日本屈指のダウンブランド「ナンガ(NANGA)」の魅力と傑作ダウンウェアを紹介

Share

冬本番に向け、ダウンジャケットを新調したくなる季節。せっかくなら、様々な趣向が凝らされたダウンジャケットをゲットしたいとお考えの方も少なくないのでは?そんな方におすすめしたいのが、日本のアウトドアブランド「NANGA(ナンガ)」のダウンジャケットだ。MADE IN JAPANにこだわり、日本国内で洗浄された羽毛を使用した高品質なダウンジャケットは、一度着たら虜になること間違いなし。今回は、そんな「NANGA(ナンガ)」のダウンウェアにフォーカスし、おすすめモデルを紹介していく。

スポンサーリンク

日本生まれのアウトドアブランド「NANGA(ナンガ)」とは?

「NANGA(ナンガ)」とは、1941年に横田晃氏によって、羽毛の町・滋賀県からスタートしたシュラフ(寝袋)メーカー。大元の会社は布団製造会社で、技術力を生かしてスリーピングバッグの製造を始めたことから、独自ブランドの「NANGA(ナンガ)」が誕生した経緯を持つ。羽毛にこだわり、選定・洗毛・管理を徹底することにより、あたたかい羽毛製品を製造し続け、その羽毛を使った高品質なアイテムを展開。現在ではスリーピングバッグだけでなく、登山用のジャケットやパンツなども取り扱い、優れたパフォーマンスでアウトドアフリークからも高い評価を得ている。社名の「ナンガ」は、ヒマラヤ山脈にある世界で9番目に高く、別名「人喰い山」とも呼ばれる登山難度の高い山から命名。これは、創業者・横田晃氏の「困難だからこそやってやろう、みんなが登らんとこを登ったろうという」という意味が込められており、その姿勢からチャレンジ精神や向上心が感じられる。

詳細・購入はこちら

MADE IN JAPANにこだわった高品質なプロダクトもナンガの魅力

ナンガではダウンのもっとも重要なポイントとも言える「羽毛」を国内で洗浄し、熟練された職人の手によって日本で製造している。羽毛に関しては、羽毛加工メーカー「河田フェザー」で徹底的に洗浄加工されたものを採用。この「河田フェザー」の羽毛精製工場は三重県・伊勢平野に位置し、山々に囲まれていることにより超軟水が取れること、乾燥に適した気候であるなど、世界的に見ても洗浄に適した環境が整っているのが特徴だ。その奇跡的な環境下で精製された羽毛を使い、製品を作る工程も 全て自社工場で行なうという徹底ぶり。ナンガならではの羽毛の吹込み、縫製、メンテナンス、製造技術を用い、熟練された職人の手で作られた製品は、この上なく信頼できるプロダクトと言っても過言ではないだろう。ちなみにシュラフにおいては、ファスナー修理を除き、基本的に永久保証を提供。自社工場で生産し、そのノウハウを知っているからこそできるサービスを取り入れているのだ。

詳細・購入はこちら

アウトドアフリークも太鼓判を押す「ナンガ」の傑作ダウンウェアを厳選して紹介

老舗シュラフメーカーである「ナンガ」がダウンジャケットを製造開始したのは2002年。その翌年には今でも定番品として愛されているオーロラダウンジャケットが誕生し、それ以降に登場したダウンも傑作と呼ばれるものばかりだ。ここからは、そんなナンガのダウンコレクションから、おすすめを厳選して紹介していく。

ナンガ ダウン おすすめ①「AURORA DOWN JACKET(オーロラダウンジャケット)」

「ナンガを代表するアイテムといえばコレ!」

まず紹介するのはナンガの看板アイテムである「オーロラダウンジャケット」。ナンガが独自開発したファブリック“AURORA-TEX®︎”を採用しており、その優れた防水性と透湿性によって快適な着心地を約束している。そして徹底洗浄した高品質な羽毛を封入し、さらに冷気の浸入を防ぐデザインを取り入れることで圧倒的な暖かさを実現。このスペックにしてアンダー5万円というアフォーダブルな価格で手に入るので、本命アウターをお探しの方にはもちろん、サブ的に使える2着目のダウンジャケットを検討している方にもおすすめだ。

