記事で紹介した商品を購入すると、売上が当媒体に還元されることがあります。

イケてる40代メンズに推奨のスプリングコート5選

Share

イケてる40代メンズに推奨のスプリングコート5選

春アウターの代表格の「スプリングコートを制するものは春ファッションを制する」と言っても過言ではない。ということで今回はアラフォーの筆者が、イケてる40代男性にぜひ着てほしい春にぴったりなコートを全力で探してみた。トレンドにフィットしているか、ミドルエイジの男性に似合うかなどを精査の上で、アラフォーの筆者が当事者意識を強く持って厳選したのでぜひご一読いただきたい。

世界のイケオジの春コート、主戦場はロング丈か!?

ピッティウォモ、ミラノファッションウィークと言えば、リアルなメンズトレンドを把握する上で重要なイベント。もともとお洒落感度の高い男性に好まれてきたロングコートの着用者が例年に比べて目立った。実際に彼らが着用しているアイテムとしては、現代のトレンドを反映したコンテンポラリーブランドのコートと、バーバリーやアクアスキュータムに代表されるオーセンティックなデザインのコート(現行品&ヴィンテージ品)に二極化している。

日本のイケオジがスプリングコートを選ぶ上で重視すべきポイントは?

では、実際にどんな春コート(スプリングコート)を選べば良いのか?後悔しないために欠かせないポイントを整理する。

スプリングコート選びのポイント①ファッションカテゴリとの相性&着回しの良さ

まず、自分の手持ちの服のカテゴリや目指す着こなしカテゴリを明確にした上で、そのカテゴリと乖離しないスタイルのコートを選ぶのが重要だ。一着のコートを色々なスタイルで着回すなら、バーバリー等の王道ブランドのオーセンティックなコートを選ぶほか、特定のスタイルカテゴリへの偏りがないブランドのコートを選ぶのがおすすめだ。今っぽさを演出するなら、気持ちオーバーフィッティングのサイズやデザインのものを意識的に選ぶのが◎

スプリングコート選びのポイント②日本の春気候に好相性な素材の目利き

春コートの定番素材といえばコットン。コットン100%素材のコートを選ぶのも良いが、いわゆる春の陽気と言われるような天気の良い日だけでなく、ジメジメした雨の日の着用に向いている素材のコートを選ぶと快適に過ごせる。具体的には、60/40クロス(コットン60%,ナイロン40%)や、コットンポリエステル、ポリエステルなど、化学繊維によって機能が強化された生地を選ぶのもおすすめだ。60/40クロスは、クラシックなトレンチコートにも採用される生地であり「化繊=悪」「化繊=安っぽい」といった先入観は捨てた方が良いと思う。ちなみにポリエステル繊維の特徴として、型崩れやシワが生じにくく、吸水性が低いため濡れてもすぐ乾くなど、春アウターにうってつけのメリットがある。

スプリングコート選びのポイント③長めの丈でトレンド感とイケオジに必要な風格を演出

前述のように、取材と観測を通して膝丈から膝下丈のロング丈のコートがトレンド傾向。もちろん膝上丈のコートも悪くないので、すでに所有している場合は胸を張って活用してほしいが、イケてる40代メンズがこれから新規で購入するなら、断然長め丈のコートがおすすめだ。ロング丈のスプリングコートを着こなすことで、イマっぽい雰囲気がまとえるだけでなく、ミドルエイジに必要な威厳や風格を底上げしてくれる。

スプリングコート選びのポイント④色味選びは、「ブラック」「ベージュ」「ネイビー」「オリーブグリーン」の4択!

