脱・マンネリを叶える!新作スウェットトレーナーからおすすめモデルを厳選

Share

スウェットトレーナーといえば、一枚で着ても重ね着してもサマになる秋冬の大定番ウェア。しかし、その高い汎用性と安定感に甘えて毎年同じようなトレーナーを着るあまり、着こなしがマンネリ化している方も少なくないのでは?そこで今回は、最先端のウェアが揃うセレクトショップ“SSENSE”より、着こなしの脱・マンネリを叶えるスウェットトレーナーをジャンル別にピックアップ!

スポンサーリンク

シンプル無地だけど、どこかイマドキ!旬な要素を取り入れたスウェットトレーナーを紹介

JIL SANDER(ジルサンダー) オフホワイト スウェットトレーナー

ゆったりとした身幅と肩幅、そして短めの丈感がイマドキらしさ満天。ボックスシルエットでリブの締め付けも甘めなので、裾からインナーをチラ見せするなんてテクニックも容易だ。また、クリーンな色味のスウェットが今季は多くのブランドから提案されているので、さりげなくトレンドの波にも乗れる。

詳細・購入はこちら

MAISON MARGIELA(メゾン マルジェラ) グリーンスウェットトレーナー

今季のトレンドカラーのひとつとして注目を集めるグリーンを採用したスウェットシャツもおすすめ。「メゾン マルジェラ」では深みのある色味に染め上げ、無地ながらも主役級の存在感を放つ1着へと仕上げている。また、首元の前後に配したV字ガゼットや長めのリブなど50~60年代のスウェットシャツに見られたディテールを取り入れ、ヴィンテージライクに仕上げているのも今の気分にピッタリ。

詳細・購入はこちら

ADVISORY BOARD CRYSTALS(アドバイザリー ボード クリスタルズ) ベージュ 123 スウェットシャツ

2017年にLAにて産声をあげた新進気鋭ブランドが今季リリースしたオーバーサイズのスウェットシャツ。ヴィンテージ物を彷彿とさせる長めの裾リブをとっており、かつリブの切り替え位置を調整しているのがポイント。ストリート界隈で流行りのリブを内側に折り返す着こなしも、この1着なら絶妙にキマるという算段だ。

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する