インナーダウンベストの使いやすい色は?メンズが買うならコレ一択!?

Share

秋冬シーズンの重ね着ファッションで大活躍する“インナーダウンベスト”。各ブランドから様々なカラーバリエーションが展開されているため、購入する際に何色を買うべきか迷う方は少なくないはず。今回は人気メンズファッション誌を中心に活躍している百戦錬磨のスタイリスト宮崎 司(みやざき つかさ)氏の監修の元、インナーダウンベストでメンズが一番使える色とその理由を紹介!

監修
スタイリスト 宮崎 司さん

大学を卒業後にファッションの専門学校に進み、その後スタイリストのアシスタントに付く。独立後、人気メンズファッション誌を中心に、有名ブランドカタログや著名人のスタイリングを手がけるなど、活躍の幅を広げている。

インナーダウンベストで一番使える色はズバリ“黒”!ただ単純にブラックを選ぶだけではNG!?

スタイリストとして何万体にも及ぶコーディネートを組んできた宮崎氏曰く、インナーダウンベストの使いやすさだけを考えた場合、選ぶべき色味は“黒”一択とのこと。黒はビジネス〜カジュアルまでの守備範囲が広く、様々なコーディネートで活躍を期待できるという。またカジュアルだけでなくビジネスまでカバーできるインナーダウンベストを探すとなると、黒色を選ぶだけでなくキルティングのラインにも注目するのがいいようだ。

宮崎さん
インナーダウンベストは色が入ったり、明るくなるにつれて見た目がカジュアル、スポーティな印象になります。適度にフォーマルな装いが求められるビジネスでの使用も視野に入れる場合は黒、紺以外はほぼNGと考えて良いでしょう。また、キルティングのラインが少ないものを選ぶのもポイント。ボックス状にキルティングが入ったデザインはカジュアル感が増すため、ビジネス使いでの難易度が上がってしまいます。

↑ジャケットやチェスターコートといった綺麗めなアイテムにインナーダウンベストを合わせる場合は、極力キルティングのラインが少ないものを選ぶのが◎ スナップのように並行にラインが入っている程度であればまとまりやすい。

おすすめの黒インナーダウンベストを紹介①「HERNO(ヘルノ) ダウンジレ

ドレスアイテムと好相性な高級ダウンジレを展開するヘルノ。胸、ウエストそれぞれのポケットが片玉縁仕様でボタン配置に合わせてダウンパックのステッチが施された完成度の高いデザインが魅力的だ。テーラードジャケットのインナーに着るジレ感覚で着用できるため、ウォームビズや通勤スタイルで活躍を期待できることうけあい。

詳細・購入はこちら

おすすめの黒インナーダウンベストを紹介②「Polo Ralph Lauren(ポロ ラルフ ローレン) パデッド ジレ」

テーラードカラーを採用したレザー製のダウンベストを発見。シックなレザーの存在感があるこんなモデルなら、インナーダウンとしてだけでなく、アウターとしてニットやシャツの上に羽織ったコーディネートもサマになること間違いなし。

詳細・購入はこちら

カジュアルファッション用途で黒のインナーダウンベストを選ぶなら、ボックス型のキルティングデザインでもOK

下のスナップは、ボックス型のキルティングが施された黒のインナーダウンベストを着用したコーディネート。カジュアルな着こなしのみに合わせるなら、このぐらいスポーティなデザインを選ぶのも良いだろう。

ボックス型キルティングのダウンベスト「TAION(タイオン)インナーダウンベスト」

コスパグッドなダウンウェアの展開で幅広い層から支持を集めているタイオンの定番モデル。パッカブルで持ち運びやすく、日常使いはもちろん、旅行やアウトドアなどでも使いやすい仕上がりだ。ダウンパックが薄めに設定されているため、フーディとコートの間に挟むなど、厚着なレイヤードスタイルでもかさばりを気にせず着られる。

詳細・購入はこちら

【関連記事】インナーダウンベストで防寒性アップ!おすすめモデルを厳選ピック

冬の本格的な寒さを凌ぐなら、インナーダウンの取り入れがおすすめ。中でもベストタイ...

【関連記事】インナーダウン メンズ特集!着こなしから注目アイテムまで紹介

アウトドアブランドを筆頭に、様々なブランドが注力している“インナーダウン”。保温...

【関連記事】スーツにも合う!キレイめインナーダウンのおすすめ5選

スーツスタイルの保温性を高める方法は様々あるが、周囲とひと味違った洒脱な印象もプ...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する