記事で紹介した商品を購入すると、売上が当媒体に還元されることがあります。

ケープハイツのダウンを大人の男が選ぶ3つの理由とは?

Share

ケープハイツのダウンを大人の男が選ぶ3つの理由とは?

アウトドアテイストのダウンジャケットを中心に、寒さの厳しいアメリカ東海岸生まれならではの機能性と、街にも馴染むシンプルなデザインで大人の男から多くの支持を集めるケープハイツ。今回は、そんなケープハイツのダウンの特徴に触れながら、押さえておくべきおすすめのモデルを紹介!

ケープハイツはL.L.ビーンなどの生産も手がけたファクトリー生まれのブランド

ケープハイツは、1990年にアメリカ北東部ニューイングランドにてスタート。「Eastern Mountain Sports」「L.L.Bean」「Colorado」など、当時の市場をリードするアウトドアブランドのアウターウェアを生産していたファクトリーから始動したブランドだ。90年代初頭のアメリカでのアウトドアブームによる大量生産のモノづくりによって、機能・品質の低下といった問題を目の当たりにした職人たちが、ファクトリーで長年培った経験を活かし、1994年にスタートさせたのが「ケープハイツ」である。

ケープハイツのウェアをチェックする

ブランド名は、海岸を意味する“Cape”と山を意味する“Heights”が由来。これは、マサチューセッツ州の東端を形成する半島・ケープコッドと、アメリカ東北部からカナダまで連なるアパラチア山脈を指しており、“その道のりでのあらゆる環境に耐えうるモノづくりを目指す”という想いから名付けられた。またブランドロゴの特徴的な三角形は、ケープコッドの海岸とアパラチア山脈そのものを表現している。

ケープハイツのダウンが大人の男たちから支持される3つの理由

デザイン性と機能性を兼備したダウンが様々なブランドから数多く提案されている昨今。その中でもケープハイツのダウンが大人の男たちからチョイスされる理由とは?

ケープハイツのダウンが支持される理由①「高い機能性を実現するこだわりの素材」

ケープハイツのダウンは、アメリカ北東部ニューイングランドの冬の厳しい寒さにも耐えうるように、あらゆるシチュエーションでのテストを重ね、そのフィードバックをもとに開発。その工程を経ることにより、最高級の機能性とサステナブルで革新的な素材を採用することを可能としている。ブランドの象徴的ファブリックであるポリ・コットン80/20などの、撥水性や耐摩耗性に優れた丈夫な素材や、ダウンの黄金比と呼ばれる「ダウン 9:1 フェザー」を使用したモデルが豊富で、保温性も抜群。真冬に頼れるダウンをラインナップしている。

ケープハイツのウェアをチェックする

ケープハイツのダウンが支持される理由②「街着としても映えるシンプルで洗練されたシルエットとデザイン」

ボリュームのあるデザイン特有の野暮ったさが出がちなダウンウェアだが、ケープハイツは、ダウン量を繰り返し調整したり、ラグランスリーブを採用することで、シルエットをシャープにアップデート。ジャケットの上からダウンを羽織ってもスマートに決まるように設計されており、ファッション感度の高い洒落者からも高評価を獲得している。余計な飾りを排除したシンプルでミニマルなデザインや、都会的なメタルスナップなどの細かなディテールを採用し、街着としても最適。大人のダウンスタイルにぴったりのアイテムとして人気を集めている。

ケープハイツのウェアをチェックする

ケープハイツのダウンが支持される理由③「自然と都会の両方に馴染む使い勝手の良いカラバリ」

自然との調和を大事にするケープハイツのカラーパレットは、ベーシックカラーが基本。汎用性の高いブラックをはじめ、ベージュやオリーブなどのアースカラーをメインに取り入れている。ミニマルなデザインと相まって、キレイめからアウトドアまであらゆるスタイリングに馴染むのも支持を集める理由のひとつだ。
(画像は定番モデル「LUTAK」のカラバリ)

ケープハイツのウェアをチェックする

ケープハイツのメンズダウンジャケット全5型を紹介!