春アウターを数多く所有する前提の方や、特定の色味を自分のテーマカラーにしている方などを除いて、春コートとしてベーシックなカラーを選ぶのが基本戦略。スプリングコートの代表格、トレンチコートの定番色であるベージュのほか、ブラック、ネイビー、オリーブなどメンズ定番色を選んで、うまく着回すのが賢い。

イケてる40代男性に推奨のスプリングコート①「都会的でお洒落なイケオジに似合うシンプルを極めたトレンチ」A.P.C. のトレンチコート

1986年パリ発の「A.P.C.(アー・ペー・セー)」と言えば、ミニマルで都会的なリアルクローズに定評がある、まさにハズさないブランドだ。そんな同ブランドのトレンチコートをピックアップ。クラシックなデザインのトレンチコートをベースにつつも、肩のエポーレットや袖口のアームベルト、首元のチンストラップなどが省略され、同ブランドならではのミニマリズムを感じさせる仕上がりに。フィッティングはややオーバーサイズのためトレンド感があると同時に、下のスタイリング画像のようにストリートテイストで着こなすことも可能に。ちなみに表地の素材は、コットン87%ウール13%となっており、やや上品な質感になっているのも40代には嬉しいポイントだ。また、このコートを合わせられるスタイルは、全カテゴリと言っても過言ではない。キレイめカジュアルスタイルはもちろんのこと、ストリートスタイルやビジネススーツに合わせても、すんなりとキマる。

詳細・購入はこちら

編集部 三井
トレンチコートと言えばバーバリーですが、今や30万円から40万円台と手を伸ばしにくい価格帯になりました。古着で探すのも良いですが、自分が納得できる状態やサイズの一着を探すのは意外と難しい。A.P.C.のトレンチは10万円台とリーズナブルな上に、クラシックなトレンチコートをベースにしながらもモダンで都会的なデザインに仕上がっています。価格以外に、このコートを選ぶ理由があるのが◎です。

イケてる40代男性に推奨のスプリングコート②「タダ者じゃない感が極まる墨黒アウター」Closed スプレッドカラーシングルコート

1978年ドイツ発のブランド「Closed(クローズド)」と言えば、1970年代に当時最先端のストーンウォッシュ技術を考案したデニムブランドとして知られ、現在はアパレルをトータルで展開している。そんな同ブランドからピックアップしたのはスプレッドカラーのシングルコート。染色や素材選びにこだわりを持つ同ブランドらしく、独特の墨黒がお洒落な一着となっている。やや大振りなフラップ付きのパッチポケットは直線的なラインを描き、デザインアクセントに。比翼仕立てのため閉じて着れば、シックな印象を演出できるのが大人には嬉しい。こちらのコートも、カジュアル使いはもちろん、ビジネスシーンに取り入れても全く違和感がなく、着回しのきく1着となっている。

詳細・購入はこちら

編集部 三井
このコートに採用される素材は、コットン94%、ポリウレタン6%となっており、かなりストレッチ性が高い。見た目には、直線的でシリアスな表情のコートですが、伸び縮みするストレスフリーの着心地なのが対極的で面白いと思います。コートの窮屈感が苦手という男性にもおすすめできる一着となっています。

イケてる40代男性に推奨のスプリングコート③「エレガントなスタイルが好きな貴方の胸を射抜く稀有なキレイめチェスター!」Lemaireのツイルコート

ユニクロとのコラボレーションをきっかけに連携を深め、現在はUniqlo Uのアーティスティックディレクターを務めるクリストフ・ルメール氏と言えば、エルメスやラコステで辣腕を振るったことでも知られる人気デザイナーだ。そんな同氏が自身の名を冠して1992年にスタートした「Lemaire(ルメール)」から、ツイルコートをピックアップ。細めの襟、低めのゴージラインを持つチェスターコートはエレガントな印象なので、細身でキレイめなスタイル、モードなスタイルを志向する40代メンズにぴったりだ。ブラウンが強めの上品なキャメルカラーも、極めてセンスが良い。

