攻めの着こなしに使える中綿 / ダウンベスト7選

Share

洒落者がこぞって好むアイテムのひとつがダウンベスト。着用できる期間の見極めが難しいというデメリットがある反面、身頃にのみボリュームを持たせたなんとも言えないシルエットの良さは、他には無い圧倒的な魅力だと言える。今回はそんなダウンベストをテーマに、攻めの着こなしで取り入れたいデザインを取り入れた最新アイテムを紹介!

スポンサーリンク

MONCLER(モンクレール) Binet

都会的で洗練された雰囲気のあるラグジュアリーなダウンベストをモンクレールで発見。ダウンパックのステッチを表に見せないプレーンなルックスに、止水ジッパーに配されたブランドロゴのアクセントが秀逸な仕上がり。メインとしてはもちろん、コートのインナーとしても着用したいデザインだ。フロントを開けても立体感のあるシルエットを保つフード設計もたまらない。

詳細・購入はこちら

Y-3(ワイスリー) ライナー ベスト

インナー用ダウンを着ていると、アウターを脱いだ際、急に見窄らしい見た目になってしまう場合も少なくない。そんな状況でも気恥ずかしさを感じさせないデザイン性のあるライナーダウンベストを展開しているのがワイスリー。使いやすいノーカラースタイルで、バックにはお馴染みのブランドロゴを同色でセットしてアクセントを。ジップ式のポケットをフロントに3つ備えているのも地味に便利で嬉しい。

詳細・購入はこちら

AMBUSH(アンブッシュ) ダウン ベスト

まるで着物のようなデザイン性の高いダウンベストをアンブッシュで発見。たっぷりと身幅を設定しているため、Tシャツの上にはもちろん、アウターの上に重ね着してもサマになるデザインだ。前立てを一筆でつなげたような仕様もクール。

詳細・購入はこちら

OAMC(オーエーエムシー) Inflate Gilet

襟、身幅、スライダーに至るまで、全てをビッグサイズに仕上げたデザインのダウンベストをピックアップ。ざっくり編みのニットやヘビーウェイトのスウェットなどにバサッと羽織れるストリートテイストが漂う絶妙なデザインだ。裾にさりげなくブランドロゴパッチを縫い付けて。

詳細・購入はこちら

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する