「Patagonia(パタゴニア)」のおすすめダウン7選!他では見られない鮮やかな色使いに注目

Share

独自のデザインを採用した“おしゃれアウトドアブランド”という立ち位置で知られる「Patagonia(パタゴニア)」。「アウトドアウェア=おしゃれ」という概念を作り出したのはパタゴニアだと言われるほどのデザイン性に、多くの人々が魅了されてきた。今回はそんなパタゴニアで展開されているダウンウェアにフォーカスし、タウンユースでも活躍するおすすめモデルを紹介していく。

スポンサーリンク

自然を大事にする精神を貫くアウトドアブランド「Patagonia(パタゴニア)」が誕生するまで

アメリカ・カリフォルニアで誕生したアウトドアブランド「Patagonia(パタゴニア)」。創設者のイヴォン・シュイナード氏は、14歳の頃からクライミングを始め、岩を登る際に岩に打ち込んで使う「ピトン」と呼ばれる使い捨ての道具を自分自身で繰り返し使えるようなものにアレンジ。彼が生み出したこのピトンが仲間たちの間で大流行。当初は1つ50セントで販売していたが、生産が追いつかなくなったことにより、クライマーであり航空技師でもあったトム・フロスト氏とパートナーシップを結び、1965年にはシュイナード・イクイップメントという会社を設立。ふたりの作り出すギアは、シンプルなデザイン、軽量、機能性の高い素晴らしい仕上がりで、1970年にはアメリカ最大のクライミングギア・サプライヤーへと成長を遂げた。しかし、ギアの抜き差しにより岩のダメージが深刻化。自分の愛していた自然を、自分自身が作りだしたもので壊してしまった現実を知った彼は、当時ビジネスの大半を占めていたピトンの製造を惜しくも中止することを決意し、その代わりに岩を傷つけないアルミ製の「チョック」を開発。そのカタログにてピトンが及ぼす岩への悪影響について綴ったのだ。その勇気ある行動とメッセージに多くのクライマーが心を打たれ、チョークの売上が右肩上がりに。自分の愛した自然を配慮したモノづくりの精神が、多くのアウトドアフリークから高い支持を得る理由のひとつなのだ。

詳細・購入はこちら

「アウトドア=おしゃれ」という概念を作り出したパタゴニアのウェア

1970年、スコットランドへクライミングに出かけたシュイナード氏は、そこで見つけたブルー地にレッドとイエローのストライプを施したカラフルで頑丈なラグビーウェアがクライミングにも最適かもしれないと考え、アメリカへ持ち帰る。帰国後、彼がこのラグビーシャツをクライミングで着用した際に、あちらこちらで“そのウェアはどこで購入できるのか”と聞かれたことをきっかけにアウトドアウェアがさらなるビジネスの柱になるのではと考えた。後にこのラグビーシャツを輸入し、ウェアの販売をスタート。これが大反響を呼び、1973年にウェア部門専用のブランド「Patagonia (パタゴニア)」を設立することとなる。名前の由来は、南米最南端のパタゴニア地方に由来し、“遠隔地などの厳しい環境下でも快適に過ごせるウェアを作るために”、“どこの国でも発音できるように”という想いを込めている。1973年には、現在のフリースの原点とも呼ばれる「パイルジャケット」をリリース。このアイテムが、頑丈かつ動きやすく、保温性も高かったことからクライマーたちの間で大ヒット。これを皮切りに「パタゴニア」の名が世界中に広がっていたのだ。かつてのアウトドアウェアは、自然に馴染むアースカラーやベーシックなカラーを取り入れることが多く、ビビッドな色合いは差し色程度でしかなかった。パタゴニアでは、今までにないビビットなカラーを大胆に取り入れることで、「アウトドア=おしゃれ」という概念を作り出し、アウトドア業界に新しい風を吹かせたのだ。

詳細・購入はこちら

デザイン性と機能性を兼ね備えたパタゴニアのダウンウェアの魅力とは?

パタゴニアの冬の定番としてフリースジャケットに次いで高い人気を誇るのがダウン製品だ。創業から約50年という歴史に裏打ちされた信頼感もさることながら、軽やかで着心地に優れていて、なおかつ普段使いしやすいデザインと、実際にクオリティが高いのが人気を博している理由だ。ここからは、そのパタゴニアのダウンの魅力について深掘りしていこう。

パタゴニア ダウンウェア 魅力①「あたたかさと軽さを持ち合わせたフィルパワー600以上のダウン」

羽毛のかさ高性を示す数値「フィルパワー」。このフィルパワーの数値が高ければ高いほど、空気を含んでおり、大量に含まれる空気の断熱効果によって保温性に優れたダウンと言われている。フィルパワーが550以上あれば良質とされるなか、パタゴニアのダウンはすべて600以上。ダウンの量が少ないため、非常に軽く、高いフィルパワーにより保温性も高い。軽さとあたたかさを兼ね備えた最強のダウンなのだ。

詳細・購入はこちら

パタゴニア ダウンウェア 魅力②「持続可能な社会を意識した自然と動物にやさしいサステナブルなダウン」

パタゴニアでは、環境を配慮した「リサイクルダウン」と、動物福祉を考慮した「トレーサブルダウン」の2つを展開。「リサイクルダウン」は、クッションや寝具、再販不可能な中古品から回収された600フィルパワーのグースダウンとダックダウンを組み合わせた素材で、通常のダウンと変わらない優れた機能性を持ち合わせているのが特徴だ。「トレーサブルダウン」は、動物福祉がきちんと守られていることを証明するために、製造工程をすべて追跡できるような仕組みを取り入れたダウン。ダウン製品を製造するメーカーの中には、質の良いダウンを製造するために、無理にエサを与えたり、生きたまま羽毛を採取する場合があるが、パタゴニアでは“ダウンを採取したすべての鳥が人道的な扱い受けていることを保証”するために、製造工程をすべて追跡できるようにしているのだ。パタゴニアのダウンは、おしゃれなデザインや機能性だけでなく、環境や動物までをも配慮した地球にやさしいダウン。その素晴らしさが、長い間多くの人々を魅了し続けている。

詳細・購入はこちら

パタゴニア ダウン 魅力③「“モデル数・カラバリ・サイズ”どれをとってもトップクラス!」

ダウンウェアに関して、“定番モデル一強”というブランドが多い中、パタゴニアではなんと約20モデルも展開している。いずれのモデルもカラーバリエーションが存在し、少ないものでも2種類、多ければ5種類もの色味から自分好みのものを選べるのが嬉しい。それに加え、サイズに至ってはXSから3XLまでの7種類から選べるのだから脱帽だ。他ブランドではなかなかお目にかかれない、鮮やかなカラーリングのダウンウェアや、3XLの大きめダウンなどを取り揃えているのもパタゴニアの魅力だろう。

詳細・購入はこちら

2/2GO TO NEXTPAGE

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する