詳細・購入はこちら

編集部 三井
ちなみに春用のチェスターコートを探すと、意外に展開しているブランドが少なく、ほとんど見つかりません。今回ピックアップしたルメールのコートは、前述のようにフレンチシックといった趣きであり、どんな格好にも合う春アウターではありませんが、この手のスタイルが好きな方には、どストライクなのではないでしょうか。素材は、ポリエステル55%、ウール 45%で光沢感とドレープ感が際立つ質感となっており、春のやわらかい日差のもと、春風になびかせると良い表情を見せてくれることでしょう。

イケてる40代男性に推奨のスプリングコート④「1着は持っておきたい全天候型アウター」Rainsのレインコート

東京では、冬に比べて春の平均降水量は約2倍になる。梅雨を目前にした季節に、雨が楽しみになるような「Rains(レインズ)」のレインコートを入手するのはいかがだろうか?レインズは2012年デンマークのコペンハーゲン発祥のブランドで、レインコートをファッションアイテムに昇華させたことで知られ、今回ピックアップしたのはブランドを代表する1着。比翼仕立て、フィッシュテールなど、通常のレインコートには見られない仕様が魅力だ。基本雨用ではあるが、通常の春コートとして活用できるのが良い。40代の大人がありふれたレインコートを着ると、どうしても “とっちゃん坊や感” が出てしまうがこのコートなら、そのような心配は無用だ。レインコートブランドのアイテムなので、基本的に合わせるブランドカテゴリを気にする必要がないのも◎

詳細・購入はこちら

編集部 三井
レインズのレインコートは比較的歴史が浅いにも関わらず、ファッション業界人の間でも定番的な支持を獲得したアイテムというイメージがあります。そして着用シーンとして雨や風が強い日はもちろんですが、単純に見た目が格好良いので、ライトアウター感覚で普段から使っているという人が多い。スナップボタンが露出しているモデルもありますが、私が40代のメンズにおすすめしたいのは、比翼仕立ての上記モデルです。

イケてる40代男性に推奨のスプリングコート⑤「やりすぎない範囲で若い感性を取り込めるフレンチストリートアウター」Drôle de Monsieur のフーデッドコート

2014年に始動して以来、フレンチストリートシーンの重要な一角を担う「Drôle de Monsieur(ドロール・ド・ムッシュ)」のフーデッドコートをピックアップ。ちなみに膝丈くらいとなっており、今回紹介するスプリングコートのなかで最も丈が短いアイテムだ。表地はポリエステル100%で、コーチジャケットのカテゴリにも入れられそうだが、絶妙な丈感やドロップショルダーが一般的なそれらとは一線を画する洒落っ気のある仕上がりとなっている。Tシャツやニットの上に羽織って、気張らないけどお洒落な雰囲気をまとったイケオジになってみてはいかがだろうか?テキストプリント入りなので、インナーにはシンプルな無地かボーダーのカットソーやニット、シンプルなシャツなどがおすすめ。パンツはジーンズからスラックスまで、合わせられる幅が広い。このコートのデザインやブランドの世界観を重視するなら、ややオーバーサイズ目のアイテム合わせを心がけると◎

詳細・購入はこちら

編集部 三井
フランスブランドではありますが、あえてパリではなく、パリから300kmほど離れたディジョンという街に拠点を置き、目まぐるしく変化するファッションシーンと物理的にも心理的にも距離を保ち、独自の提案を行なっているのが面白いブランドです。過去の経験から、トレンドを追求しすぎることの虚しさを実感している40代の男性のなかには、そんなスタンスにピンとくる方も少なくないのでは?ちなみに今回紹介するコートの左胸と背中にプリントされた「NOT FROM PARIS MADAME」とは「パリ出身じゃないですよ(でもイケてるでしょ?)」というニュアンスで、前述のスタンスをよく表したブランドを代表するアイコニックメッセージ。トレンドとは距離を置きつつもアンテナは感度良く適宜取り入れたいという方、あるいは年齢的にゴリゴリのストリートスタイルは気恥ずかしいけどそのテイストは取り入れたい方にイチオシの1着となっています。

この記事の著者

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する