トレーナー ブランド特集!王道から新鋭までオススメ14選

Share

昨今のスポーツトレンドによって人気上昇しているトレーナー。カジュアルウェアとの相性は言わずもがな、キレイめなシャツやスラックスとの馴染みも良好と幅広いコーデで活躍するオールラウンダーだ。今回はそんな「トレーナー」にフォーカスし、おすすめブランドを紹介!

スポンサーリンク

トレーナー ブランドおすすめ①「Champion(チャンピオン)」

トレーナーの王道ブランドとして知られる“チャンピオン”。世界的に圧倒的なシェアを誇る「リバースウィーブ」は、1934年に誕生してから現在まで根強い人気を誇る看板アイテムだ。こまめに洗濯しても縮みにくい特性に加え、12.5オンスの耐久性のある生地を使用しているため、長く愛用できるのが嬉しいポイント。ちなみに昨今では90年代リバイバルの流れとともにリバースウィーブのヴィンテージの人気が再燃しているため、周囲から一歩抜きんでたオシャレを楽しみたい方は新品だけでなく古着もチェックしてみてはいかがだろうか。

詳細・購入はこちら

トレーナー ブランドおすすめ②「RUSSELL ATHLETIC(ラッセル アスレティック)」

“ラッセル アスレティック”は、トレーナーを世界で初めて作り上げたブランド。1920年代、創業者の息子でありフットボール選手のベンジャミン・ラッセル・ジュニアが、それまでウールで製造されていたユニフォームをコットン素材に改良することを提案し、誕生したと言われている。元祖とあってミニマルな顔立ちが特徴だが、やはりスポーツ用に作られただけありシルエットはやや緩め。また、耐久性と可動性を両得するために絶妙な厚みの生地を用いている点もポイントだ。

詳細はこちら

トレーナー ブランドおすすめ③「LOOPWHEELER(ループウィラー)」

1999年の始動以来「世界一、正統なスウェットシャツ」をテーマに昔ながらの吊り編み機にこだわったスウェットアイテムをリリースする日本発のブランド。少し大きめにデザインされた衿ぐりは、インナーにシャツを合わせたコーディネートにも対応している。リブ衿も若干太めに設計しており、洗濯を重ねてもよれにくい仕上がりに。袖口にさりげなく施されたワンポイントのロゴタグがアクセントに。

詳細・購入はこちら

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