ケープハイツ ダウンジャケット①「NEW LUTAK Jacket」

ケープハイツの定番モデル「LUTAK(ルタック)」の最新型は、トップスをレイヤードしやすいようにサイズ感をやや大きめに調整。単なるオーバーサイズにアレンジするのではなく、ラグランスリーブですっきりとしたシルエットに仕上げるなど、タウンユースしやすい洗練された印象はそのままキープされている。今季はブランド定番の80/20クロスではなく、シュリンク加工を施した生地を使用しており、シワがうっすらと入った立体感のある表情に。ジャケット内部にはX字のショルダーストラップが付いており、熱くなった際に背中にくくりつけ、フリーハンドで持ち運びが可能。ダウンとフェザーの分量は、黄金比と言われる9:1だ。

詳細・購入はこちら

ケープハイツ ダウンジャケット②「SUMMIT PARKA Coat」

90年代のアーカイブをベースに、20AWに復刻を遂げた人気モデルの「SUMMIT(サミット)」。ラグランスリーブで肩まわりをすっきりとスマートに仕上げることで、丈が長めのダウンウェアにありがちな古臭さや野暮ったさを払拭し、現代的にアップデートされている。素材はポリエステルとナイロンをブレンドした耐久性の高いリップストップ生地で、撥水加工が施されているため、アウトドアでも不自由なく着られる本格派。フードにはチンストラップが付き、留めることで風の侵入を防いでさらに保温性をアップさせることも可能だ。腰まわりのドローコードによって風の侵入を防ぐとともにシルエットを変化させられるので、着こなしのバランスをチューニングしやすい。

詳細・購入はこちら

ケープハイツ ダウンジャケット③「SUMMIT AVIATOR Jacket」

名前に“AVIATOR(飛行士)”と付いている通り、②のSUMMITをショート丈かつフライトジャケットチックにアップデートしたモデル。大きく異なる点は、袖口と裾のリブ仕様。よりメリハリのあるデザインになっており、冷気の侵入を防ぐことで保温性もアップしている。腕部分のシガーポケットもフライトジャケットらしいポイント。ケープハイツのダウンジャケットで初となるリサイクルポリエステルを採用しており、環境にも配慮している。ポケット内部はフリース素材で手を暖かく保ち、フードのフロント部分はマジックテープ式のチンストラップで防風性を確保したりと、冬の寒さを乗り切るための仕様が随所に。アクティブに動けるショート丈のダウンは重宝すること間違いなし。

詳細・購入はこちら

ケープハイツ ダウンジャケット④「FAIRBRANKS」

23AWコレクションで登場した最新作のロングタイプがこちら。クラシックなモッズコートスタイルに、たっぷりとしたオーバーサイズのモンスターパーカのシルエットを採用。存在感のあるデザインながら、現代的な軽量素材と中綿によって見た目に反する軽い着心地が特徴だ。もちろん暖かさも◎ 裾にはモッズコートからインスパイアされたフィッシュテールによって、ロング丈ながらも脚の動きを邪魔しない機動性を確保している。表地にはECOPET®のリサイクルポリエステル生地を使用。サステナブルかつ撥水性の高さも魅力だ。ケープハイツのデザインアイコンである胸の三角の切り替えを施すことで、他にはないデザインに仕上がった。

詳細・購入はこちら

ケープハイツ ダウンジャケット⑤「KODIAK」

定番のSUMMITをベースに、クラシックアウトドアのエッセンスが加わった「KODIAK(コディアック)」。ゆったりとしたシルエットながら、SUMMIT同様のラグランスリーブ仕様になっており、すっきりとしたモダンなシルエットが特徴だ。ベースモデルと大きく異なるのは、ダウンステッチをスクエア型に仕切っている点。横一線のステッチに比べてボリュームが抑えられ、スマートな印象に仕上がっている。生地にはケープハイツを代表する素材の80/20クロスを採用し、もともと撥水性と耐摩耗性が高い表地にテフロン加工を施すことで、撥水性をさらにアップ。さらに、下部に配された大きめのレトロなフラップポケットは収納力バツグン。佇まいは古き良きスタイルながら、機能性に富んだ“モダンクラシックダウン”と言える一着だ。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する