【急募】アルバイトスタッフ募集中!

最高の技術と革新的なデザインを取り入れたアークテリクスのダウンの魅力とは?

Share

カナダ発のアウトドアブランド「ARC’TERYX(アークテリクス)」。シンプルでスタイリッシュなデザインと、高い機能性で男女問わず幅広い年齢層から支持を得るブランドだ。高品質なバックパックやハードシェルジャケットなどが有名だが、これからの季節に重宝する「ダウン」もアークテリクスの見逃せないアイテムのひとつ。今回は、そんなアークテリクスのダウンにフォーカスを当て、魅力を紹介!

カナダ・バンクーバー発の人気アウトドアブランド「ARC’TERYX(アークテリクス)」とは?

1989年に、クライマーのデイブ・レーン氏、ジェレミー・ガード氏によってカナダ・バンクーバーで設立。元々はハーネス製造メーカー「ロックソリッド」という社名だったが、ハーネス以外の商品の製造を求められたことから、1991年に「ARC’TERYX(アークテリクス)」としてスタートした経緯をもつ。ブランドのコンセプトは「地球上にある、最高のマテリアルと最高の技術、そして、革新的なデザインによって商品を作り上げること」。このコンセプトを落とし込み、試行錯誤して誕生した、スノーボード、スキー、ハイキング、ロッククライミング、トレッキングなどのアウトドアアパレルは、長年に渡り高い評価を得ている。ちなみに「アークテリクス」という名は、世界最古の鳥「始祖鳥」の学名に由来した「アーキオプテリクス」から取ったもの。ブランドロゴのデザインにも「始祖鳥」を採用し、発見された始祖鳥の化石の中で、最も良い状態のベルリンの標本をモチーフとしている。アウトドアの進化に役立ちたいという思いが、このブランド名とロゴに込められているのだ。1996年には、WLゴア&アソシエイツ会社からゴアテックスのライセンスを取得。さまざまなアイテムに、ゴアテックス素材を反映させ、より良い商品づくりを常に追及している。

詳細・購入はこちら

ハイクオリティプロダクトを製造するためのこだわりを配したデザインと機能性

「地球上にある、最高のマテリアルと最高の技術、そして、革新的なデザインによって商品を作り上げること」というコンセプトを基に、デザインにも非常に力を入れているアークテリクス。本社の2階全スペースをデザインスペースとし、素材メーカーが持ち込む素材を丁寧に吟味することはもちろん、カラー選定もアウトドアブランドらしく自然界に存在するカラーのみを採用するこだわりぶりで、選任のカラーリストがいるほど。アウトドアの厳しい状況下でも、快適に着用してもらえるようなハイクオリティなプロダクトを世に送りだすため、日々研究を重ね、より良いものを提供できるよう努めているのだ。その実績として、米国海軍のバトルパック製造受注コンペに打ち勝ち、20万個のバッグを生産した歴史がある。米国が自国以外の国に生産を依頼するのは、非常に稀な出来事。それほど、ハイレベルなデザイン性と機能性を持ち合わせているアークテリクスは、日本でも高い人気を誇り、数々の賞を受賞している。

詳細・購入はこちら

アークテリクスダウンを買う前に押さえておきたい!使用目的に合わせて設定された4つのサブカテゴリ

アークテリクスの商品には、使用目的に合わせて分けられたサブカテゴリが存在する。機能性や着用感なども変わってくるため、この辺りを理解してからアークテリクスのダウンを購入するのがおすすめだ。

アークテリクスダウンを買う前に押さえておきたいサブカテゴリ①「AR(オールラウンド)」

さまざまなアウトドアで着用できる汎用性の高い「AR(オールラウンド)」シリーズ。耐候性能に優れた素材で太陽光、温度や湿度の変化、風雨などの影響による劣化を防いでくれる。多用途で、タウンユースにも最適。1枚持っておくと重宝するアイテムだ。

詳細・購入はこちら

アークテリクスダウンを買う前に押さえておきたいサブカテゴリ②「SV(シビア)」

サブカテゴリの中で最も耐久性と防水性が高い「SV(シビア)」。悪天候下の中での着用を想定してデザインされた「SV」は、アークテリクスシリーズの最高スペックだ。厳しいコンディションにも耐えうる機能性を持ち合わせており、本格的なアウトドアを楽しむ方におすすめのモデル。

詳細・購入はこちら

アークテリクスダウンを買う前に押さえておきたいサブカテゴリ③「LT(ライトウェイト)」

軽量化に特化した文字通りの「LT(ライトウェイト)」は、軽さだけでなく機能性を持ち合わせているのが魅力のひとつ。非常に優れた耐久性と軽量さでタウンユースはもちろん、キャンプなどのアウトドアなどにも最適で季節を問わず1年中着用できるのが特徴だ。

詳細・購入はこちら

アークテリクスダウンを買う前に押さえておきたいサブカテゴリ④「SL(スーパーライト)」

LT(ライトウェイト)よりも更に軽量化を実現し、畳んで持ち運びを可能にした「SL(スーパーライト)」。軽量なだけでなく耐久性も備えているので、ちょっとしたアウトドアにも最適。春~秋にかけてはアウターとして、冬にはアウターの中に着込めるので、1年中重宝するアイテムだ。

詳細・購入はこちら

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する