア) SELBY」

長く使えて、しかも手の出しやすいものが良い…というワガママにも応えてくれるのがトラディショナルウェザーウェア。マッキントッシュ社のデイリーウェアブランドだ。お馴染みのゴム引きコットン&止水テープを採用し、オン・オフ問わずに着られるデザインに仕上げていながら、税込で5万円台というアフォーダブルな価格を実現。ちなみに袖を折り返すと鮮やかなレッドになっていて、コーデにさりげない差し色を添える。

詳細・購入はこちら

ステンカラーコートを使ったコーデをチェックしたい方には、こちらの記事がおすすめ!

ビジネススタイルからオフカジュアルまで、様々なスタイリングにフィットするステンカ...

バルマカーンコートを詳しく知りたい方には、こちらの記事がおすすめ!

服好きな男性であっても「なんとなくわかるけど正確な意味までは把握していない」とい...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION

ステンカラーコートを使った冬コーデにフォーカス!アイテムの歴史からメンズに合うインナー、着こなし事例を一挙紹介

GOODS

比翼仕立てのステンカラーコートは1着持っていて損なし!大人にオススメのアイテムを厳選して紹介

NEWS

ポール・スチュアートより「おしゃれに花粉対策」をテーマにしたバルカラーコートが登場!

FASHION

種類別コート コーデ メンズ特集!2022年最新ピッティのスナップを中心に着こなしを厳選紹介

FASHION

この春、ロングコートのメンズコーデを旬にみせるなら?最新の海外スナップで見つけた注目キーワード3選

FASHION

チェスターコートをコーディネートするコツや相性の良いインナーとは?メンズの海外スナップとともに解説!

GOODS

日本のセレクトショップが作るトレンチコート7選!

GOODS

ちょっとした羽織モノに。薄手の秋コートおすすめ6選!

GOODS

ロング丈 レインコート特集!梅雨シーズンにおすすめの6モデルを紹介

GOODS

レインコートで憂鬱な雨の日をスマートに乗り切る!メンズにおすすめのアイテムを紹介

GOODS

ショップコートとは?ラギッド感と品の良さを兼ね備えたオススメ品を紹介

GOODS

オーバーサイズの春コートで旬なムードを底上げ!今おすすめのアイテムを厳選して紹介