詳細・購入はこちら

ナンガ ダウン おすすめ②「AURORA LIGHT STAND COLLAR DOWN JACKET(オーロラライトスタンドカラーダウンジャケット)」

「看板モデルにスタンドカラーを採用した旬なデザインに注目!」

スリーピングバッグにも使用され、高い評価を得ている「オーロラライト」素材をメインファブリックに採用した「オーロラライトスタンドカラーダウンジャケット」。軽量ながらもナンガの中でも高スペックな防水透湿性を兼ね備えた素材で、着心地も抜群。通常の羽毛に高品質羽毛SPDX(ポーランド産グースダウン)を封入することで、さらに保温性も高めているモデルだ。そしてスタンドカラーを取り入れた都会的なデザインも魅力のひとつ。そのスタンドカラー部分にもダウンを封入しているため、首元の防寒性もバッチリだ。首元のサイドジップを開くとメッシュの襟になり温度調節も可能なのも実に優秀。本格的な仕様と洗練されたデザインで、アウトドアはもちろんタウンユースでも活躍してくれる1着だ。

詳細・購入はこちら

ナンガ ダウン おすすめ③「TAKIBI DOWN JACKET(タキビダウンジャケット)」

「火の粉で穴だらけにならない!キャンプ好きがこぞって愛用するダウンジャケット」

ミニマルかつクラシカルなデザインに、焚き火を楽しめる機能を盛り込んだ「タキビダウンジャケット」。ボディに採用したコットンライクな生地は、ポリエステルと難燃素材アラミドを配合したナンガ独自のファブリックで、化学繊維の弱点である焚き火を克服した1着となっている。また、ナンガ独自の撥水ダウン「UDD(ウルトラドライダウン)」を採用することによって、湿気などによりダウンが濡れて小さくなり、保湿性が低下することを防いでいるのもポイント。タウンユースでならバッグ無しでも出かけられるほどの収納性を備えているのも魅力的だ。ちなみにフードは取り外し可能となっているので、シチュエーションに応じて2つの表情が楽しめる。

詳細・購入はこちら

ナンガ ダウン おすすめ④「AURORA DOWN HALF COAT(オーロラダウンハーフコート)」

「見た目以上の使い勝手の良さを叶えたデザインが多くの人に愛されている理由!」

ダウンジャケットに引けを取らず人気を博しているのが、こちらの「オーロラダウンハーフコート」。オリジナルファブリックであるオーロラテックス、そして760フィルパワーの高品質なダウンを採用して着心地の良さを確保した1着だ。フロントに見える4つのポケットの他、内側や後ろ身頃にもポケットを設けており、計7つものポケットが備わっているので“街では手ぶら派”の方にもリーチすることうけあい。また、ファーは取り外し可能となっているので、シーンによって使い分けが可能だ。色は都会的なブラック、渋みのあるカーキ、こなれたムードのコヨーテの計3カラー展開。シーズンによっては特別カラーもリリースされるので要チェックだ。

詳細・購入はこちら

ナンガ ダウン おすすめ⑤「AURORA SOUTIEN COLLAR DOWN COAT(オーロラステンカラーダウンコート)」

「スーツ姿にもバッチリ似合う!オン・オフ着られるオールラウンダーな1着」

アウトドア色の強いナンガだが、実はビジネスシーンにも使えるダウンコートも展開している。ファスナーで簡単に着脱できるフードを取り外せばステンカラーコートに様変わりし、きれいめコーデからスーツスタイルまで合わせられるのが魅力だ。また、コートを着たままでも衣服内の温度を調節できるベンチレーションを搭載しているので、電車や室内などで脱ぐことが難しいシーンなどで重宝することうけあい。ベーシックかつミニマルなデザインで着回し力にも長けているので、1着持っていればヘビロテ間違いなしだ。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する