センタークリースの付け方「スラックスのセンタークリース(プレス)を死守する方法を動画で紹介!」

スーツスタイルやジャケパンスタイルにおいて、スラックスのセンタークリース(中央の折り目)は精悍な印象を与えるための重要なポイントだ。センタークリースのラインがボケていては、たとえ高級なスーツを身に着けていたとしても全体の印象を台無しにしかねないというのがその実。今回はそんな「センタークリース」を綺麗に保つ方法を、動画による解説を交えながら紹介!

スポンサーリンク

スラックスのセンタークリースを綺麗に保つためのクリーニングのしすぎは禁物!

スーツに使われる主な生地といえばウール地。多くのクリーニング店では“ドライクリーニング”で洗っており、石油のような有機溶剤を使用しているため、動物の毛で作られているウールの風合いを損ねてしまうことがある。スラックスについても同様、センタークリースがぼやけるたびにクリーニングに出しているとツヤを失ってしまうことも。そのため、できるだけクリーニングには出さず、日々のメンテナンスだけで綺麗な状態を保ち続けるようにするのが鉄則だ。

タグ

センタークリースは湿気に弱い。折り目が消えてしまう前に手を打つ!

スーツにとって湿気が大敵なのは言わずもがな、センタークリースが薄れるだけでなく消えてしまうことも。ラインがぼやけているとビジネスシーンにおいてだらしない印象を与えかねないので、雨の日はもちろんのこと晴れていても汗をかきやすい方は注意が必要だ。そもそも大半のスーツに使われているウール地は吸水性が優れているため汗や湿気を含みやすく、完全に水分が抜けきるまで時間がかかってしまう。そのため着用後は風通しのいい場所で陰干しするなど、ケアやメンテナンスが不可欠だ。

水蒸気

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